リーフが危ない!? テスラ156万円値下げの真実と今後の見通しは?


 2020年2月17日、テスラモーターズジャパンが大幅な値下げを行った。モデル3のスタンダードレンジプラスは、以前は511万円であったが、82万円値下げされて429万円になった。

 同様にリチウムイオン電池の容量に余裕を持たせたモデル3のロングレンジは、655万2000円から、156万2000円値下げされて499万円になっている。ちなみに717万3000円のパフォーマンスについては価格の変更はなし。

 電気自動車の購入に際して交付される経済産業省の補助金は、2020年度の実績で40万円が上限だ(給電機能が装着された車両は42万円)。テスラでは、すべての車種に上限額の40万円が交付され、この金額は値下げをした後も変わらない。そうなるとモデル3のスタンダードレンジプラスは、429万円から40万円を差し引いた389万円で入手できる。

 なんと300万円代でテスラが買えるのである。記憶を辿ると、1994年にレンジローバーが300万円値下げした時以来かもしれない。

 なぜ、これだけの大幅な値下げが行われたのか? 今後、ほかのモデルも追随していくのか? もっと安くなっていくのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 テスラモーターズジャパン

【画像ギャラリー】プレミアムEVの先鞭をつけたテスラの歴代モデルとこれから発売されるモデル


最も安いモデルは補助金40万円を差し引くと389万円!

2018年11月8日、日本発表時のテスラモデル3
モデルSがハッチバックだったのに対し、モデル3は独立したトランクを持つ4ドアセダン

 2年前に日本で発売されたテスラのエントリーモデル、モデル3。モデル3のスタンダードレンジプラスは、429万円から補助金額40万円を差し引いた389万円。この金額は、リーフに40kWhのリチウムイオン電池を搭載するG(418万9900円)に近い。

 リーフGの補助金額は42万円だから、376万9900円で手に入る。同様の出費で買える車種を電気自動車以外で探すと、アルファードS(390万8000円/7人乗り)、レヴォーグGT-H・EX(370万7000円)、メルセデスベンツA180(367万円)といった具合だ。テスラモデル3は、以前は割高な印象を受けたが、82万円値下げされると印象が変わる。

 またモデル3ロングレンジは、1回の充電で走行可能な距離が長い。スタンダードレンジプラスは、WLTPモード走行で448kmだが、ロングレンジであれば580kmに伸びる。しかもデュアルモーターのAWD(4輪駆動)だから走行安定性が向上して、パワーアップにより加速も一層鋭くなる。

 ロングレンジは156万2000円値下げされて499万円になり、40万円の補助金額を差し引くと459万円だ。この金額はリーフに62kWhのリチウムイオン電池を搭載するe+G(499万8400円)に近い。42万円の補助金額を差し引くと457万8400円になる。

 そしてリーフが1回の充電で走行できる距離は、40kWhのリチウムイオン電池を搭載するGがWLTCモードで322km、62kWhのe+Gは458kmだ。モデル3はスタンダードレンジプラスが448km、ロングレンジは580kmだから、価格が同程度のモデル3とリーフを比べると、航続可能距離はモデル3が120kmほど長い。

 このように見ると、モデル3はこの値下げで割安感を大幅に強めた。特に日本の電気自動車では、リーフが圧倒的に高機能で買い得だから売れ行きも一番多い。今までは無敵の電気自動車であったが、初めて登場した強敵がモデル3といえそうだ。

モデル3はテスラ・スーパーチャージャー(急速充電器)で30分充電すれば270km走る

テスラはなぜ大幅値下げに踏み切ったのか?

上海ギガファクトリー製のモデル3、2021年モデル。モデル3スタンダードレンジプラス(RWD)はこれまでの511万円から82万円値下げされて429万円。WLTP航続距離は448km、最高速度は225km/h、0~100km/h加速は5.6秒
上海ギガファクトリー製のモデル3ロングレンジは156万2000円値下げされて499万円。WLTP航続距離は580km、最高速度は233km/h、0~100km/h加速は4.4秒
今回値下げの対象とならなかったモデル3パフォーマンス。価格は717万3000円。WLTP航続距離は567km、最高速度は261km/h、0~100km/h加速は3.3秒
モデル3のインパネ。スイッチ類がないうえ、15インチタッチスクリーン式ディスプレイとステアリングだけしか見えない
ほぼすべての操作を、このタッチスクリーン式ディスプレイで行う

 それにしても、テスラモデル3はなぜこのような大幅値下げが可能になったのか。最も大きな理由は日本仕様の生産拠点を北米のカリフォルニア州フリーモント工場から中国の上海ギガファクトリーに移された。その結果、日本への輸入に要する時間、輸送費用を含めた各種のコストが節約されている。

 この点についてテスラモーターズジャパンでは、次のように説明した。

 「モデル3を大幅に値下げできた背景には、日本仕様の生産拠点を上海に移したこと以外にも、複数の要因がある。まずは部品の供給元などを含め、サプライヤーの努力や効率化によるところも大きい。テスラでは定期的に改良するモデルイヤー制は採用しておらず、必要に応じて改良を実施している。その成果が表れた」。

 補足すると、カリフォルニア州フリーモントの工場で生産されていた時(2020年12月納車以前のモデル)はパナソニック製のバッテリーだったが、上海製のモデル3が、中国の車載用電池最大手であるCATL(寧德時代新能源科技)製のリチウムイオン電池(コバルトを含まないリン酸鉄LFP電池)に切り替えたために、大幅なコストダウンが実現したということだ。

 このCATL製のリチウムイオン電池はスタンダードレンジプラスに採用され、ロングレンジやパフォーマンスはLG化学製とされる。

 値下げの報道に関して、ユーザーの反応はどうなのか。この点はテスラの販売店に尋ねた。

 「スタンダードレンジプラスの82万円、ロングレンジの156万2000円というモデル3の値下げでは、お客様に対するインパクトも強い。今までテスラに対して関心を持っていなかったお客様も、販売店に問い合わせをされている。

 今のところモデル3の納期は、在庫車を除くと3~4か月を要しており、今後の売れ行きがさらに伸びると納期も長引く可能性がある」。

 発売当初、2年待ちといわれたモデル3だが、すでに契約を終えたユーザーたちはどうなるのか? 幸いなことに、すでに契約が済んだぶんまでさかのぼって値下げされたという。

 販売店には人気のタイプも尋ねた。「ロングレンジの人気が最も高い。1回の充電で長い距離を走行できて、なおかつ156万2000円の大幅値下げになったからだ」。

本革仕様のフロントシート。大きめに作られておりホールド性も高かった
身長180cmの担当が座ってもレッグスペースはこぶし1つ、ヘッドクリアランスはこぶし1つ入る

 このテスラの人気について、リーフを扱う日産の販売店はどのように見ているのか。「テスラが値下げした話は聞いている。問題は今後の売れ行きだ。輸入が活発になって好調に売れたとすれば、リーフもテスラに対抗する必要が生じるだろう。割安な特別仕様車の設定などが考えられる」。

 テスラは今のところ日本における登録台数を公表していない。従って売れ行きも不明だが、販売網の規模は小さい。テスラのホームページによると、テスラストアは、東京都、神奈川県、大阪府、愛知県に各1店舗を展開するだけだ。

 電気自動車といっても、ステアリングシステムやブレーキについては、エンジンを搭載する車両と同様の点検が必要になる。自宅から離れた場所で購入するのは現実的ではない。駆動力を発生させるのがモーターになっても、クルマであることに変わりはなく、車検や点検を受け持つ最寄の販売店やサービス拠点は不可欠だ。

 そうなると今後テスラが普及するには、値下げだけでなく、販売/サービス網の充実も求められる。例えばヤナセの内、いくつかの店舗がテスラを扱うようになると、ユーザーは大幅に購入しやすくなる。

 今回の値下げを比率に置き換えると、スタンダードレンジプラスは16%、ロングレンジは24%だ。この値下げは日本へ輸入する時のコスト低減と説明されたが、見方を変えると、従来の価格が割高だったともいえるだろう。

次ページは : テスラは今後も値下げを続けるのか?