ドイツ超名門 VW T-Roc T-Cross ティグアン三兄弟一気乗りで判明した真価


■ティグアン TDI 4モーション ハイライン(408万9000~620万2000円)

VW ティグアン TDI 4モーション ハイライン…全長4500×全幅1840×全高1675mm、1968cc、直4ディーゼルターボ、150ps/34.7kgm、17.2km/L

 試乗車は18インチタイヤのハイラインと、19インチタイヤのRラインの2台だ。

「ガンッ」と閉まるドアの音は、高い車体の剛性感を感じる。T-CrossやT-Rocもそれなりによかったが、それとは次元が違う音質だ。

 2LディーゼルターボはT-Rocと同スペックだが、1430kgのT-Rocに対して、ティグアンは1730kgと約300kgも重い。しかしWLICモード燃費はT-Rocの18.6km/Lから、17.2km/Lと約9%の悪化に留まっている。

 T-CrossやT-Rocとは異なり、ゆったりとした乗り味で、18インチタイヤをみごとに履きこなしている。19インチタイヤになっても乗り心地の印象がさほど変わらないのは凄いことだ。

 一転、ハンドリングの鋭さは抑え気味で、やや鈍重さすらあるものの、室内の広さや、快適なシートにより、ミドルクラスSUVとして、明確にキャラクターが立っている。

 多人数でロングドライブに出かけるならば、間違いなく、ティグアンを選びたくなる。雨でも雪でも、どこまでも走れる相棒として非常に頼もしい。

 ただし、550万円にも届く車両価格は、手を出すにはかなりの勇気がいる。国内ではあまり見かけない、「通」にはわかる存在感が魅力だ。

ティグアンは3兄弟のなかでは最もボディサイズが大きいため室内に余裕がある。インテリアはデザインを含めVW伝統の質実剛健、使い勝手も優れている

■新型ゴルフ8の日本デビューは4月!? ゴルフ7はどれだけ熟成されたのか?

 正直なところ、SUV3兄弟は、乗り味の面では、期待値に届いていなかった。

 走りの軽快さ、快適性、静粛性、高速走行の安定感、インテリアの質感、荷室の使い勝手、そしてコストパフォーマンス、どこをとっても、同時に試乗した、最終型ゴルフ7の出来が、あまりにも素晴らしかったためだ。

ゴルフ7のデザインは華やかさはないが、落ち着いた雰囲気で古さを感じさせないのが魅力

 ゴルフ7は、足回りのセッティングを固めているわけではないのに、コーナーをスムーズか滑らかに走り、かつ、路面を問わず、角を感じさせない乗り心地。

 それでいてNVH(編集部註:騒音、振動、ハーシュネス)にも優れており、上質な素材を使ったインテリアも合わさって、快適な車内空間を実現している。

 極めつけはコスパがいい(TSIマイスター374万円、TDIマイスター394万円)。

 どうやったらこの世界観にまでクルマを昇華できるのか。ゴルフ7は、地味目なエクステリアが気にならない人には、真っ先におススメするクルマだ。

 2021年前半(4月頃か?)に日本登場という噂のある新型ゴルフ8にも、期待している。

ゴルフ8はキープコンセプトながら、全方位で質感が大幅にアップしているので期待感大

次ページは : 【番外コラム】新しい「We Connect」は3年間無料!!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ