GRヤリス 国産最強コンパクト 待望の発売まで秒読み全情報

GRヤリス 国産最強コンパクト 待望の発売まで秒読み全情報

 東京オートサロン2020が開幕した1月10日から6月30日まで行われるGRヤリスファーストエディションの先行予約開始から約3カ月が経過し、残り期間は約2カ月半になった。

 GRヤリスはトヨタが次期WRCに投入するヤリスWRCのためのホモロゲーションを取得するためのコンペティションモデルで、272ps/37.7kgmをマークする1.6L、直3DOHCターボを搭載する。

 駆動方式は新開発の4WDで、プロトタイプを試乗した段階で、かのラリーコンペティションのランエボ、インプレッサよりも速いと評判だ。

 GRヤリスはまず、デビュー記念の限定モデルであるファーストエディションを2020年6月30日まで先行受付し、その後はカタログモデルの販売に移行することになる。

 現在GRヤリスの先行予約に大きな変化はないものの小さな動きは起きている。

 その小さな動きを10万円の先行予約デポジットをクレジットカード払いした筆者が当事者目線でレポートする。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、HONDA、平野学

【画像ギャラリー】GRヤリスと並ぶ日本を代表するコンペティションモデルのシビックタイプRリミテッドエディションは日本で200台限定販売!!


月1ペースで送られるメールマガジン

GRヤリスのデビューを記念したファーストエディションは台数限定ではなく2020年6月30日までに事前予約した人が購入できる期間限定車だ

 今のところ壁紙ダウンロードと3月に自分が先行予約したGRヤリスのグレード、予約番号などが表示される先行予約者専用サイトがオープンしたこと、後述する先行予約の利用規約が改訂されたことくらいしか変わった点はない。

 またメールマガジンの中には先行予約者に対するアンケートもあり、その中には「GRヤリスを先行予約した理由は何ですか?」という項目があった。

 いくつかチェックする回答があったが、筆者はすべて無視して自由回答欄に、「欲しかったから先行予約した」と書いた。

 これはふざけているのではなく、「実用車ではない必要性のまったくないこの種の買うというのはこういうことだ」という筆者の本心である。

実車を見るとサイドビューが異様なまでに迫力があるのがわかる。特にリアフェンダーのボリュームはブリスターフェンダー好きのツボ

展示会の実施

 すでに終了しているが3月から4月1日にかけて、全国8カ所(うち東京が2回)で大阪オートメッセに出展されたエモーショナルレッド2を纏ったGRヤリスを置く展示会が行われた。

 新型コロナウイルスの影響もあり説明員やクルマへの乗り込みもなしという形になったが、「WRCのホモローゲンション取得もありGRヤリスを売りたい!」という意気込みは感じられた。

福岡、広島、東京、石川、大阪、愛知、宮城、東京の順に展示会が開催され、エモーショナルレッドIIのボディカラーを纏ったGRヤリスがお披露目された

GRヤリスWebの更新

 GRヤリスWebの更新は2点あるので、個別に見ていこう。

(1)ラゲッジスペースに関する紹介の追加

 GRヤリスのラゲッジスペースはリアシートが6:4の分割可倒式。

 4人乗りなのだから5:5のほうがいいようにも感じるが、これはあまり関係のない部分は通常のヤリスと共用化してそれこそ「頑張れば買える価格」に抑えるためもあるのだろう。 

ラゲッジの寸法、容量などが追加で公開された。ラゲッジについてはリアシートを倒してゴルフバッグなどを積載している写真が公開され実用性をアピール

 リアシートを倒せば自車のタイヤ4本がリアシート部分に載る、タイヤを外した27インチの自転車が載るといったことが記載されるようになった。

 それはけっこうなのだが、ラゲッジスペース自体の容量は『141L』と記載されている。これには???

 スポーツカーのラゲッジスペースでもマツダロードスターが130L、トヨタ86も243Lとのことで、こんなに容量が小さいとは思えない。

GRヤリスはノーマルヤリスが5人乗りに対して4人乗りとなるが、シートは6:4の分割可倒で同じタイプ。141Lの容量は小さすぎる気がするが……

 ノーマルヤリスのガソリンモデルのラゲッジ容量が270Lで、GRヤリスのラゲッジスペースを写真や動画で見ると筆者は「241Lの間違いではないか」と思っている。

 もちろんアップの際には何人もの人が確認するであろうトヨタのWebだけに間違っているとも考えにくいが、筆者は「ホントかよ?」と今も疑問を持っている。

(2)販売に関するQ&Aの追加

 こちらは知りたかった情報がいくつかある。

・先行予約後のグレード変更が可能になった
 筆者は先行予約の際に「それは不可能だろう」と想定しており、もちろんしなかったが「RZとRZハイパフォーマンスそれぞれを予約し、1台のキャンセル時の返金手数料5000円は掛かってもいいから、グレードは後でゆっくり考えるか」とも考えていた。

 まあゆっくり考えられるようになったのはいいことだ。

ファーストエディションはフロントグリルとサイドのディフューザー、リアスポイラー、リアディフューザーが精悍なマットブラックとなるのが特徴

 同時に「また先行予約対象グレードからベースグレードへの変更の場合先行予約はキャンセル扱いとなります。そのため、デポジットの返金額が9万5000円となり、納期も後ろずれいたします」という記載がある。

 これで公然の秘密だった競技ベースグレードの存在も明らかになった。

東京モーターショー2019にラリー仕様のGRヤリスが参考出品されていたが、競技ベース車が追加ラインナップされることを確信

・業販も含んだ法人の予約、複数予約も可能に
 これは「モータースポーツショップなどが先行予約しやすくなる」という前向きな解釈に加え、「意外と予約が伸び悩んでいるのか?」という解釈もあるかもしれない。

・カタログは9月ごろ販売店に到着

 これは早い人は7月から商談開始というのを考えると、7月には仕様や価格はわかるにせよなかなか凄い話だ。

次ページは : 早くもディーラーからのアポイントがあった

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ