【Z34型フェアレディZ発売からすでに10年超!!】日産が未だに売り続ける本当の理由

 先日閉幕した東京モーターショー、白いボディに赤いストライプのラインが入った50周年アニバーサリーモデルのフェアレディZが日産ブースにあった。

 いくどかのマイナーチェンジはなされているものの、Z34型のフェアレディZが登場したのは、今から10年も前のことである。

 スポーツカーファンとしては、Z34はありがたい存在ではあるが、日本での販売台数は、2019年9月は66台と、ほとんど売れていない。なぜ日産はZ34型フェアレディZを未だ売り続けるのだろうか? 

 東京モーターショー会場で、日産関係者に聞いてみた。

 文:吉川賢一、写真:日産

  【画像ギャラリー】歴代フェアレディZをみる


なぜZ34型を売り続けるのか? 

 筆者「こちらは、フェアレディZの限定モデルですね。レーシングストライプのカラーはやはり目立ちますね」

フェアレディZ生誕50周年限定モデル
フェアレディZ 50th Anniversary

 担当「そうですね、このデザインは1970頃の北米レースで勝利したBREダットサンチームのカラーをモチーフにしています。そのあたりの時代が好きなお客様が多いのです」

 筆者「ただ、やはりお金を持っているそれなりの年齢の方でないと買えませんよね」

 担当フェアレディZはそこそこ売れているんですよ」

 筆者「いまだ売れているのですか? 」

 担当「はい。北米がメインですが、年間2000~3000 台くらいは売れ続けています」

後ろからみたフェアレディZ 50th Anniversary

 筆者「(50周年アニバーサリー車を指して)このカラーリングでも出しているのですか? 」

 担当「はい。出しています」

 筆者「クラシカルなレーシングデザインは好まれそうですね」

 担当「このモデルはやや高い仕様ですからね。でもアメリカの例ですが、一番下のグレードで2万9000ドルくらいなので、割と安く買えます」

 筆者「おお! “3万ドル以下で誰でも買えるスポーツモデル”を今でも実現し続けているのですね、それは凄い! 」

(編注:2019年11月現在のレートで3万ドル=約330万円)

 担当「アメリカの方は、全部ローンにして、月々200ドル程度で購入される方が多いので、若い方でも買う方が多くいます。

 デザインが古くなったとか、色々とご意見はいただきますが、我々としては、色あせているとか、時代遅れとは思っていません。

 一度乗っていただければ、お分かりいただけると思います。このクルマは第一戦で活躍できるスポーツカーだという自信があります」

今後のスポーツカー動向をどう見ているのか?

現行型フェアレディZ

 筆者「日本市場における不採算車種の整理を進める中で、Zも消えてしまうのではないか?  という声があります。販売台数は出ていないのは確かですよね。

 今後の動向によっては、止めてしまうのではないか? と心配をしています。日産のスポ―ツカーは今後生き残るのか、どのようにお考えですか? 」

 担当「あくまで個人的な見解ですので弊社の意見でありませんが、10年後、20年後、今よりも自動運転技術が進んだ世の中になったとき、クルマを所有する人には3通りあると聞きました。

 仕事などでどうしてもクルマを使う人、子育て世代でクルマを使う人、そしてもう一つがスポーツカーのような趣味でクルマを持つ人です。

 運転は別に好きじゃないから無人タクシーでいいという方が大半かもしれませんが、趣味でクルマを選ぶ人が一定数は残るんじゃないかなと思っています」

 筆者「私もそれに近い考えです。例えば、燃費がいいクルマは確かに素晴らしいですが、たまにはガソリン消費を考えずに走りたい時がある。

2019年にマイナーチェンジしたスカイライン
プロパイロット2.0搭載

 先日、改良型スカイラインのV6ターボに乗りましたが、エンジン性能がすごく気持ちがよかったです。V6エンジンの回転フィーリングやサウンドがとても心地よくて、走っていてものすごく気持ちよかった。

 燃費はなかなか酷い物でしたが、たまにはクルマで遊びたいという趣味は、消えないのではないかと感じています」

 担当「そういう趣味でクルマを買うお客様に向けたクルマを、メーカーがどれだけ残せるかですよね。で、私は残ると思います」

2019年5月にデビューしたトヨタスープラ

 筆者「豊田章男社長もスープラのデビューの時におっしゃっていますよね。“スポーツカーは生き残る”と。でも、西川元社長からそういった発言がなかったのは残念です。クルマそのものに対する想いや熱意についての発言がもっと聞きたかったです」

 担当「(日産の)役員の中には、スポーツカーが好きな人が多いのですよ。フェアレディZのように、50年も続くクルマなんて滅多にありませんので大事に育てていきたいと思っています」

まとめ

 “フェアレディZは生き残るのか? ”の具体的な答えは得られなかったが、販売台数だけを見て、経営判断を下すといった印象はなかった。

 ただし、Z34登場からすでに10年を超えているという事実に対し、時代遅れではないと言いはる姿は、やせ我慢の様に見えた。

 出来ることなら新型スポーツモデルを作りたいと思う日産のエンジニアは多くいるはずだ。日産は走りを大切にする集団なのは、筆者も元社員の端くれとしてよく分かる。

 “日産復活”は必ず来るはず。それまでは、日産に対して、叱咤激励を送り続けていこうと思う。

  【画像ギャラリー】歴代フェアレディZをみる

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ