トヨタ 新型クラウン RSグレード試乗で体感した乗り味が強烈すぎた!

トヨタ 新型クラウン RSグレード試乗で体感した乗り味が強烈すぎた!

 自動車評論家 鈴木直也氏によるトヨタ 新型クラウンクロスオーバー「2.4Lターボハイブリッド(RS/RSアドバンス)」試乗の様子をお届けする。

 これに先立つ2.5Lハイブリッド(G・Gアドバンス・X)の試乗では、トータルの走りとしてはモヤモヤした物足りなさが残ってしまったという直也氏。

「RS」に搭載されるハイブリッドは、2.4Lターボエンジンにクラッチを介して6速ATを組み合わせ、82.9ps/29.8kgmのモーターとの協調制御で前輪を駆動。さらに後輪は80.2ps/17.2kgmの独立したモーターで駆動するという新システム。

 この「パラレルハイブリッド」はトヨタ クラウンの走りをどのように進化させたのか?

●トヨタ 新型クラウンクロスオーバー「2.4Lターボハイブリッド」のPOINT
・新開発2.4Lターボ+モーターの『デュアルブーストハイブリッド』搭載
・6速ATを組み合わせたパラレルハイブリッドは、THSとは全く違ったシステム構成
・後輪は80.2ps/17.2kgmを発揮する独立したモーター(eAxle)で駆動する4WD
・AVSを組み合わせた緻密なサスペンション制御システム採用


※本稿は2022年11月のものです
文/鈴木直也、写真/TOYOTA、ベストカー編集部 ほか、撮影/奥隅圭之
初出:『ベストカー』2022年12月10日号

【画像ギャラリー】「RSアドバンス」と「Gアドバンス」の主要諸元比較表も掲載! 新型クラウン「RS」をギャラリーでチェック!(27枚)画像ギャラリー

■2.5Lハイブリッドモデルの試乗ではモヤモヤした物足りなさが

 先月、手始めとしてまず2.5Lハイブリッドに試乗したクラウン。

 これまでにない斬新さを随所に感じたものの、トータルの走りとしては正直ちょっとモヤモヤした物足りなさが残った。

 その最たるものはパワートレーン。熟成を極めたTHSは走りと燃費のバランスでセグメント最高の逸品なのだが、さすがに新鮮味が薄い。

 デザインやコンセプトがこれだけ新しくなったんだから、パワートレーンにも「WOW!」が欲しい。それがボクの試乗後の感想だった。

 そういう意味で待ちかねたのが今回の2.4Lターボハイブリッド、トヨタ言うところの「デュアルブーストハイブリッド」の試乗だ。

クラウンクロスオーバー(2.4Lターボハイブリッド)。2.5Lハイブリッドに対し、価格は605万~640万円と高価な設定だが、システム出力349psの走りっぷりは新鮮な驚きがあった
クラウンクロスオーバー(2.4Lターボハイブリッド)。2.5Lハイブリッドに対し、価格は605万~640万円と高価な設定だが、システム出力349psの走りっぷりは新鮮な驚きがあった

次ページは : ■新開発のハイブリッドシステムを採用した2.4Lターボハイブリッド

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します