オープントップの開放感が素晴らしい!! はとバスの最新型2階建てバス エクリプス・ジェミニ3が登場!


 定期観光バスで、また高速バスでもいまどきは2階建てバスという存在はそれほど珍しくなくなっている。が、ルーフを切り取ったオープンバスとなると、スペシャルなバスとして“乗りたい願望”が湧いてくる。

 すでに定期観光便「オーソラミオ(’O Sola mio)」として運行しているこのオープントップの2階建てバスだか、その先駆者であるはとバスがこの春、最新型を制作して発表、新たなマスコットネーム「Tokyo Open Top Tour」を冠し、すでに運行を開始している。

 なお、これまでの「’O Sola mio」も今後は「Tokyo Open Top Tour」に順次変更される。

文・写真/バスマガジン編集部

【画像ギャラリー】新型オープントップ2階建バスの外観・内装 さらにはコクピットからエンジンまで写真で徹底紹介!


■オープントップバスの歴史は意外と古い。そして着実に進化を遂げている

発着はJR東京駅丸の内南口にある、はとバスターミナルだ

 観光バスの世界において、オープントップバスという存在は実は1965年にはすでにあった。ただこのバスはモノコックボディの観光バスのサイドウインドーから、上半分をザックリと切り取ったスタイルで、現在なら安全面ばかりか、ツッコミ満載の車両。

 ただし当時は、オープカーの爽快さをバスでも味わえる!! と、かなり大人気のバスであった。

 時代は飛んで2009年。2階建てバスは普通に走っており、高い目線からの眺望の良さ、1台で多くの乗客を運べる性能などはしっかりと定着し、利用客も“階段のあるバス”を楽しみにチョイスしていた。

 しかしこの年、さらに特別感のあるバスが登場した。それがオープントップバスだ。ルーフが切り取られ、文字通りの青天井!? 定期観光ニーズでは眺望面積が爆発的に増え、東京タワーの駐車場から着座したしたまま、タワー頂上の“トンガリ”を見ることができるようになった。

 もともと2階建てバスという高くて広い目線が魅力のバスだけあって、オープントップの威力は絶大、すぐにはとバス都内観光の花形となった。この最初のモデルはドイツ製の「ドレクメーラー メテオール」という外車。

 当時は改造ノウハウが確立され切っていないことから、いわば“丈夫そうな車両”がチョイスされたようだ。

 当時は国産にも三菱ふそうエアロキングという2階建てバスの名車があり、高速、定期観光、貸切など多くのニーズで全国で大活躍している。ただしこのころ、2010年を持って製造が終了。現時点で最後の国産2階建てバスとなった。

 その後はとバスは、新たな2階建てバスとして、ベルギーのバンホール車と日本向けの車両を開発、2016年に「スカニア バンホール アストロメガTDX24」の導入を果たした。

 本国仕様との大きな違いはボディサイズ。日本では全長12m×前幅2.5m×全高3.8mという規定があるが、欧米のバスはもう少々大きい。この日本向けボディサイズを実現するには、かなりの改造・開発が必要となる。

 現在ではこのアストロメガは、はとバスではもちろん、全国の事業者で定期観光バス、高速路線バス、貸切バスとして大活躍している。

■久々の新型。それも英国からの輸入車……コイツはケタ違いの実力だ

堂々たるフォルムのエクリプス ジェミニ3。スラントしたフロントパネルだが、2階床部分がせり出したようなデザインだ。ヘッドライトは4灯のプロジェクターで、某汎用人型決戦兵器の2号機に似た印象の顔つきだ

 このたびの導入となった[エクリプス ジェミニ3]も[アストロメガ]同様に輸入車だ。イギリスの「バンフォード バス カンパニー(Bamford Bus Company)」車との共同開発で、やはり日本規格のサイズに適合させるために研鑽が重ねられ、いくつもの基準をクリアしての導入実現となったものだ。

 さて、このエクリプス ジェミニ3。そのボディサイズは全長11.46m×全幅2.47m×全高3.79mと全高を除けば日本規格最大値よりもやや小振りの数値だ。その堂々たるボディをも上げると、“小さめ”などとは間違っても思えないが、いただいたデータ表ではそうなっている。

1965年「走るパーラー」と言われた豪華仕様車の屋根を切り取った初のオープンバス

 特に全長は大型路線バス(長尺)とほぼ同じ。謙虚なサイズだが、これには強度、インテリアレイアウト、もともとのボディサイズから改造する際の事情などといった理由がある。そしてまったく不便さは感じない。そして車両総重量(GVW)は16t未満に抑えられている。

 これまで多くの2階建てバスでは、後2軸+前1軸の計3軸で全体を支えていたが、このエクリプス ジェミニ3は前後1軸の2軸仕様だ。

 本来バス(大型車)には各軸に荷重制限があり、重量の重いバスは軸荷重と全体のバランスから3軸とされてきた。2階建てでなくても、かつては装備を多くしたスーパーハイデッカーなどにも3軸車があったほどだ。

 今回、エクリプス ジェミニ3が2軸で登場したことには、初見で驚きがあったが、この“軽さ”は走行、環境、経済の各面で絶対的にアドバンテージとなる。

2009年 オー・ソラ・ミオ。ドイツ、ドレクメーラー・メテオールのルーフをカットした2階建てバス1号車

 そして一連の2階建てオープントップバスは、高速道路を走ることができる性能も持っている、ということも利用者にとって重要でありがたい能力だ。強度や着座設備、シートベルトなどの安全対策をクリアしないと許されない高速走行。

 これまでのオープントップバスも首都高速走行は目玉だっただけに、この新型だってそこは譲れない。よってコースにはレインボーブリッジが含まれるが、走行するのは「上の段」。

 着座高の高い2階建てバスで、しかもオープンエアでの首都高クルーズは、これまでに味わったことのないであろう体験になるはずだ。なお、すべてのバス(一般路線車を除く)乗車時に言えることだが、シートベルトは確実に装着することをお忘れなく。

次ページは : ■ツアーメニューが考慮された車内レイアウトにも刮目!!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ