日産 フェアレディZ 初代432-R&50周年記念モデルが歴史的ランデブー!!!

 Zの50周年を記念して、初代S30型の432-Rと現行Z34型の50周年記念車を用意。432-Rのオーナーであり、初代Zのオーナーズクラブ「S30ZCAR.JP」の会長である竹内章氏、ご存知「Zの柳田」こと柳田春人氏とともに、Zの50年をリアルタイムで経験してきた伏木悦郎氏がレポートする。

【画像ギャラリー】ギャラリーで初代432-R&50周年記念モデルの画像を余すところなくご紹介!!!

※本稿は2019年9月のものです
文:伏木悦郎/撮影:平野 学
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号


■初代Z432-Rのオーラは時空を超えて

 歌は世に連れ世は歌に連れという。NHKの宮田輝アナウンサーや『ロッテ歌のアルバム』の名司会で記憶される玉置宏が好んで用いたセリフだ。

 今は平成の30年を過ぎて令和元年。昭和の決まり文句を知る読者は少なくとも中年の域に達しているはずだが、歌を車(クルマ)に置き換えても意味は成り立つ。

「Zの柳田」こと柳田春人氏(左)とZ432-Rオーナーの竹内章氏。柳田氏はZ専門店「セントラル20」の代表として、竹内氏は初代Zのオーナーズクラブ「S30Z CAR.JP」の会長として、イベントではふたり合わせて2500台以上のZを集める。今年12月8日のNISMOフェスティバル(富士スピードウェイ)でも大量のZが集結する!

 私(伏木悦郎)は現在67歳。運転免許取得は18歳の1970年。

 49年の自動車人生を今もスタスタ歩んでいるが、過ぎた時代を振り返る時、流行歌と同じ存在感で往時のクルマが蘇る。

 あの年のレコード大賞は尾崎紀世彦『また逢う日まで』? 正解は菅原洋一『今日でお別れ』。

 あらためて振り返ると今日でお別れまた逢う日までとリレーソングの趣だが、時代は高度経済成長期の頂点。

 1989年(平成元年)は日本車のビンテージイヤーと振り返られるが、実はその20年前1969年もスカイラインGT-R(PGC10)とともにフェアレディZ(S30)が登場している。

初代Zと現行Zの歴史的ランデブー走行。こうして見ると、クルマの魅力は50年経っても変わっていないことがよくわかる。Fun to Driveこそが本質なのだ

 排ガス規制とオイルショックに沈む直前の光明は、私にはバブル崩壊の前夜に出現した280馬力軍団と重なる。

 さて、Zである。私にとっては“永遠の憧れ”と形容したくなる記憶に残る一台だ。

 自動車人にとって、最初のクルマは重要だ。

 私のそれは免許交付のひと月前に登場した日産サニー1200クーペGX。価格は確か63万円だった。スカイラインGTが80万円台だったと思う。

 GT-R? 総生産台数2029台だよ。当時路上では一度も見たことがない。虚構がブランド化した稀有の存在ですね、Rは。

モータースポーツ専用車として開発され、1970年に登場したZ432-R。竹内氏は1980年に1972年式を中古車店で偶然見つけて購入。当時の年収の2倍の価格だったが、「この機会を逃すと一生手に入れられない」と、迷うことなく決めたという。撮影当日は猛暑日だったが、元気に走ってきてくれた

 S30フェアレディZは、L20型直6SOHCを基本にした5ナンバーモデルとして世に出ている。

 その一角にPGC10に搭載されたS20型DOHC24バルブモデルの432(4バルブ・ソレックス3連装、2カムを表す)があり、後に輸出モデル用に開発されたL24モデル(2.4L)が加わる。

■尽きないZへの思い

「ひと目惚れでした」竹内章さんが語るのは、自動車好きにはよくあるクルマとの出会いだった。通りがかりの中古車店でその姿を見て購入を即決した。

 表示価格は当時の年収の約2倍320万円(!)。しかし揺るがなかったという。

「それまでフェアレディZというクルマに取り立てて関心はなかったんです。あれから39年になりますが、今では生活の中心ですね(笑)」

 フェアレディZ432-Rは、ただでさえ稀少な432の競技用限定版として位置づけられる。

●初代フェアレディZ432-R

「4バルブ、3キャブレター、2カムシャフト」を意味する「432」。R仕様はそのモータースポーツ専用車として50台生産され、今も約20台が現存しているという。
ヒーター、ラジオはもちろんグローブボックスの蓋もない硬派な仕様で、432よりも約100kgの軽量化を実現。全長4110×全幅1630×全高1280mm、車重960kgで、FRP製の黒いボンネットがR仕様の証となる

 全生産50台の内20台は日産ワークスが使用。残りは市販され、どういう経緯かナンバー付きが約20台現存しているという。

 私が432-Rの実物を見るのはこれが生涯初である。グランプリオレンジの専用色にマットブラックのFPRボンネット。

 懐かしデザインのマグネシウムホイールを履く。内装ではグローブボックス、外観では給油口の蓋さえ廃し徹底した軽量化が遂行されているが、トランクには645-14バイアスタイヤ+鉄ちんホイールが鎮座する。

美しく磨かれた竹内Z432-Rのエンジンルーム。S20型直6DOHCエンジンを搭載し、160ps/18.0kgmを発生した。サスペンションは510ブルーバードの前後ストラット4輪独立懸架を使っている

 当時はバイアスタイヤが主流。S30ZもPGC10GT-Rもそれが標準装着だったが、そこまでオリジナルにこだわる?

「6年前にレストアしました。有鉛ガソリンとOKマークのシールですか? 再現復刻版が市販されているんですよ」

 絵になるフルレストアは、現行34Zとのツーショットでは“何も盛っていない”素の美しさを際立たせる一方で、後戻りができない過去のスケール感への郷愁を掻き立てる。

 傍らで目を細めるのは昭和のZ使い柳田春人。その名が知れ渡るレジェンドに敬称は不要だろう。

インパネセンター上に置かれる3連メーターはZの伝統。上が初代Z、下が現行Zのメーターだ

 私は1973年、まだ富士SWがバンク付きの6kmフルコースだった時代に現役時代の柳田春人を見ている。

 グループ7の2L GC(グランチャンピオン)マシンとZ中心の3L GTSクラスとの混走。

 雨のGCを制したレースの記憶は曖昧だが、日産レーシングスクールを受講した際に面識はあったかもしれない。

 無名時代の鈴木亜久里を日産に引っ張ったのは柳田さん。1985年までモータースポーツ記者会に属していた私は今はなき『O3』で両者の関係を知った。

 ちなみに私個人としては、その年にシルエットフォーミュラのブルーバード、グループCのLM03=コカコーラターボCに試乗する取材機会で知己を得ていた。

「柳田さんのZにはスクリューが付いているんですか? って冗談を言われたこともあるけど、240Zが雨中でGCマシンにアドバンテージを持っていたのは確かだね」

●日産 現行フェアレディZ 50thアニバーサリー

50周年を記念して作られた現行Zの特別仕様車。2020年3月末までの期間限定車で、価格は458万8920円(6MT)。
全長4260×全幅1845×全高1315mm、車重1500kg。V6、3.7Lは336ps/37.2㎏mを発生する

 チューニング界では最終的に3L超+ターボまでスケールアップされたL型直6だが「レースでは2.8Lだとトルクが出過ぎてかえって乗りにくい。それでボアアップは2.6Lに戻したんだ」

 今回取材した432-R。「俺このマシンでブラジルに遠征しているよ。1979年20歳の時だったかな。

ボンネット下のS20を見た現地の人がこれ何Lって聞くから、2Lだよと答えると目を丸くしていた。確かにヘッドカバーの大きさで見ると3~4Lの雰囲気だよね」

 今回の取材で顔を揃えた3人はいずれも還暦過ぎのオッサンだが、50年のロングライフを生きるZのルーツに熱い思いを寄せることでは人後に落ちない。

 S30の楽々5ナンバーに収まるスリーク&ライトウェイトボディは、クルマの技術と性能が人(の能力)に近かったあの時代ならではだったことに、今さらながら気づかされる。

 今回取材の足にマツダロードスター(ND)を使ったのは偶然だが、ソレックス3連で160psを得るS20とロードスターの1.5Lは現行の測定法ではほぼ同等。車両重量も近似値にある。

「重ステ/エアコンレスは毎日が修行ですが、今も年間8000kmは走ります。ライフワークですね(笑)」と竹内さん。

 今年最高気温(?)に見舞われたこの日。Z好きの談笑は尽きることがなかった。


【番外コラム】Gノーズが超スタイリッシュ! セントラル20 370ZGが凄い!!

 セントラル20(東京都調布市上石原)がチューニング&ドレスアップした370ZGが格好いい!

外装系パーツすべてで約50万円(税、ペイント代別)。これは値打ちあり! 

 初代240ZGを彷彿とさせるロングノーズとすることで、ノーマルZをはるかに超えるスタイリッシュさを実現(全長+7cm)。

 見た目だけでなくフェンダーへ流れるようなラインで高速時の空気抵抗を大幅に減らしている。また、エンジン、サスペンション、ブレーキとチューニングメニューも多岐にわたっている。

Dシェイプステアリングや各種カーボンパーツによるインテリアのドレスアップメニューも豊富。欧州プレミアムスポーツカーの雰囲気を醸し出してくれる

【画像ギャラリー】ギャラリーで初代432-R&50周年記念モデルの画像を余すところなくご紹介!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ