カローラスポーツが絶賛でも不安なところ 期待どおり!? ガッカリ!? 


ついに2018年6月26日、オーリス改めカローラスポーツが発売となった。本来であればもっと注目されていいはずのトヨタの新型車。しかしどうにも話題になっていない気が……。やはりクラウンと同日発表だったり、「カローラ」という車名になんとなく古臭さが感じられてしまったりと、市場に逆風が吹いているのでしょうか。

しかしどうやら乗ればえらいこといいクルマのようだし、1年後には「GT」も発売されるらしい。

本稿ではこの新型カローラスポーツに試乗した際の考察や、このモデルの立ち位置などを紹介してゆきたい。もうちょい頑張れカローラスポーツ! ちょっと地味ですぞ!!

文:ベストカー編集部
2018年7月10日号より


■大幅に進化したプラットフォーム

このカローラスポーツは、プリウス、C-HRと開発、進化させてきたトヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」をベースにした、第3弾モデルとなる。なお実物は、事前に見ていた欧州仕様や北米仕様の写真よりだいぶカッコいいです。

オーリス改めカローラスポーツは6月26日発表発売。価格は最上級グレードのHYBRID G“Z”で268万9200円。1.2LターボのGで225万7200円
オーリス改めカローラスポーツは6月26日発表発売。価格は最上級グレードのHYBRID G“Z”で268万9200円。1.2LターボのGで225万7200円。この顔が今後の「カローラ」のスタンダードになってゆくようです

ホイールベースは2640mmでプリウスよりも60mm短く、C-HRと同サイズ。開発を担当した小西良樹チーフエンジニアによれば、

「基本的にはC-HRとフロア、パワートレーンは共通で開発を進めてきました」

とのこと。

ただし、ねじり剛性10%アップ、ステア回りの剛性アップ、新開発ショックアブソーバーの採用、AVS(可変ダンパー)などの採用により、プリウスやC-HRよりも大幅にシャシー性能は進化している。

搭載されるエンジンはプリウスやC-HRと同じ1.8Lハイブリッド(FFのみ)と、こちらもC-HRと同じ1.2Lターボの2タイプ。1.2LターボにはFFと4WDがあり、FFモデルには6MTの設定もあるのが特筆点。

リアフォルムが特徴的なハッチバック。「カローラ」の名前を冠することで販売増を狙うが、はたして……?
リアフォルムが特徴的なハッチバック。「カローラ」の名前を冠することで販売増を狙うが、はたして……?

■なぜハイブリッドは新開発2Lではないのか?

 新型カローラスポーツが発売されるにあたり、最も気になるポイントとして注目されていたのが、欧州仕様に用意される「トヨタの次期主力ユニットとなるであろう2Lハイブリッドユニットが日本仕様にも搭載されるかどうか。

結論から言えば、日本仕様には(1.8Lハイブリッドが搭載され)2Lハイブリッドは搭載されなかった。

「燃費などでは最新の2Lハイブリッドのほうがいいのは事実ですが、お客様がカローラクラスに2Lは大きすぎると感じられるという意見が多く、まずは(信頼性の高い)1.8Lハイブリッドでしっかりとこのクルマの存在感を認知していただこう、ということです。ニーズが高まれば、将来的には2Lハイブリッドの導入も検討したいと思っています」

と前述の小西チーフエンジニア。

世界戦略車として欧州、アメリカなどでも販売される。ライバルはVWゴルフ、メルセデスベンツAクラスなど競合ぞろい
世界戦略車として欧州、アメリカなどでも販売される。ライバルはVWゴルフ、メルセデスベンツAクラスなど競合ぞろい

次ページは : ■ハイブリッドに4WDがないのはなぜ?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ