Z34フェアレディZ発売から10年超!!日産が未だに売り続ける本当の理由

Z34フェアレディZ発売から10年超!!日産が未だに売り続ける本当の理由

 先日閉幕した東京モーターショー、白いボディに赤いストライプのラインが入った50周年アニバーサリーモデルのフェアレディZが日産ブースにあった。

 いくどかのマイナーチェンジはなされているものの、Z34型のフェアレディZが登場したのは、今から10年も前のことである。

 スポーツカーファンとしては、Z34はありがたい存在ではあるが、日本での販売台数は、2019年9月は66台と、ほとんど売れていない。なぜ日産はZ34型フェアレディZを未だ売り続けるのだろうか? 

 東京モーターショー会場で、日産関係者に聞いてみた。

 文:吉川賢一、写真:日産

  【画像ギャラリー】歴代フェアレディZをみる


なぜZ34型を売り続けるのか? 

 筆者「こちらは、フェアレディZの限定モデルですね。レーシングストライプのカラーはやはり目立ちますね」

 フェアレディZ生誕50周年限定モデル<br><strong>フェアレディZ 50th Anniversary </strong>
フェアレディZ生誕50周年限定モデル
フェアレディZ 50th Anniversary

 担当「そうですね、このデザインは1970頃の北米レースで勝利したBREダットサンチームのカラーをモチーフにしています。そのあたりの時代が好きなお客様が多いのです」

 筆者「ただ、やはりお金を持っているそれなりの年齢の方でないと買えませんよね」

 担当フェアレディZはそこそこ売れているんですよ」

 筆者「いまだ売れているのですか? 」

 担当「はい。北米がメインですが、年間2000~3000 台くらいは売れ続けています」

後ろからみた<strong>フェアレディZ 50th Anniversary </strong>
後ろからみたフェアレディZ 50th Anniversary

 筆者「(50周年アニバーサリー車を指して)このカラーリングでも出しているのですか? 」

 担当「はい。出しています」

 筆者「クラシカルなレーシングデザインは好まれそうですね」

 担当「このモデルはやや高い仕様ですからね。でもアメリカの例ですが、一番下のグレードで2万9000ドルくらいなので、割と安く買えます」

 筆者「おお! “3万ドル以下で誰でも買えるスポーツモデル”を今でも実現し続けているのですね、それは凄い! 」

(編注:2019年11月現在のレートで3万ドル=約330万円)

 担当「アメリカの方は、全部ローンにして、月々200ドル程度で購入される方が多いので、若い方でも買う方が多くいます。

 デザインが古くなったとか、色々とご意見はいただきますが、我々としては、色あせているとか、時代遅れとは思っていません。

 一度乗っていただければ、お分かりいただけると思います。このクルマは第一戦で活躍できるスポーツカーだという自信があります」

次ページは : 今後のスポーツカー動向をどう見ているのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ