Gクラスやウルスを撃破だ!! 乗って実感レクサス LX無双!!

Gクラスやウルスを撃破だ!! 乗って実感レクサス LX無双!!

 2022年1月に登場した新型レクサス LX。

 4人乗りのEXECUTIVEやオフロード性能を極めたOFFROADなど3つのグレードを用意し、世界トップレベルの走破性と上質感を手に入れることを至上命題とし、世界の超高級SUVたちに宣戦布告!!

 フェラーリもランボルギーニも知る男、清水草一氏が試乗した!

●レクサス LX600 価格表
・EXECUTIVE(4人乗り)…1800万円
・OFFROAD(5人乗り、7人乗り)…1290万円
・標準(5人乗り、7人乗り)…1250万円
※ちなみにランドクルーザーZXガソリンの価格は730万円


※本稿は2022年1月のものです
文/清水草一、写真/ベストカー編集部、撮影/池ノ内昌信
初出:『ベストカー』2022年2月26日号

【画像ギャラリー】世界の超高級SUVたちと渡り合う!! 新型レクサス LXをギャラリーでチェック!(23枚)画像ギャラリー

■「砂漠のロールスロイス」レクサスLXに試乗!!

電動パワーステアリングにした効果はてきめんで、5mオーバーの大型SUVとは思えない軽い操舵フィールを味わえ、タイトなコーナリングも苦にしない
電動パワーステアリングにした効果はてきめんで、5mオーバーの大型SUVとは思えない軽い操舵フィールを味わえ、タイトなコーナリングも苦にしない

 レクサスLXは、現代の『砂漠のロールスロイス』。でも、日本には砂漠はない。砂漠がないと、LXにもライバルが出現する。それはメルセデスGクラスやランボルギーニ・ウルスなどである。

 LXは彼らに勝てるのか? 舗装路でも世界一のSUVと言えるのか? そいつを確かめるべく、富士スピードウェイ内で試乗してみた!!

 ベースになったランクル300との比較では、乗り心地はさらに上質になっている。ランクルだと、若干路面から突き上げがくることもあるが、LXはよりマイルドだ。まぁ路面にジョイントもなんもないところで乗ったので、「たぶん」ではありますが、たぶん間違いないであります! とにかく走りは一段上質です。

 エンジンは3.5L V6ツインターボの415馬力で、ランクルと変わりなし。車体は100ミリほど長くなり、その分重くなっているが、差は感じられなかった。

 ハンドリングテストコースを走ると、さすがにコーナーではロールが大きいが、電動パワステの採用によりステアリング操作はとってもラク。サスも腰砕けにはならない。

 味つけとしては、ランクルよりロールを抑え、高速性を高めつつ快適性もアップしているとのこと。砂漠を突っ切る、ハイウェイをブッ飛ばすのも、LXの重要任務ですからネ!

 先代のLXは生産台数の半分強(約52%)が中東向け。この走りでこの内装なら、アラブの王者の座はますます安泰だろう。

次ページは : ■もうひとつの「砂漠の王者」Gクラスと比較

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ