ベンツ Gクラスもついに電動化!! 新型EQGは最強のオフローダーか

GクラスのBEVモデル「コンセプトEQG」を発表

 2021年から、ドイツ・ミュンヘン開催となった国際モーターショー「IAAモビリティ2021」。2030年までに全新車販売を完全電動化するメルセデス・ベンツは、2021年9月5日、GクラスのBEVモデル「コンセプトEQG」を発表した。

 ベンツは、2025年までに、全てのモデルにバッテリーEV(BEV)の選択を可能にすると明言していることから、GクラスのEVモデルが市販化される見込みだ。

 今回、発表されたメルセデス・ベンツ「コンセプトEQG」について、紹介していく。伝説のクロカンGクラスの電動化で懸念される点とは?

文/大音 安弘、写真/Mercedes-Benz

【画像ギャラリー】 (本文未掲載写真あり)ついに発表されたEV版Gクラス「コンセプトEQG」を写真でチェック!


■伝説のクロカン GクラスがついにEVへ

 2021年9月7日~12日、ドイツ・ミュンヘンにて開催された国際モーターショー「IAAモビリティ2021」。

 メルセデス・ベンツは、多くのBEVコンセプトを発表し、話題となった。そのなかでも、特に気になる存在といえば、伝説のクロカンGクラスの未来の姿を具現化した「コンセプトEQG」だ。

 メルセデス・ベンツの電動ブランドである「メルセデスEQ」の名を冠することからも分かるように、これはEV版Gクラスのコンセプトモデルだ。そもそもGクラスEVの存在は、2018年1月に、アメリカ・デトロイトで盛大に行われた現行型Gクラスのワールドプレミアの場で、当時のダイムラーAG会長ディーター・ツェッチェ氏が、将来のメルセデスの伝統戦略の中に、Gクラスもしっかりと含まれることを明言。

 世界中のGクラスファンを驚かせたことは記憶に新しいが、これまで続報はなかった。今回のコンセプトモデルは、その実現に向けた大きな一歩なのだ。

 IAAで多くのBEVのコンセプトを発表された背景には、ダイムラーAGが2021年7月に公表した電動化戦略にある。2030年までに全新車販売を完全電動化するとし、2025年までには全てのモデルでBEVの選択を可能とするとしたためだ。つまり、2025年までには、GクラスもBEVが設定されるということなのだ。

■Gクラスのデザインを残しつつも近未来感あふれるエクステリア

続々とEVモデルを追加しているメルセデス・ベンツ。ついにGクラスのBEVモデル「コンセプトEQG」を発表

 この流れを踏まえて、コンセプトEQGを観察してみよう。メルセデス・ベンツの本国サイトでは、コンセプトEQGを70年代に流行したSF特撮に登場する未来の乗り物として描き、紹介している。LEDを装飾に取り入れたエクステリアは、確かに近未来感に溢れている。ただ基本的なフォルムは、現行型Gクラスをしっかりと踏襲しており、誰が見ても、一目でGクラスだと分かるものだ。

 伝統的なデザインのフロントマスクには、BEVらしい演出として、ラジエターグリルの代わりに、ブラックパネルグリルを装着。クロームメッキの代わりに、ライティングによるモールデザインが施され、グリル内部には、3Dに映る星のイルミネーションが輝く仕掛けだ。シンプルなデザインとなるが、このブラックパネルグリルは、市販済みのEQCやEQAにも見られるBEVを主張する演出だ。

典型的な丸型ヘッドライトや大きく張り出したホイールアーチは健在

 この他にもEVらしいアイテムとして、リアドアのスペアホイールカバーを代わりに、ロック付きの収納ボックスを装備。この中には、電源ケーブルを収めておくこともできるという。そのため、ウォールボックス充電器を彷彿させるデザインとしたようだ。またルーフには、Gの文字をデザインしたユニークなルーフラック、足元には専用デザインの22インチアルミホイールが装着されている。

 しかし、見た目がGクラスらしいだけでは、コンセプトEQGに価値はない。そこで限定的に明かされたメカニズムの情報について紹介すると、ボディ構造は、強固なラダーフレーム構造で、床面には駆動用バッテリーを搭載。フロントアクスルには、独立懸架のサスペンションを、リアアクスルにはモーターを組み込むために新開発したリジットアクセスを採用することで、Gクラスに相応しいオフロード性能を有するシャシーとして設計されているという。

 ちなみに現行型Gクラスも、フロントが独立懸架のダブルウイッシュボーン式、リアがリジット式となる。フル電動となる4WDシステムは、それぞれの駆動輪の近くに4つの電気モーターを配置。

 それぞれのモーターを独立制御することで、オンロード及びオフロードでもユニークな走行特性を実現させるとしている。また駆動力を強化する変速操作が出来る2段ギアボックスも備えているようだ。

 また設計上のメリットとして、ラダーフレームに組み込まれたバッテリーによる低重心化や発進時から最大トルクを発揮できるモーター特性は、強力な牽引力と制御性に優れるため、オフロードカーに最適だとしている。それ以外、走行性能や航続距離、装備などスペックについては一切、公表されていない。

運転席周りのデザインは現行型Gクラスを踏襲している。量産車でどう変化するのか注目

 インテリアの写真もコクピット周りのものが1点のみをお披露目。それによると、内装は全く現在のGクラスと同様だ。確認してみると、中央に配置された3つのデフロックスイッチの表示が消えていることから、これらのスイッチの役目は変化しているのだろう。公式リリースによれば、コンセプトEQGは、ほぼ量産段階に近い形で提案したものとしている。

次ページは : ■EVモデルでもGクラスのオフロード性能は保持されるのか