日本トラック界の誇り!! 働く車の代名詞 新型いすゞエルフの先端技術


ベストカーは乗用車がメインの媒体だがたまにトラックの試乗記もあったりする。実は同じ会社で「バスマガジン」も製作していたり、編集者に働くクルマ好きが多いのも特長だ。

今回は『バスマガジン』の末永編集長に2018年10月29日に発売開始になった、いすゞのエルフを試乗してもらいました。トラックですが、その進化の度合いは乗用車と同じ。

よりクリーンで、より安全に進化したといういすゞエルフの完成度はいかに!?

文/写真:末永高章(バスマガジン編集長)
ベストカー2018年12月10日


■よりクリーンに進化した環境対策技術

外観は変わらずとも中身はほぼフルモデルチェンジの新型エルフが誕生。肝になる3つの柱(POINT)に沿って魅力を紹介しよう。

トピックのトップはエンジン。直4、3Lディーゼルターボエンジン4JZ1が全型に搭載される。

外観は変わらない印象だが中身は大幅に進化!! 働くクルマの進化は見えないところが凄い

今年リニューアルされたこのユニットは、超低燃費性能STグレードの3.5〜4t積クラスを除くグレードで、重量車モード燃費基準で+10%という好燃費を樹立。

グレードによるが、ザックリいえば7.8〜11.8km/Lと向上。

またトラックでは常に問われる環境性能も、PM(粒子状物質)を除去する「近接DPD(排気ガス浄化装置)」と「尿素SCR(選択式還元触媒)」の連携排出ガス浄化パッケージで、PM、NOx(窒素酸化物)ともに規制値を大きくクリア。

環境性能もトラックの大事な要素。3Lクリーンディーゼルの新型エンジンはクリーンな次世代エンジン

このパッケージの特徴として、DPDをエンジン近くに配置したことにより、流入するガスを高温化でき、煤のつまりや堆積を低減させる効果がある。

■先進安全性は乗用車なみの装備に

乗用車では当たり前の自動ブレーキなどの先進安全技術。トラックにも着々と導入されている。

小型トラックの新型エルフは街中走行が多いことから、大・中型に搭載されるミリ波レーダー+単眼カメラではなく、商用車では初となるステレオカメラを搭載。

市街地での走行も多いトラック。特に死角が多くなる大型車では子どもを巻き込む事故もある。エルフのカメラは低いところにマウントされ子どもも検知しやすくなった

これは歩行者検知に圧倒的な高性能を持ち、またカメラ搭載位置を低く設定したことで、子どもでも検知しやすい性能となった。

そのほか車線逸脱警報、車間距離警報などの搭載はもちろん、積み荷の崩れを防ぐために早めに検知&作動するという、商用車ならではの安全機能も設定されている。

次ページは : ■コネクテッドで運行管理を実現する

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ