【トヨタ Concept-愛i】 人口知能搭載。トヨタが考える未来のクルマの全容


 人工知能技術を搭載したクルマ、その名も「TOYOTA Concept-愛i」が1月5日からアメリカで開催されているCESで発表された。人工知能搭載車とは如何にも未来的だが、いったいどういったクルマなのだろうか。

 文:WEBベストカー編集部
写真:TOYOTA、TMG


発表の舞台は世界最先端の家電見本市「CES」

初公開されたConcept-愛i(2017 CES=米ラスベガス、画像出典:TOYOTA)

 今回、「TOYOTA Concept-愛i」が発表されたのは、アメリカ・ラスベガスで毎年開催されているCESだ。

 CESは、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーの略。その名のとおり世界的な家電見本市で、ソニーやパナソニックなども参加し、過去にはDVDやハードディスクレコーダーなども出展された世界最先端のテクノロジーが集まるショーなのだ。

 2016年のCESで、トヨタは人工知能の研究・開発を行う新会社の設立を発表し、燃料電池車のコンセプトカー、FCV PLUSなども出展している。

 こうした経緯もあって、“人工知能を搭載したクルマ”の発表の場に、近未来の技術が集うCESが選ばれたのだ。

【動画】TOYOTA Concept-愛iムービー

次ページは : Concept-愛iを紐解く3つのポイント