ベンツ本気のEV! 「EQS」を発表したメルセデスはEV戦略でも世界をリードするのか?

ベンツ本気のEV! 「EQS」を発表したメルセデスはEV戦略でも世界をリードするのか?

 Sクラスの電気自動車(EV)版となる「EQS」を4月15日に発表したメルセデス・ベンツ。ついにEVのフラッグシップが誕生したわけだが、EQシリーズでEV化を進めているベンツのEV戦略はどのようなものなのか?

 そして、ガソリン車を発明した世界を代表する高級車メーカーのベンツは、EVでも世界をリードする存在になるのか? モータージャーナリストの御堀直嗣氏は次にように考察する。

文/御堀直嗣  写真/Daimler AG、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】引き続き世界の自動車界をリードする存在となるか!? EV版Sクラスのベンツ EQSとEQシリーズを見る


■本丸ともいえるSクラス級のEVがEQS!

とうとう発表されたメルセデス・ベンツ EQS。高級4ドアセダンであるSクラスのEV版といった位置づけだ

 メルセデス・ベンツのSクラスは、世界でもっとも販売台数の多い高級4ドアセダンだろう。その電気自動車(EV)版といえるEQSが発表になった。

 これまでメルセデス・ベンツは、SUV(スポーツ多目的車)のEQCとEQAを市場導入してきたが、いよいよ本丸ともいえるSクラス級のEVの登場だ。

 公表されている仕様によれば、最高出力は後輪駆動(RWD)の450+で、最高出力が235kW(キロ・ワット)、最大トルクは568Nm(ニュートン・メーター)だ。車載のリチウムイオンバッテリーの容量は107.8kWh(キロ・ワット・アワー)であり、ここから一充電走行距離はWLTPで770kmであるという。

 そして0~100km/hの加速は、6.2秒とある。4輪駆動(AWD)も同時に発表となり、こちらは前後にモーターが付くので、最高出力は285kW、最大トルクは855Nmになるとのことだ。その結果、0~100km/hの加速は4.3秒に速まる。

 Sクラスは、少し前にフルモデルチェンジを終えている。日本に導入されているのは現状AWDのみで、車体が標準とロングの2通りである。EQS450+の車体寸法は、新型Sクラスの標準車とほぼ同じだ。

 直列6気筒のガソリンターボエンジンの性能は、最高出力が320kWで、最大トルクが520Nmとなっている。ディーゼルターボエンジンは、最高出力が243kWで、最大トルクは700Nmだ。

 慣れ親しんだエンジン車との性能比較では、同じAWD同士で最高出力はややEQSが下回るが、最大トルクではEQSのほうが上回る。

 車両重量は、107.8kWhものリチウムイオンバッテリーを搭載するため、約500kg重くなるが、EVのトルク特性によれば余分の重さは意識させないのではないか。0~100km/hでの加速性能でも示されているといえるだろう。

■欧米を中心に進む完全脱炭素化

ひと足先に導入されたEQA。この先EQEやEQBも予定されているようだ

 世界の自動車メーカーは、脱炭素社会へ向けて相次いでEVを発表している。多くはSUVであり、メルセデス・ベンツも先にEQCとEQAを導入し、この先にはEQEやEQBも予定されているようだ。

 また、英国のジャガーや米国のゼネラル・モーターズ(GM)、あるいはスウェーデンのボルボなどは、将来EVメーカーになることを正式に表明している。

 これに対し、メルセデス・ベンツは電動化を推進する道筋は示しているが、将来EVメーカーとなるかどうかについて明確な表明はない。また現状、エンジン車の新型SクラスとEVのEQSを併売することになる。

 しかし、EQSを発表する際に、工場の屋根への太陽光発電の導入と、それにともない工場内での電力の直流化や、車載バッテリーの再利用で定置型蓄電池としての利用、バッテリー製造時の脱炭素化などを実施し、2039年までに製造段階での脱炭素化を実現するとしている。

 くわえて電動化という言葉遣いについては、EVとプラグインハイブリッド車(PHEV)であることを明言する。つまり、外部からの充電を前提とし、モーター走行を合理的にできるクルマを電動車と位置付けたのである。

 したがってハイブリッド車(HV)やマイルドハイブリッド車は含まないということだ。これは、脱炭素に直結する定義づけである。

 HVやマイルドハイブリッドは、二酸化炭素(CO2)や大気汚染物質の排出を減らしはするが、ゼロではない。このことは、30年前に米国カリフォルニア州で法制化がはじまったZEV(ゼロ・エミッション・ヴィークル)の概念に通じる。

 日本は、HVで先鞭をつけたことで、これら電動車が普及することが環境解決につながるとしてきたが、もはやCO2減らすだけでは不充分な時代に足を踏み入れている。それが菅義偉首相による脱炭素宣言だ。

 そもそも30年前のZEV法が、減らすのではなく無くすことを定義づけている。それをメルセデス・ベンツは実行に移したのであり、EVメーカーを宣言した自動車メーカーも同様の決断を下したのである。

 国内では、急な脱炭素は雇用に影響を及ぼすとの声も出ているが、30年前にその方向性は示されてきた。それにもかかわらず、減らせば済むと解釈したのが間違いである。環境問題に対する経営判断の甘さを露呈するばかりだ。他人の責任ではなく、経営者の見識不足が招いたことである。

 ドイツにもそれはあった。HVの代わりにディーゼルターボエンジンで対処しようとした。しかし、ディーゼル排ガス偽装問題で、目が覚めたといえる。

次ページは : ■自動車界をリードしてきたメーカーとしての矜恃