リーフが危ない!? テスラ156万円値下げの真実と今後の見通しは?

リーフが危ない!? テスラ156万円値下げの真実と今後の見通しは?

 2020年2月17日、テスラモーターズジャパンが大幅な値下げを行った。モデル3のスタンダードレンジプラスは、以前は511万円であったが、82万円値下げされて429万円になった。

 同様にリチウムイオン電池の容量に余裕を持たせたモデル3のロングレンジは、655万2000円から、156万2000円値下げされて499万円になっている。ちなみに717万3000円のパフォーマンスについては価格の変更はなし。

 電気自動車の購入に際して交付される経済産業省の補助金は、2020年度の実績で40万円が上限だ(給電機能が装着された車両は42万円)。テスラでは、すべての車種に上限額の40万円が交付され、この金額は値下げをした後も変わらない。そうなるとモデル3のスタンダードレンジプラスは、429万円から40万円を差し引いた389万円で入手できる。

 なんと300万円代でテスラが買えるのである。記憶を辿ると、1994年にレンジローバーが300万円値下げした時以来かもしれない。

 なぜ、これだけの大幅な値下げが行われたのか? 今後、ほかのモデルも追随していくのか? もっと安くなっていくのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 テスラモーターズジャパン

【画像ギャラリー】プレミアムEVの先鞭をつけたテスラの歴代モデルとこれから発売されるモデル


最も安いモデルは補助金40万円を差し引くと389万円!

2018年11月8日、日本発表時のテスラモデル3
2018年11月8日、日本発表時のテスラモデル3
モデルSがハッチバックだったのに対し、モデル3は独立したトランクを持つ4ドアセダン
モデルSがハッチバックだったのに対し、モデル3は独立したトランクを持つ4ドアセダン

 2年前に日本で発売されたテスラのエントリーモデル、モデル3。モデル3のスタンダードレンジプラスは、429万円から補助金額40万円を差し引いた389万円。この金額は、リーフに40kWhのリチウムイオン電池を搭載するG(418万9900円)に近い。

 リーフGの補助金額は42万円だから、376万9900円で手に入る。同様の出費で買える車種を電気自動車以外で探すと、アルファードS(390万8000円/7人乗り)、レヴォーグGT-H・EX(370万7000円)、メルセデスベンツA180(367万円)といった具合だ。テスラモデル3は、以前は割高な印象を受けたが、82万円値下げされると印象が変わる。

 またモデル3ロングレンジは、1回の充電で走行可能な距離が長い。スタンダードレンジプラスは、WLTPモード走行で448kmだが、ロングレンジであれば580kmに伸びる。しかもデュアルモーターのAWD(4輪駆動)だから走行安定性が向上して、パワーアップにより加速も一層鋭くなる。

 ロングレンジは156万2000円値下げされて499万円になり、40万円の補助金額を差し引くと459万円だ。この金額はリーフに62kWhのリチウムイオン電池を搭載するe+G(499万8400円)に近い。42万円の補助金額を差し引くと457万8400円になる。

 そしてリーフが1回の充電で走行できる距離は、40kWhのリチウムイオン電池を搭載するGがWLTCモードで322km、62kWhのe+Gは458kmだ。モデル3はスタンダードレンジプラスが448km、ロングレンジは580kmだから、価格が同程度のモデル3とリーフを比べると、航続可能距離はモデル3が120kmほど長い。

 このように見ると、モデル3はこの値下げで割安感を大幅に強めた。特に日本の電気自動車では、リーフが圧倒的に高機能で買い得だから売れ行きも一番多い。今までは無敵の電気自動車であったが、初めて登場した強敵がモデル3といえそうだ。

モデル3はテスラ・スーパーチャージャー(急速充電器)で30分充電すれば270km走る
モデル3はテスラ・スーパーチャージャー(急速充電器)で30分充電すれば270km走る

次ページは : テスラはなぜ大幅値下げに踏み切ったのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ