新型タフト投入で軽市場どうなる? ダイハツ&スズキ「次の新車」と秘策


スズキとダイハツはこのままでは終わらない

 こうして見ると日産、ホンダの猛烈な追い上げに対して、商品ラインアップ面ではビッグ2はやや受け身の印象がある。

 しかしながら、このままビッグ2が次第に追い詰められて行くとは思えない。

 1~2年後を予想すれば、弱体化に思われていたスズキが主軸どころのスペーシア、ワゴンR 、アルト/アルトラパンが揃って世代交代期を迎えることになる。

 いっぽうのダイハツもスズキ同様に世代交代期となるから、この時点でビッグ2の巻き返し作戦が本格化することになるはずである。

スズキは屋台骨のワゴンRが苦戦するなか、スーパーハイトワゴンのスペーシアが大健闘。そのスペーシアも2年後には新型に切り替わることが濃厚だ

【画像ギャラリー】すでにデザインが公開されている2020年登場のダイハツタフト&新型ホンダN-ONE