シエンタ次期型最新情報入手!! 2021年中頃に新型登場か? 

 派手ではないが、堅実に売れ続けている車種がある。トヨタのシエンタはその代表格だろう。

 昨年(2019年)の年間販売台数では、3列シート車としてトップとなる11万880台(2位はセレナの9万1956台、3位はヴォクシーの8万8012台)を販売。

 2020年1月は6831台、2月は8266台と、昨秋の消費税導入以降、苦戦している新車市場でも好調をキープしている数少ないモデルといえる。

 景気が悪くなって、「3列シートミニバンは欲しいけどアルファードやヴォクシーには手が届かないけどシエンタなら…」というユーザーが増えているような感じがする。

 そんなシエンタも、現行型の登場は2015年7月。あと数か月で丸5年となり、そろそろ新型車への切り替えが噂される頃だろう。

 では各トヨタ販売店に、新型への切り替え情報は入っているのか? 毎日新車ディーラーを回って「生の声」を集めている、遠藤徹氏に取材していただいた。 

文:遠藤徹
写真:トヨタ、ホンダ、日産

【画像ギャラリー】2019年 3列シート車 年間販売台数トップ4


シエンタ次期型はどうなる?

現行型シエンタ

 トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」は、現時点で入っている情報をまとめると、2021年中盤頃にフルモデルチェンジすることが有力となっている。

 現行モデルの登場が2015年7月9日だったから、6年ぶりの世代交代となる。現行モデルが空前のヒット作となっているので、基本的にはキープコンセプトで開発を進めているはずである。

 トヨタの次世代クルマづくりの考え方である「TNGA」を採用。現行の新型ヤリスをベースにホイールベース、全長を延長し、3列シート7人乗りと2列シート5人乗り車を設定する。

ヤリスのTNGAプラットフォーム

 エクステリアデザインは現行の丸っこく、前後にブラックラインを走らせたキュート系のボディシェルから、直線と曲面を融合させたシンプル系の仕立てへと若干軌道修正するだろう。

 丸っこくするとキュート性は強調され、個性が強くなるが、サイズが実質よりも小さく見えるとの販売店の評価を受け入れたともいえる。

 ライバルのフリードがやや直線を生かすことで、ひと回り大きく見えて好評なことも配慮していると思われる。

 ボディサイズは現行の全長4260mm、全幅1695mm、全高1675mm、ホイールベース2750mm、トレッド前後とも1480mmを全幅は5ナンバーサイズ枠で変えないものの、全長と全高は10~30mm程度延長、引き上げをするレイアウトとする可能性が強い。

 こうすることでライバルのフリード並みかやや拡大することで見た目のサイズ感を大きくし、室内の居住スペースをたっぷり取る仕立てをする狙いがある。

ライバル・フリードとどう競うべきか

 2018年9月11日のマイナーチェンジ時に3列シート7人乗りに加えて、2列シート5人乗り車を追加したわけだが、これはライバルのフリードに対抗させている。

2列シート5人乗りが2018年に登場した

 3列シートが主に子供の小さいヤングファミリー向けの仕様に対して、2列シートは3列目のシートを取り払い、広い荷室スペースを確保し、独身の若い層が海や山にレジャーに出かける。

 あるいはスポーツ走行を楽しめるように仕立てることで、シリーズ全体が幅広いユーザー層に浸透することを目指している。

 したがってこうした考え方は次期型にも引き継がれるに違いない。

 フリードは2019年10月18日のマイナーチェンジで内外装のデザインを変更すると同時に、SUVテイストの「クロスター」を設定した。この手法は次期型シエンタでも採用し、設定するかも知れない。

フリードクロスター

 搭載するパワーユニットは1.5リッターNAガソリン、同ハイブリッドで、こちらは従来と異なりヤリスと同様に新開発3気筒1.5リッターガソリン&1.5リッターハイブリッドと2WD、4WD、CVTの組み合わせとなる。

 従来モデルではハイブリッドが2WDのみであるが、次期型ではどちらも両駆動方式をラインアップする。走り面ではパワーユニットの他、ハンドリングの操作性、足回りの手直しで一段と磨きをかける。

 使い勝手ではシートアレンジメントの多様性、小物入れの配置の工夫などで、大幅に向上させる。安心パッケージの「トヨタセーフティセンス」は新型ヤリス同様に最新の進化デバイスを標準装備する。

現行型シエンタ シートアレンジ

 両側スライドドアを自動で開閉できる「ハンズフリー機構」もオプション設定する見込み。

シエンタの現状は?

 現行モデルは登録車の銘柄別ランキングでトップに浮上したこともある人気の高さを誇る。

 2020年7月で5年が経過するモデル末期車ではあるが、今なお月販8000台規模をコンスタントに売り、登録車銘柄別販売ランキングのトップ10の中上位をキープしている。

 同じトップ10の圏内にはホンダのフリードも存在し両モデルは激しくシェア争いを演じている。

フリード(2019年マイナーチェンジ)

 シエンタは1年後の世代交代でさらに進化させることで、ライバルを大きく引き離すだけでなく、再び登録車のトップブランド奪還を目指すことになりそうである。

■証言:1首都圏トヨタ店営業担当者

 「シエンタの次期型についてはまだメーカー筋からいつ発売するのか、明確な情報が届いているわけではない。ただ現行モデル発売後来年(2021年)7月で6年が経過するので、世代交代してもよい時期であることは間違いない。

 現時点でも売れ行きは好調だが、トヨタ車全体が「TNGA」、新開発のパワーユニット、トヨタセーフティセンスなどの採用で次世代モデルに切り替えてもよいタイミングだから、フルモデルチェンジは近いといっても差し支えないだろう。

 販売が好調といっていつまで古いままでいると切り替えのタイミングを失いあまりよい状況にはならない。」

■証言:2首都圏トヨペット店営業担当者

 「モデルが古くなると売れ行きがよいといっても、大幅な値引きで裁かざるを得ないので、販売店の収益が落ちるし、リセールバリューも低下するのでユーザーにとっても好ましいことではない。

 6年での世代交代は2回の車検であと1年後という計算のタイミングだから、フルモデルチェンジでの乗り換えやすい。

 シエンタクラスになると同じ車種での代替え率が高いので、代替え母体が大きく、商売がしやすく好都合だ。エンジンも新開発になるので中身の改良幅が大きくなるので楽しみにしている。」

【画像ギャラリー】2019年 3列シート車 年間販売台数トップ4

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ