ピストン西沢が試乗!! Cクラス オールテレインは街もアウトドアも全能メルセデス!

ピストン西沢が試乗!! Cクラス オールテレインは街もアウトドアも全能メルセデス!

 DJ、ラジオパーソナリティーとしてお馴染み、さらに「みんなのモーターショー(みんモー)」をブロデュースするなど無類のクルマ好きとしても知られる「ピス兄」ことピストン西沢氏。

 実はピス兄、何度かメルセデス・ベンツオーナーだったことがある。そこでピストン西沢氏にCクラス初のクロスオーバーモデル「オールテレイン」に試乗してもらい、試乗記を寄せてもらった。

 ピス兄、今日はドリフト封印でお願いします!

※本稿は2022年3月のものです
文/ピストン西沢、写真/ベストカー編集部、撮影/成田颯一
初出:『ベストカー』2022年4月26日号

【画像ギャラリー】ピス兄ばりにマルチに活躍!!? メルセデス・ベンツCクラス オールテレインをギャラリーでチェック!(23枚)画像ギャラリー

■思慮深い優越感に浸れます!

オフロード+をセレクトすればヒルディセントコントロールがデフォルトで働くなど、雪道をはじめとした路面でも安心感がある
オフロード+をセレクトすればヒルディセントコントロールがデフォルトで働くなど、雪道をはじめとした路面でも安心感がある

 お〜い、みんなピストン西沢だ〜! 俺の試乗記なんて読みたいか〜? 読みたくないよな〜! でも俺はEクラスをセダンとステーションワゴン、Sクラスを2台、あわせて4台のオーナー経験があり、ちょっとは語れるつもりだから、聞いてくれ。

 最近のメルセデス・ベンツはどんどん若い人向けというかスポーティになっている。そんななかでも、太めのステアリングややや重いアクセル、シートのしっかり感といったメルセデスらしさは変わっていない。特にお尻の肉の薄い人にはメルセデスのシートはありがたい。

 今回試乗したCクラスの4マチックオールテレインも、しっかりとした乗り味を持ち、安心感がある。ただし、こんなに太くて重いのムリ! という女性の声はきっとあるだろう。

 さて、オールテレインの4WDシステムは前45対後55のトルク配分となり、オンデマンドタイプではない本格派。

 ドライブモードにはフラットダート用としてオフロードと岩場のような本格的なラフロード用にオフロード+が選べる。

 最低地上高は150mmと大きくはないが、そのぶん全高は1495mmに抑えられ、タワーパーキングの駐車もOK、キャンプ場ではしっかりと「ベンツよ!」と主張することができる。

 Sクラスに乗っている時に下をさんざん擦りながらキャンプ場に行ったことがあるが、隣のサイトからは、やっぱり注目された。もちろんSクラスの場違いぶりもあっただろうけど。

ピストン西沢氏によれば、メルセデス・ベンツの一番の魅力は気持ちにゆとりを持たせてくれることだという
ピストン西沢氏によれば、メルセデス・ベンツの一番の魅力は気持ちにゆとりを持たせてくれることだという

 220dディーゼルは2Lディーゼルターボで200ps、440Nm(44.9kgm)を発生、それに15kW(20ps)、208Nm(20.4kgm)を発生する48VのISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)が装着される。

 ISGはマイルドハイブリッド装置だが、低速時はトルクをアシストするし、加速時はパワーアシストも行うから、感覚はスーパーチャージャーに近い。

 だから踏み込めば、ピックアップのいい加速が味わえる。またエンジン自体はガラガラ音がするものの、車内では気にならず、アイドリングストップからの再始動もスムーズだ。

 唯一気になるのは、信号待ちなどで減速する際エンジンがストンと停止してしまうことがあり、唐突感があったことだ。

 オールテレインはAMGパッケージが選べないが、前後245/45R18という太いタイヤと1900kgという車重が、乗り心地のよさを生んでいる。

 800万円近い高級車だが、オン、オフ全能のメルセデスとして、「威光」を感じた。春だし、こいつに乗ってキャンプに行きたいぜ!

次ページは : ■セダンとステーションワゴンにも乗ってみた

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ