【新型センチュリー速報】ついにセンチュリーSUV世界初公開! 2500万円のトヨタ史上最高級クロスオーバー「新しいセンチュリー」降臨!!

【新型センチュリー速報】ついにセンチュリーSUV世界初公開! 2500万円のトヨタ史上最高級クロスオーバー「新しいセンチュリー」降臨!!

 トヨタは2023年9月6日、センチュリーSUVを世界初公開した。車名は「センチュリー」。これまでショーファードリブンとしてセダンモデルのセンチュリーは現行型も含めて存在したが、SUVタイプは歴代初。その内容を紹介しよう!

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、トヨタ

■車名は「センチュリー」だが、SUVは追加設定という扱いに

新しいセンチュリーがついに姿を現した。新時代のショーファーカーとして待望のSUVタイプとして追加設定されることに!
新しいセンチュリーがついに姿を現した。新時代のショーファーカーとして待望のSUVタイプとして追加設定されることに!

 これまでセンチュリーSUVの名でベストカーWebでも幾度となくお伝えしてきたが、ついにその姿を現すことになった、新しい「センチュリー」。そのボディサイズは全長5205×全幅1990×全高1805mm、ホイールベース2950mm(ちなみにセダンは全長5335×全幅1930×全高1505mm、ホイールベース3090mm)。まさにトヨタの新しいフラッグシップSUVにふさわしい堂々たる体躯を誇っている。

 エクステリアデザインは「威風凛然」がテーマで、日本の美意識を随所にちりばめている品格のあるものだ。リアに重心のあるショーファーカーならではのプロポーションとよどみなく大らかなドア平面を「几帳面」(平安時代の屏障具の柱にあしらわれた面処理技法)でくくった織機をモチーフとしている。

 ちなみに、今回の新型センチュリーSUVの車名「センチュリー」について、あるトヨタ関係者は次のように話している。

「これまでメディアの皆さんは『センチュリーSUV』と呼んでいただいておりますが、私どもとしてはこれをSUVと認識しているわけではありません。最高級のショーファードリブン用パッセンジャーカーとしてより優れたフォルム、乗降性、デザイン、乗り心地を追求した結果、このスタイルに行き着きました。従いまして、この新型車両には(豊田章男会長の強い意志により)サブネームを付けず、あくまで『新しいセンチュリー』と呼んでおります」

現行センチュリーセダン。こちらも新しいセンチュリーとともに併売されていく
現行センチュリーセダン。こちらも新しいセンチュリーとともに併売されていく

 しかし、そうなると既存のセダンのセンチュリーはどうなるのだろうか?

「あちらももちろん継続して販売いたします。あれもセンチュリー、この新型もセンチュリー、ということです」

 グローバルでは、ロールスロイスカリナンやベントレーベンテイガなど超ラグジュアリーSUVがすでに存在しているが、このセンチュリーでマーケットとしてはトヨタがこのカテゴリーに打って出ることになると捉えるのは間違いないだろう。

次ページは : ■注目の価格は2500万円!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します