あのロンドンタクシーがEVで登場 価格1120万円だけどこれいい!!


独特の6人乗り仕様

 では後部の客席に乗り込んでみよう。

 まず感じるのが室内の広さだ。乗降部の大きさはジャパンタクシーでは720(横幅)×1300(高さ)mmだがロンドンタクシーでは857(横幅)×1319(高さ)mmとなっている。

スライドドア並みに幅広い開口部は乗降性抜群。専用のスロープを使用すれば、車椅子でも楽々乗降できるのはさすが伝統のなせる業

 こう見ると車格の割にはジャパンタクシーもよくできていることがわかるが、室内に入り込むとその差は歴然でとにかくスペース感が大きい。

 3席ずつ向かい合わせに座る6人乗りなのだが、前方側のシートは跳ね上げ式となっていて、使わなければその広いスペースに車椅子を入れることができる。

 専用のスロープも付いているので無理なくスムーズに乗ったまま搬入ができるのだ。専用のスロープそのものの耐荷重も250㎏と十分な余裕がある。

対面式の3+3のシート配列の6人乗りとなっている。3人以下で乗る場合は、前側の3席は収納でき、広大なスペースが生まれる

 特筆なのは走行中の室内静粛性。EVゆえに静かなのは確かにそうなのだが、ボディの造りがとても堅剛でロードノイズを含めて非常に静か。

 この広い空間といい、とにかくストレスフリーなのだ。運転席ともパネルで完全遮断されているので防犯もコロナも心配ないだろう。さらに運転席とはマイクを介して通話ができるようになっている。

レンジエクステンダーにより満タンで約510km走行

日本で販売を開始したロンドンタクシーTXだが、その販売台数については非公開。2020年11月現在で運行しているタクシー会社はないもよう

 搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は31kWhなので日産リーフの標準仕様よりひと回り小型の容量で約126㎞の走行距離。

 これに1.5Lガソリンエンジンで発電して走るレンジエクステンダーとしての機能も持っているので満タン36Lで約510㎞の走行が可能だ。

 200Vチャージ以外にチャデモの急速充電も可能で価格は1120万円。商用ベースとしてこの価格をどう見るのか? 筆者にはわからないが、その風格といい高級ホテルの送迎にはピッタリと感じた。

 しかも、環境を大切にする姿勢のアピールにもなる。日本でも走り回る姿が見たいものだ。

充電口はフロントマスク、ヘッドランプ横にある。バッテリーのみでは航続距離は少ないが、レンジエクステンダーにより安心

【画像ギャラリー】日本の景色にもジャストフィット!! ロンドンタクシーの魅力がわかる厳選20カット!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ