【トヨタ Concept-愛i】 人口知能搭載。トヨタが考える未来のクルマの全容

 人工知能技術を搭載したクルマ、その名も「TOYOTA Concept-愛i」が1月5日からアメリカで開催されているCESで発表された。人工知能搭載車とは如何にも未来的だが、いったいどういったクルマなのだろうか。

 文:WEBベストカー編集部
写真:TOYOTA、TMG


発表の舞台は世界最先端の家電見本市「CES」

初公開されたConcept-愛i(2017 CES=米ラスベガス、画像出典:TOYOTA)

 今回、「TOYOTA Concept-愛i」が発表されたのは、アメリカ・ラスベガスで毎年開催されているCESだ。

 CESは、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーの略。その名のとおり世界的な家電見本市で、ソニーやパナソニックなども参加し、過去にはDVDやハードディスクレコーダーなども出展された世界最先端のテクノロジーが集まるショーなのだ。

 2016年のCESで、トヨタは人工知能の研究・開発を行う新会社の設立を発表し、燃料電池車のコンセプトカー、FCV PLUSなども出展している。

 こうした経緯もあって、“人工知能を搭載したクルマ”の発表の場に、近未来の技術が集うCESが選ばれたのだ。

【動画】TOYOTA Concept-愛iムービー

Concept-愛iを紐解く3つのポイント

 Concept-愛iの大きな特徴は、下の3つ。

  • 1. 最新の人工知能技術を応用し、ドライバーの表情や動作などをデータ化。ドライバーの嗜好を推定する
  • 2. 自動運転技術と1の技術を組み合わせ、ドライバーを安全・安心に導く
  • 3. デザインは5代目セリカなどを手がけたCALTYがデザインを担当

 目玉はやはり人工知能技術をクルマに生かしている点だ。人工知能技術の応用で、クルマがドライバーの感情を認識できるようになり、またドライバーの嗜好性=好みをデータとして蓄積することも可能になる。

 こうして蓄積したデータに、ドライバーがSNS上で発信したことや会話の履歴までも組み合わせることで、クルマがドライバーの好みを推定できるようになる。この「人を理解する」技術が1本目の柱だ。

 2つめの柱は、安全性を高めるコンセプト。例えば、ドライバーに何らかのトラブルが発生し、クルマが道路外に出てしまいそうな状況になると、クルマがそれを検知し、自動運転モードへ切り替えを行う。

 そして、ドライバーのストレスを把握し、運転に不安を感じたドライバーには自動運転モードへの切り替えを提案する。

 さらに、ドライバーの感情や疲労度などに応じて、車内の光の色味や香り、BGMなども変化させ、安全運転に導くなど、1本目の柱「人を理解する」技術を、自動運転技術と組み合わせることで、安全性を高めるというコンセプトだ。

インパネは極めて未来的な作り。青色の光は、ドライバーを「覚醒状態」に導く効果があるという。これもドライバーの状況を判断し、安全運転に繋げるしくみのひとつだ
シートは4座で、後席はセパレートタイプ。ストレッチシートを採用し、その触覚によって、交感神経を刺激し、安全運転に誘導する

デザインはWRCで活躍したセリカも手がけたCALTYが担当

1990年にカルロス・サインツの手によってチャンピオンを獲得したセリカWRC

 そして、3つめのポイントはデザイン。見た目にも近未来的な印象を持つデザインを手がけたのはトヨタのアメリカデザインスタジオ「CALTY」だ。

 CALTYといえば、WRCでチャンピオンを獲得した5代目のセリカや初代プリウスも手がけたことで有名な存在。

 クルマ好きにとっても馴染みがあるCALTYは、車体外装にまでインパネの意匠が連続するシームレスなスタイリングをデザインテーマとし、このConcept-愛iを作り上げたという。

 外観からはコンセプトカー段階という印象が強いConcept-愛i。パワートレーンも「ゼロエミッションのパワートレーンを想定」としか明らかになっておらず、EVなどかFCVなのかはまだ決まっていない。

 しかし、人工知能や自動運転の技術開発・研究は着々と進んでおり、実用化は決して遠い将来の話ではない。

 実際にトヨタは、Concept-愛iの公道での実証実験を数年以内に行い、日本でもその実験車両を走行させる計画を明らかにしている。

 Concept-愛iにはトヨタが考える近未来の乗り物の姿が詰まっているのだ。

TOYOTA Concept-愛i 主要諸元

  • 全長×全幅×全高:4430×1830×1475mm
  • ホイールベース:2700mm
  • 乗車定員:4名
  • パワートレーン:ゼロエミッションのパワートレーンを想定

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ