【実はハイエースも!? 】狭い道でも自在に走れる!! 小回り抜群の車 5選


すれ違いに神経を使う道路、狭い路地や駐車場……近年、車が大きくなるいっぽう、道の幅はそれほど大きくなっていない。そうしたなかで、小回りが利く車は以前にも増して重宝されるようになっている。

実際に車を使う際の取り回しでは、サイズと同じくらいカタログに記載されている最小回転半径やタイヤの切れ角、視界や先端の見切りといった小回り性能や感覚的な要素も重要だ。そこで、本記事では小回りが利くモデルをい紹介。サイズの割に小回りが利く、意外性のあるモデルを中心に紹介したい。

文:永田恵一/写真:編集部


劇的に見切りが向上したプリウス

■トヨタ プリウス

プリウス/全長×全幅×全高:4540×1760×1470mm、最小回転半径:5.1m
プリウス/全長×全幅×全高:4540×1760×1470mm、最小回転半径:5.1m

プリウスは、先代モデルではノーズの高さによる先端の見切りの悪さが気になった。現行モデルでは「ボンネットも低くしたい」という目的も持つTNGAプラットホームの採用により、先端の見切りが劇的に向上。

全幅も1760mmとこのクラスでは小さい部類で、最小回転半径も標準の15インチタイヤなら5.1mとこちらも同クラスでは小さいので、4540mmという全長の割に取り回しはしやすい。

プリウスと対照的にミドルクラスで取り回しがしにくいのはシビック。ボディサイズも、5.3~5.5mという最小回転半径も、このクラスの標準レベル。

先端の見切りも悪くないのだが、ダッシュボードの高さなどによる悪い意味での包まれ感などのせいか、サイズ以上に全幅が広く感じ、狭いところの取り回しでは神経を使う。

意外!? ミドルセダン並みに小回り利くベンツS

■ベンツ Sクラス

こちらはノーマルのSクラスよりさらに長いマイバッハ Sクラス。ここまで長いと取り回しには気を使うが、タイヤの切れ角は大きく取れ、見た目のサイズ以上に小回りは利く
ベンツ Sクラス/全長×全幅×全高: 5125×1899×1493mm、最小回転半径:5.5m。写真はさらに大きいマイバッハだが、タイヤの切れ角は大きく取れ、見た目のサイズ以上の小回り性能をもつ

ベンツ、特にFR系の取り回しのよさは先端の見切りなどの視界、タイヤの切れ角の大きさにより昔から定評のあるところだ。

そのなかでSクラスは1900mmと全幅が広く、タイヤの切れ角の大きさにより、標準ボディなら5.5m(!)というEクラス並みの小さな最小回転半径を実現。

先端の見切りのよさに加え、スリーポインテッドスターがボンネットに付き、いいセンターの目印になる。

それだけに道幅や車庫のスペースがそれなりにあればクラウン+αくらいの感覚(クラウンも取り回しがしやすい)で運転できるだろう。

次ページは : 86と大差の小回り性能持つロードスター