インプレッサ、レガシィ…一刀両断 スバル車 全モデルの○と×

インプレッサ、レガシィ…一刀両断 スバル車 全モデルの○と×

4月1日に創業100周年を迎え、富士重工から社名変更をおこなったスバルといえば、優れた四駆性能や水平対向エンジンを擁し、熱狂的なファンを持つ。それに加え、アイサイト効果で「スバル車に興味を持っている」という方も多いのではないだろうか。

そんなスバル車のいい部分はもちろん、ウィークポイントも含めて購入前には押さえておきたいもの。そこで、スバルの自社開発全モデルを白黒ハッキリ評価。アイサイトの“注目情報”も要チェックだ!

文:渡辺陽一郎/写真:編集部
ベストカー2017年5月26日号



インプレッサスポーツ/G4


■インプレッサスポーツ/G4の○

2016年秋にフルモデルチェンジを受けたスバルの主力車種で、現行型はプラットフォームを刷新した。

走行安定性と乗り心地のバランスが優れ、機敏に曲がるスポーティな演出は控えめだが、車両が操舵角に正確に向きを変えて運転しやすい。乗り心地も路上の細かなデコボコを吸収して快適だ。

安全装備も充実させ、歩行者保護エアバッグも全車に装着した。内装は質を高めて後席の居住性も優れる。

■インプレッサスポーツ/G4の×

注意点は先代型に比べて斜め後方の視界が悪化したこと。1.6Lエンジン搭載車のリアスタビライザーを省いたのもスバルらしくない。1.6Lは動力性能も不足する。

SUBARU XV


■SUBARU XVの○

最低地上高が200mmだから、悪路のデコボコを乗り越えやすい。そのいっぽうで全高を1550mmに抑えたから立体駐車場を利用しやすい。

SUVでは安定性が優れ、居住性も後席を含めて快適だ。アイサイトバージョン3と歩行者保護エアバッグを装着して安心感も高めた。

価格はインプレッサスポーツと比べると、10万8000円の上乗せだから割安感が強い。

■SUBARU XVの×

車両重量が1400kgを超えるから、1.6Lでは動力性能が足りない。先代型に比べると後方視界が悪化した。フォレスターの※アダプティブドライビングビームを装着してほしい。

※対向車や先行車の位置を検知し、ハイビームの照射範囲をコントロールする機能

レヴォーグ


■レヴォーグの○

日本で買えるワゴンでは商品力が最も高い。走行安定性が優れ、乗り心地も満足できる。全幅は1800mmを下回り、取り回し性もいい。

4WDを装着して安全装備も充実させながら、1.6Lターボは価格が割安だ。安全装備も充実させた。

■レヴォーグの×

2Lターボの動力性能は高いが、アイドリングストップが付かない。1.6Lと価格を比べると、装備差を補正しても、排気量の拡大と4WDの上級化で約47万円高い。

フォレスターのターボは、4WDの機能が同じとはいえ自然吸気の16万円のアップに抑えた。1.6L車は1500回転以下で駆動力が落ち込む。

フォレスター


■フォレスターの○

最低地上高は220mmを確保して、悪路の走破力が高い。そのわりに床が低く乗降性も優れている。前後席ともに床と座面の間隔が適度で、後席の足元も広いから4名で乗車しても快適だ。

全高は1700mmを超えるが、運転感覚が腰高ではなく、走行安定性もいい。最小回転半径は5.3mに収まる。

■フォレスターの×

ターボは自然吸気の2Lと比べて、実質16万円の価格上昇だから買い得だが、アイドリングストップはない。

自然吸気は運転を楽しむSUVでは力不足だ。電動パーキングブレーキを装着して、クルーズコントロール作動時の自動停止状態を維持してほしい。

次ページ:WRXやBRZの長所、短所は?


WRX STI/S4



■WRX STI/S4の○


2Lターボは実用域の駆動力が高く、高回転域の吹け上がりも活発だ。カーブでは適度に機敏に曲がり、下りカーブでアクセルペダルを戻すような操作を強いられても、後輪の接地性を損ないにくい。

S4の2.0GTアイサイトは、変更前に比べて後輪の接地性が少し緩いが(開発者によると乗り心地を向上したため)、安定性は充分だ。乗り心地も過度な硬さを抑え、後席の居住性も満足できる。

■WRX STI/S4の×

ただし、アイドリングストップは付けてほしい。またS4は安全装備が充実するが、STIはアイサイトバージョン3を付けられない。そろそろMT車にも対応すべきだ。

レガシィ アウトバック/B4


■レガシィ アウトバック/B4の○

アウトバックは国産SUVでは最も快適だ。17インチタイヤ装着車は乗り心地が優れ、前後席ともに頭上と足元の空間が広い。

シートの座り心地も上質に仕上げた。2.5Lエンジンの動力性能は平凡だが、実用回転域の駆動力が高く扱いやすい。最低地上高も200mmを確保した。これに比べてB4は特徴が乏しいが、長距離も快適だ。

■レガシィ アウトバック/B4の×

ただし、18インチタイヤを装着したアウトバックは、乗り心地が硬めに感じる。全長は4815mm、全幅はB4を含めて1840mmだから大柄だ。

走行安定性は優れているが、車両全体の動きは穏やかで従来型の機敏な印象は薄れた。

エクシーガ クロスオーバー7


■エクシーガ クロスオーバー7の○

ミニバンのエクシーガをベースにSUVへ発展させた。ワゴン風のボディはスバルのブランドイメージにも合致して、ミニバンの実用性とSUVの楽しさを兼ね備える。

アイサイトもバージョン2ながら備わる。機能や装備のわりに価格が安く、以前のエクシーガと比べても、実質的に9万円ほど割安だ。

■エクシーガ クロスオーバー7の×

ただしエクシーガの発売から約9年を経過したため、操舵に対する反応はXVなどに比べて緩く、後輪の接地性も下がる。

動力性能は実用面で不満はないが3500回転以下は物足りない。1、2列目シートは快適だが、3列目は窮屈で補助席に近い。

SUBARU BRZ


■SUBARU BRZの○

後輪駆動のミドルサイズクーペとあって、狭く曲がりくねった峠道でも楽しく走れる。カーブでは車両の向きが確実に変わり、危険回避時には後輪が踏ん張る。運転を楽しめて安心感も高い。2Lエンジンは高回転域の吹き上がりが機敏で、改良により実用回転域の駆動力も高めた。

■SUBARU BRZの×

ただし雰囲気が暗い。ロードスターのようなオープンモデルはなく、ストイックに峠道やサーキットを攻める印象だ。

そこが特徴でもあるが、価値観が一面的でユーザーに向けた間口が狭い。アイサイト、リヤビークルディテクション、アイドリングストップはいっさい装着されない。

次ページ:次のアイサイトはどうなる!?


まもなくレヴォーグに進化版アイサイトのver.“3.5”搭載
カラーを認識できるステレオカメラを採用したアイサイトver.3が最初に搭載されたのは、2013年にデビューしたレヴォーグからだった。

以降、WRX S4、レガシィB4/アウトバック、先代インプレッサスポーツ/G4(年次改良時)、フォレスター(年次改良時)にも次々に水平展開されていった。

現在、最新のバージョンとなっている「アイサイトver.3」は、昨年秋にフルモデルチェンジされた現行型インプレッサスポーツ/G4、そして新型XVに搭載されるタイプだ。

それまでのレヴォーグ、WRX S4などが採用していたタイプよりも進化し、アダプティブドライビングビームを加えたほか、アクティブレーンキープ(車線中央維持機能)を直進時以外でも可能にし、追従クルコンの制御をブラッシュアップしている。


現行型インプレッサに搭載されるアイサイトでは、車線中央に車の位置を維持させる『アクティブレーンキープ』がさらに進化した

そして、注目なのはレヴォーグのマイチェン(D型への移行)で導入される“進化版”アイサイトver.3。このマイチェンは、遠藤徹氏によると6月にもおこなわれる予定。進化版アイサイトには、全車速域でハンドルとアクセル、ブレーキを自動制御して運転をアシストする機能を新しく設定。

全車速追従機能とアクティブレーンキープ(65km/h以上での車線中央維持機能)に加え、低速域(0-65km/h)での車線維持を可能にする「TJA」(トラフィック・ジャム・アシスト)が盛り込まれる。

最新号

ベストカー最新号

早くも! 2019年 超大物スクープを捉えた!! ベストカー 2018年2月10日号

 ベストカー最新号(2/10号)が、1月10日に発売。今号は、間もなく開催する東京オートサロンの主役をどこよりも早く大公開! トヨタが繰り出すハイブリッドスーパースポーツを始め、いよいよ復活への...

カタログ