新型アウトランダーPHEV公道デビュー!! 三菱新時代の旗艦はさすがの実力!!!!

先進的4WDシステムでワイルドに走るプラグインハイブリッドSUV 三菱新型アウトランダー試乗!!

 2021年12月に発売された新型三菱アウトランダーは、2022年1月23日までに9300台を受注して大きな注目を集めている。

 そんなアウトランダーの公道試乗が実現した。全グレード標準搭載されるPHEVシステムに加えて先進的な4WDを搭載した最新SUVだが、そのパッケージングと走りを渡辺陽一郎氏にレポートしてもらった!

文/渡辺陽一郎、写真/池之平昌信、平野学

【画像ギャラリー】新型アウトランダーの詳報写真+増岡浩氏によるオフロード走行をチェック!!(31枚)画像ギャラリー

■大ヒット販売中の最新SUV

2021年12月に発売された新型三菱アウトランダー。トヨタの1割強の販売規模でありながら、発売およそ1ヶ月で9300台を受注しているのは大ヒットといっていいのではないだろうか

 最近はSUVの売れ行きが好調だ。小型/普通乗用車に占めるSUVの比率は、2010年頃は約10%だったが今では30%に達する。2020年にはヤリスクロス、ハリアー、キックス、2021年にはカローラクロスやランドクルーザーという具合に、SUVの新型車も相次いで登場している。

 この中でも特に注目される車種が、2021年12月に発売された新型アウトランダーだ。1月23日の時点で約9300台を受注した。三菱の国内店舗数は約550箇所で、トヨタの4600箇所に比べると、販売規模は約12%と小さい。そこも考慮すると、大ヒットといえるだろう。

 新型アウトランダーのパワーユニットは、プラグインハイブリッドのPHEVのみだ。エンジンは主に発電を行い、駆動は前後に搭載されたモーターが担当する。高速巡航時には、エンジンがホイールを直接駆動して、燃費効率を向上させる制御も行う。

全グレード標準搭載されるPHEV。エンジンは主に発電を行い、駆動は前後に搭載されたモーターが担当する。高速巡航時には、エンジンがホイールを直接駆動して燃費を向上させる

 これらの機能は先代型と同じだが、新型はプラグインハイブリッドシステムやプラットフォームを大幅に刷新させた。プラットフォームは、2022年中に発売される次期エクストレイルと共通になる。

 そこで最上級のPを試乗した。荷室に3列目のシートを装着する7人乗りだ。

 ボディサイズは全長が4710mm、全幅は1860mmとワイドで、全高も1745mmになる。ダイナミックシールドと呼ばれる独特のフロントマスクは存在感が強い。ヘッドライトのロービームとハイビーム、フォグランプは、左右とも上から順番に縦向きに配置されている。

 最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は200mmで、床は前輪駆動ベースのSUVでは少し高いが、乗降性に不満が生じることはない。

 運転席に座ると、前方視界は良好だ。しかしボディ後端のピラー(柱)が太めで、斜め後方の視界は良くない。ボディがワイドで最小回転半径も5.5mと若干大回りだから、購入する時には縦列駐車などを試したい。

センターコンソールにアルミ素材を使用して上質感を演出。ドライブモードのダイヤルスイッチも頻繁に手を触れる場所だけに丁寧に造り込んでいる

 インパネは水平基調のデザインで広がり感があるが、着座位置に対して上端が少し高く、ユーザーによっては圧迫感が生じる。

 内装は上質だ。インパネの中央から左側には、柔らかいパッドが入り、ステッチ(縫い目)も施した。ATレバーが収まるセンターコンソールにもアルミが使われ、ドライブモードのダイヤルスイッチもていねいに造り込んだ。

 前席の座り心地は少し硬いが、腰から大腿部を確実に支えて長距離を移動する時も疲れにくい。背もたれは腰を包む形状で着座姿勢が乱れにくく、腰の張り出しを調節する電動ランバーサポートも備わる。

 2列目シートは座面にボリューム感が伴い、柔軟に受け止める。背もたれと座面のサイズにも余裕を持たせた。

 身長170cmの大人4名が乗車した場合、2列目のスライド位置を後端まで寄せると、2列目に座った乗員の膝先空間は握りコブシ2つ少々まで拡大する。先代型に比べるとスライド機能を変更して、膝先空間を拡大した。

 ただしこの状態では、3列目に大人が座ることはできない。3列目に身長170cmの大人が座るには、2列目のスライド位置を大幅に前側へスライドさせる必要がある。1列目から3列目までの乗員間隔は、先代型と同じで、新型になっても拡大されていないからだ。

 そのために身長170cmの大人6名が乗車すると、2/3列目に座った乗員の膝先は、前席の背面に触れてしまう。両席とも窮屈になる。特に3列目は頭部も天井に触れるから、補助席と考えたい。それでも片道15分程度の距離なら、多人数乗車も可能だ。自宅から駅までの送迎などでは便利に使える。

次ページは : ■余裕あるドライブを体感できるパワフルな走りを実現

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ