【ダントツの優位性に陰り!?】自動ブレーキの代名詞!! スバル「アイサイト」は今でもNo.1なのか

「アイサイト」の安全神話に陰りが見え始めた!? 近年、自動ブレーキを筆頭とする運転支援システムが飛躍的に進化。各メーカーが日進月歩した今も先駆者スバルはNo.1なのか?

 日本自動車工業会によると、今では新車の約80%に緊急自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)が装着されている。販売店からも「自動ブレーキを備えていない車は売るのが難しい」という声が聞かれる。

 なかでも、緊急自動ブレーキを普及させるうえで、大切な役割を果たしたのがスバルの「アイサイト」。「ぶつからないクルマ」のキャッチフレーズで一世を風靡した自動ブレーキの代名詞的存在だ。

 しかし、最近では国産各社の緊急自動ブレーキも飛躍的に進化し、スバルの優位性が薄れたとの指摘もある。そうしたなかでアイサイトは今でもNo.1といえるのか?

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、SUBARU、LEXUS

【画像ギャラリー】満点は2台!! 予防安全性能評価 2019年最新版 全6車と総合得点を見る!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ