日産アリア概要発表!! 発売は2021年中頃 500万円~案外安いぞ

トップグレードの動力性能はスポーツカーを凌駕

 アリアで最もパワフルなのは、4WDの90kWh搭載車だ。動力性能は4WDの65kWh搭載車以上に高く、最高出力は290kW(394ps)、最大トルクは600Nm(61.2kgm)に達した。

 0-100km/h加速は5.1秒に向上して、最高速度は200km/hだ。航続可能距離は最大580kmだから、長距離移動も十分に可能になる。

e-4ORCEはリアにもモーターが搭載される。写真はe-4ORCEのリア部分の下回り。新開発のプラットフォームによる乗り味も楽しみ
e-4ORCEはリアにもモーターが搭載される。写真はe-4ORCEのリア部分の下回り。新開発のプラットフォームによる乗り味も楽しみ

 0-100km/hの発進加速タイムが5秒台ならスポーツカー並みで、しかもアリアはモーター駆動だから瞬発力が特に高い。

 巡航中にアクセルペダルを一気に踏み増した時の駆動力変化は、ガツン!と蹴飛ばされた感覚で、0-100km/hが5.1秒のガソリンエンジンを搭載するスポーツカーを上回るはずだ。

緻密な制御がもたらす無限の可能性

 アリアはカーブを曲がる性能も高い。2WDを含めて4輪のブレーキが独立制御され、必要に応じて内側をブレーキングすることにより、車両を積極的に回り込ませる。

クーペルックのクロスオーバーSUVのアリアは、デザインコンシャスながら実用性の高さも大きな魅力で、リアハッチは大きく開き使い勝手に優れている
クーペルックのクロスオーバーSUVのアリアは、デザインコンシャスながら実用性の高さも大きな魅力で、リアハッチは大きく開き使い勝手に優れている

 また4WDはモーターを前後に独立して搭載するから、駆動力の配分も自由自在だ。

 例えば峠道などを走る時、後輪の駆動力を高めて前輪は低くすれば、後輪駆動車のような曲がりやすい挙動を作り出せる。

 そこにブレーキの4輪独立制御も加えると、ステアリング、アクセル、ブレーキ操作に忠実な走りを行えるわけだ。

 前述のようにモーターは機敏に反応するから、エンジンが駆動するクルマとは違う綿密な駆動力制御も可能になった。この度合いは4WDになると一層深まる。

フロントグリルには組子パターンがあしらわれている。この組子パターンは、内装などいろいろな箇所に用いられているアリアの重要なキーワードだ
フロントグリルには組子パターンがあしらわれている。この組子パターンは、内装などいろいろな箇所に用いられているアリアの重要なキーワードだ

充電性能も大きく進化

 プラットフォームは新開発され、サスペンションは前輪がストラット、後輪はマルチリンクだ。駆動用リチウムイオン電池は床下に搭載されるから、低重心になって走行安定性を確保する上でも有利になった。

 アリアをSUVにした背景には、床下に駆動用リチウムイオン電池を搭載しやすい事情もあった。アウトランダーPHEVなども同様だ。

 充電の所要時間は、残量がほとんどない場合、普通充電では65kWhが12時間、90kWhは17時間を要する。電池容量が大きいため、充電に要する時間も長い。

ラゲッジ容量は2WDと4WDでは若干違う。リアシートを使用している状態での容量は、2WDが466Lに対し4WDは408Lとなる
ラゲッジ容量は2WDと4WDでは若干違う。リアシートを使用している状態での容量は、2WDが466Lに対し4WDは408Lとなる

 急速充電を使うと、30分で375km(WLTCモード)を走行可能な充電が行える。ちなみに以前は、急速充電を繰り返すとリチウムイオン電池の劣化が早まるから、普通充電も併用するよう推奨された。

 アリアではこの点が大幅に改善されている。PTC素子ヒーターやヒートポンプシステムを利用して、リチウムイオン電池の温度を常に調節しているから、急速充電に対する耐久性も向上した。

 日本では総世帯数の約40%が集合住宅に住むから、現実的には、自宅に普通充電設備を持てないユーザーも多い。

 従って集合住宅の入居者が電気自動車を所有すれば、必然的に販売店などの急速充電器に頼ることになる。リチウムイオン電池の温度調節が正確に行われて急速充電器を頻繁に利用しやすくなれば、多くのユーザーが電気自動車を所有できる。

リアシートは分割可倒式となっていて、積載する荷物に合わせて自在にアレンジできる。2列目をすべて倒せばかなりの容量になる
リアシートは分割可倒式となっていて、積載する荷物に合わせて自在にアレンジできる。2列目をすべて倒せばかなりの容量になる

 日本の市場では、急速充電の不安を解消するのは大切なことだ。

 また従来以上に短い時間で充電を可能にする最大出力150kWの急速充電器も、2021年度には公共性の高い場所に設置されるよう作業を進めているという。

次ページは : プロパイロット1.0と2.0をラインナップ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

クラウンスポーツのプロトタイプ試乗!! ベストカー6月26日号

「ベストカー」6月26日号は、新型ランクルプラドの最新スクープ情報が大注目企画ですぞ~。表紙にあるように真っ赤な新型ランクルプラドの予想CGがど~んと掲載! さらにはクラウンスポーツの試乗ルポもあるなど、今号も盛りだくさんです。ヒュ~!

カタログ