【マーチは日産の宝だったはず!!】2代目日産マーチの気概をもう一度


マーチジューク(1997年12月)

 グリル、ボンネット、ルーフ、ホイールキャップが赤、それ以外の部分は黒のボディカラーとなる特別仕様車。この配色はインパクト抜群!!

 SUVのジュークの名前は、2代目マーチで登場ずみだった。マーチジュークの趣はつい最近日本では生産終了となったそのジュークのツートンカラーに通じる斬新さも感じる。

写真では見えにくいが、ルーフも赤となる。この配色の斬新さはかなりのレベル。賛否はあれどもこのアグレッシブさこそ今の日産に必要だと思われる

マーチBOX(1999年11月)

 2代目マーチの5ドアハッチバックのリアオーバーハングを延長し、ステーションワゴン化したモデルで、生産はマーチカブリオレ同様に高田工業が担当(Be-1、パオ、フィガロといったパイクカーも高田工業の生産だ)。

 ちょっと不格好だったことに加え、ステーションワゴンとしては中途半端な感も否めず、後継車は登場しなかった。

マーチの5ドアのオーバーハングを延長しステーションワゴン的モデルとして販売されたマーチBOX。このクルマのチャレンジングだった

次ページは : MujiCar1000(2001年5月)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ