【大改良効果で三菱No.1の売れ行きに!?】“ディーゼル専売”新生デリカD:5はなぜ人気なのか

 2019年2月に行った、フルモデルチェンジともいえるビッグマイチェンを行った三菱の「デリカD:5」が好調だ。日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している直近3カ月の販売台数見てみると、

2019年12月:1324台
2020年 1月:1365台
2020年 2月:1091台
2020年3月:2014台

最新(3月)の販売台数データでは2000台を超え、三菱のラインナップでは登録車単独1位の販売台数を維持している。

 オラオラ顔に変わり、新開発2.2Lディーゼルのみのラインナップとなったがが、それが大当たりしたようだ。しかし、このクラスのミニバンでは、ライバルとして王者のトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」、日産「エルグランド」、ホンダ「オデッセイ」などが顔をそろえている。

 なぜデリカD:5は堅調な売れ行きをキープできているのか? その理由を、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が分析する。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、MITSUBISHI

【画像ギャラリー】歴代デリカと販売好調の現行型デリカD:5の詳細を一挙紹介!!


■脈々と受け継いだ見かけ倒しではない悪路走破性能

 最近はSUVの人気が高い。2020年1月と2月には、コンパクトSUVのトヨタ「ライズ」が小型/普通車の販売1位になった。ホンダの「新型フィット」はSUV風の「クロスター」を設定しており、今後はヤリスにも同様のタイプが加わる。

 これはSUVの特徴でもある。「フィット」や「ヤリス」のようなコンパクトカーでも、大径タイヤにオーバーフェンダーを加えることで、SUVにアレンジできる。もともとSUVは悪路を走るクルマで、その目的のために大径タイヤなどを装着したが、今は悪路走破力を重視しないSUVも増えた。

 このSUVの可能性に古くから注目していたメーカーが三菱だ。同社は1950年代にアメリカのウイリスオーバーランド社と契約を結び、ジープのノックダウン生産を開始した。1956年からは国産の三菱ジープを手掛け、1982年には洗練されたオフロードSUVの「初代パジェロ」を大ヒットさせている。

 そして同じ年の1982年は、3列シートを備えるワンボックスボディの「デリカスターワゴン」に4WDを加えた。基本的な4輪駆動機能はパジェロと同じだから、悪路で駆動力を高める副変速機も装着する。最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)には190mmの余裕があり、悪路のデコボコも乗り越えやすかった。この後、デリカスターワゴンは1986年にフルモデルチェンジしている。

1982年に追加された「デリカスターワゴン」の4WDモデル。小型キャブオーバー車では初となる4WDを設定。最低地上高が高く、悪路でも入っていくことができた

 1994年にはミニバンスタイルの「デリカスペースギア」に発展した。ミニバンながら後輪駆動を採用して、センターデフを使ったフルタイム4WDを搭載する。パジェロと同じく駆動力を高める副変速機も備わり、ミニバンでは悪路走破力が抜群に高かった。

1994年に登場した「スペースギア」。それまでのキャブオーバーレイアウトから、フロントエンジンリヤドライブ(FR)ベースの4WDレイアウトに変更された

■店舗数から考えればライズに匹敵する人気車となったデリカD:5

 2007年には現行型の「デリカD:5」に一新された。プラットフォームは、基本的にSUVの「アウトランダー」や「エクリプスクロス」と共通だ。駆動方式は前輪駆動と4WDに変わり、アウトランダーなどと同じく副変速機は装着されないが、悪路走破力は依然として高い。

ビッグマイチェンを行った新型(左手前)と、ガソリンモデルは従来型(右奥)。新型は、145ps/38.7kgmの2.2L 直4ディーゼルターボに8速ATを組み合わせる。パワーステアリングも油圧式から電動パワステに変更された

 多板クラッチで前後輪に駆動力を配分する4WDシステムには、クラッチの締結力を強めるロックモードが備わり、最低地上高も185mmだから悪路のデコボコを乗り越えやすい。今でもミニバンではナンバーワンの走破性能を発揮する。

 デリカD:5は発売から13年を経過するが、今でも売れ行きは堅調だ。2019年12月に1324台、2020年1月には1365台、2月には1091台を登録した。

 今のデリカD:5の売れ筋は、直列4気筒2.2Lクリーンディーゼルターボを搭載する4WDだから(2WDと4WDのガソリンエンジン車は2019年12月に生産を終えて今は在庫販売)、売れ筋価格帯も420~450万円に達する。この価格帯のなかで見ると、デリカD:5の売れ行きは、「アルファード&ヴェルファイア」「クラウン」「CX-8」に次いで多い。

 しかも今の三菱は、国内の販売店舗数が少ない。トヨタは4系列を合計すると約4900店舗だが、三菱は約600店舗にとどまる。そうなるとデリカD:5の1店舗当たりの1カ月平均登録台数は2台以上だから、価格を考えると十分なボリュームだ。トヨタ全店が1店舗平均で2台を売れば、約1万台だから、デリカD:5は店舗単位で見ると大人気のトヨタ「ライズ」と同様の扱われ方をしている。国内の三菱を支える基幹車種だ。

■ライバルを一線を画したことで得た安定のポジション

 デリカD:5が堅調に売れる理由を販売店に尋ねると、以下のような返答が得られた。

「デリカD:5はSUVの悪路走破力を備えたミニバンで、ほかに類似車種がない。従ってライバル車との競争もほとんど発生せず、安定して売れている。個性的な高価格車とあって中古車を求めるお客様も多く、中古車価格が高まり、高値で下取りされる。

そのために、従来型デリカD:5から、改良を受けた現行型に乗り替えるお客様も増えた。このような事情から、デリカD:5は発売から10年以上を経過しながら、売れ行きがあまり下がらない」

と説明した。

ミニバンのなかでは圧倒的人気を誇るアルファードだが、デリカD:5はこのラグジュアリー路線とは一線を画したことが功を奏した

 デリカD:5が安定的に売れる背景には、悪路走破力以外にも複数の魅力がある。まず全長が4800mm以下のミドルサイズミニバンでは、3列目シートが最も快適なことだ。身長170cmの大人6名が乗車した時、2列目に座る乗員の膝先空間が握りコブシ2つ分になるようスライド位置を調節すると、3列目の膝先空間は握りコブシ2つ分以上だ。各シートともに足元空間が広い。

 しかも3列目のサイズにも余裕を持たせ、座面の奥行寸法は470mmと長いから、ヴォクシー系3姉妹車の3列目を約40mm上まわる。床と座面の間隔も適度だから腰が落ち込まず、多人数で長距離を快適に移動できる。

 車内が広いために、3列目を左右に跳ね上げると広い荷室になって自転車なども積みやすい。「大勢乗せてたくさん積む」ミニバンの機能が優れている。

 ミニバンでは数少ないクリーンディーゼルターボを搭載することも特徴だ。「グランエース」を除いたミドルサイズミニバンに限れば、デリカD:5のみになる。最高出力は145ps(3500rpm)、最大トルクは38.7kgm(2000rpm)だから、3.5Lのガソリンエンジンに匹敵する最大トルクを実用回転域で発生させる。デリカD:5は車両重量が1900kgを超えるので、実用域の駆動力が高いディーゼルとは相性もいい。

 WLTCモード燃費は12.6km/L、JC08モード燃費は13.6km/Lだ。ディーゼルが使う軽油の価格は、レギュラーガソリンに比べて1L当たり約20円安いため、燃料代はセレナやヴォクシー系3姉妹車の2Lガソリンエンジン搭載車と同等に収まる。

新型のディーゼルエンジンはとにかくパワフルだ。旧型が苦労するような悪路や急こう配でも、進化した4WD制御と、トルクフルなエンジンのおかげで、何の心配もなく走破することができる。ミニバンでここまで高い走行性能を持つのはデリカD:5だけだ

■ディーゼル販売比率が90%! さらなる進化を期待

 先に述べたとおり、今後のデリカD:5のグレード構成は、ガソリンが廃止されてクリーンディーゼルターボと4WDの組み合わせのみになる。

 もともとデリカはスターワゴンの時代からディーゼルの販売比率が高く、一時はガソリンのみになったが、2013年初頭にディーゼルが復活すると再び人気を高めた。このディーゼルは、従来型デリカD:5から乗り替える人達の間でも人気が高く、近年ではディーゼルの販売比率が約90%に達していた。

 そこで2019年2月に、デリカD:5はディーゼル搭載車のみに大幅なマイナーチェンジを実施したわけだ。フロントマスクの形状は、今の新しい三菱を表現するダイナミックシールドで、インパネの形状と質感、走行安定性、乗り心地、静粛性まで幅広く向上させた。衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールといった運転支援機能も採用されている。

 この時のマイナーチェンジは、フロントマスクの刷新もあって、フルモデルチェンジに匹敵する進化となった。注目度も高まり、2019年は好調に売れて、登録台数は前年の1.5倍に達した。この勢いが今も続いている。

 SUVは先に述べたとおり、いろいろなカテゴリーに設定できることが特徴だ。そのSUVの可能性を長年にわたって追求してきたのが、デリカの4WDシリーズになる。パジェロが国内生産を終えた今、デリカD:5は、三菱の中心に位置する車種となっている。今後のさらなる進化に期待したい。

【画像ギャラリー】歴代デリカと販売好調の現行型デリカD:5の詳細を一挙紹介!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ