世界をリードするBMW・ベンツ・ボルボの3台を水野和敏が斬る!


ボルボS90 T6インスクリプション 88点

 これまでのボルボ車と比べて2ランク以上進化していると感じたけれど、S90がベンツやBMW、アウディなどと肩を並べる高級サルーンの世界に挑戦してきたのであれば、もっともっと走り込みをして熟成、合わせ込みをしてほしい。

 ボディ剛性自体は高く、フロアの作りやサスペンションなど個々の性能は充分高く、素性はとてもよく、ポテンシャルを感じるのだが、トータルでのバランス、コーディネート感が不足しているのだ。

 しかしこれは現場の実験開発部隊の走り込み、作り込みで解決していける問題なので、マイナーチェンジに向けてレベルアップが期待できる。ポテンシャルを生かしきれていないのが残念。

ボルボS90/伸びやかなプロポーションのS90だが、その秘密は前輪とAピラーの位置関係。FR的な配置とすることで美しいスタイルを作りだしている  

 水野和敏氏による、この3台のさらなる評価が知りたい方は、ベストカー本誌2017年6月10日号(5月10日発売号)をチェックしましょう!

【水野和敏氏のスペシャル試乗動画はこちら】

 水野和敏の試乗哲学を知るならこちら!:【水野和敏の目線】私がメディアでクルマの評価をするわけ