GRヤリスの魅力に今一度迫る!!! 激アツホットハッチの系譜が再び始まる!!?

 2020年9月4日にカタログモデルが発売され1ヶ月が過ぎたトヨタ GRヤリス。

「“トヨタのスポーツカー”を取り戻したいという想いのもと、“モータースポーツ用の車両を市販化する”という逆転の発想で開発した」。その意味で“トヨタ自動車初”と銘打たれ送り出されたこのモデル。

 ここでは正直イマイチ分かりにくい4つのグレードの区別に注力しながら、あらためてGRヤリスの魅力を掘り下げてご紹介していきたい。

【画像ギャラリー】トヨタの新たな挑戦 4つのグレードで日本を魅了できるか? トヨタ GRヤリスをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:TOYOTA
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■カタログモデルは全4種

 Webで先行予約を受け付けていた“ファーストエディション”は6月30日で受注を終了。

 今後はRZハイパフォーマンス(456万円)、RZ(396万円)、RC(330万円)、RS(265万円)の4グレードがカタログモデルとして販売されることとなる。

『RZハイパフォーマンス』には冷却スプレー付き空冷インタークーラーや前後トルセンLSD、18インチBBSアルミ&ミシュランパイロットスポーツ4タイヤなどが標準装備となる。

3ドアボディをベースに、ガバッと拡幅された前後フェンダーが迫力のGRヤリス(写真はRZハイパフォーマンス)。全幅はベースのヤリスより110mmワイドな1805mm

■各モデルの特長

●「RZ」……卓越した走行安定性、圧倒的な加速と気持ちの良いエンジン回転数の伸びを体感できる高出力モデル

RZハイパフォーマンス
RZ

・新開発の小型軽量ハイパワー1.6L直列3気筒直噴ターボエンジン。
・多板クラッチによる前後駆動力可変システム採用の新開発スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”。
・6速マニュアルトランスミッションに“iMT”を採用。
・BBS製 鍛造アルミホイール(High performanceに設定)。
・ミシュラン製 Pilot Sport 4S ラジアルタイヤ(High performanceに設定)
・前後トルセンLSD(High performanceに設定)。

●「RC」 競技ベース用モデル

RC

・「RZ」と同様の1.6L直列3気筒直噴ターボエンジン、スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”、6速マニュアルトランスミッションに“iMT”を採用。
・走りに必要なモノ以外を極力排除した軽量モデル(DAレスなど)。

●「RS」……GRの研ぎ澄まされた走りを気軽に楽しめるモデル

RS

・1.5L直列3気筒ダイナミックフォースエンジン。
・発進用ギヤを追加し低速から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現するDirect Shift-CVT。
・マニュアル感覚の操作が楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフト。

■最高出力272ps、最大トルク37.7kgm(RZ RC)!! パワーユニットを比較!!!

 RSのみ直3、1.5L NAエンジン+ダイレクトシフトCVT(10速マニュアルモード付)のFFで、それ以外はすべて272ps/37.7kgmを発揮する直3、1.6Lターボエンジンに多板クラッチによる前後可変トルク配分式4WD(GR-FOUR)の組み合わせ。

RZ、RCに搭載される直列3気筒1.6Lターボエンジンは最高出力272ps、最大トルク37.7kgmを発揮。トランスミッションは6速MTで、4WDシステムは専用開発された多板クラッチによる前後可変トルク配分式

■インパネ

 インパネの造形は基本的にはベースとなったヤリスと同じだが、メーター表示部のサイズなどが異なる。

 上からRZ、RC、RS。モータースポーツベースモデルとなるRCではインパネセンター上部のモニター画面が省略されている。

 また、1.5L NAエンジンを搭載するRSはトランスミッションがCVTで2ペダル。RZ、RCは3ペダルの6速MT仕様のみの設定となる。

RZ
RC
RS

■サスペンション

 フロントはストラット、リアはダブルウィッシュボーンサスペンションを採用する。これは全グレード共通だ。

こちらはRC専用のサスペンション

 RZシリーズのサスペンションはブレーキキャリパーはレッドに塗装された対向ピストンタイプを採用する。

 ブレーキローターはRC用に対し、大径でターマックラリーなどでの連続高負荷ブレーキングで威力を発揮することになる。

RZシリーズのサスペンション

■競技ベース車 RCのブレーキ

『RC』は競技ベース車として、ラリー用小径タイヤ装着に対応した16インチサイズブレーキを装着するのがポイント。

RCのブレーキは16インチホイールに対応するサイズとなる

 その他、快適装備などを省略することでRZに対し30kg軽くなっている。ボディ形状やサイズはNAのRSも含めて全車共通だ。

■元町工場に専用ライン“GR FACTORY”を新設

 GRヤリスは元町工場に新設された専用ライン“GR FACTORY”で生産。手作業工程も多く、匠の技で生み出される!

数々のスポーツモデルを造り込んできた元町工場に専用ラインの“GR FACTORY”を新設し、「匠」の技能を有する従業員が組み立てる

■トヨタ GRヤリス RZ 主要諸元
・全長×全幅×全高:3995×1805×1455mm
・ホイールベース:2560mm
・車両重量:1280kg(RC:1250kg/RS:1130kg)
・エンジン:直列3気筒DOHCターボ、G16E-GTS(RSは直列3気筒DOHC M15A-FKS)
・総排気量:1618cc(RSは1490cc)
・最高出力:272ps(RSは120ps)
・最大トルク:37.7kgm(RSは14.8kgm)
・トランスミッション:6MT(RSはCVT 10連マニュアルモード付)
・駆動方式:スポーツ4WDシステム(RSはFF)
・サスペンション:ストラット/ダブルウィッシュボーン
・タイヤサイズ:225/40R18(RCは205/45R17)
・価格:396万円(ハイパフォーマンスエディションは456万円/RCは330万円/265万円)

【画像ギャラリー】トヨタの新たな挑戦 4つのグレードで日本を魅了できるか? トヨタ GRヤリスをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ