スーパーチャージャー搭載の覆面パトカー大量導入情報! ほか【週間人気記事一挙紹介】

 今週は普段よりさらに多くのアクセスが集中した『ベストカーWeb』。本記事ではその中でも特によく読まれた記事をダイジェストで紹介いたします。

 見逃した方、もう一度読みたい方はぜひご参照ください。以下、アクセスの多かった順に紹介いたします。

 また、本サイトで伝えきれなかった今週の自動車ニュースもお届けしますので、そちらもぜひご参照を。


■【1位】【緊急情報】覆面パトカーのマークXスーパーチャージャーが大量配備! それも警視庁に一挙15台!!

 2016年5月頃からパトカーマニア界隈(すごい界隈です)で、「警視庁がモデリスタ製のマークXスーパーチャージャーを大量導入したらしい」という噂がまことしやかに囁かれていたそうです。

 改装費を含めると1台800万円以上になるマークXスーパーチャージャーを大量導入なんて、そんなまさか……と思いきや、ベストカー本誌の覆面パトカー班が取材を進めると、続々と目撃情報が。

>> 続きはこちら

なお本記事は2017年5月最大のヒット記事となった「本当に役に立つ覆面パトカーの見分け方」と合わせてぜひどうぞ。

■【2位】2.5Lターボ 最強説を唱えたい! “スポーツターボの王道”に再注目のワケ

 「4気筒エンジンの上限」として、さらに「V6、3.5Lエンジンのダウンサイジング版」として、いま世界中で実力車がこぞって「2.5Lターボ」となっています。時代の主流としての2.5Lターボエンジンを紹介するとともに、このユニットの今後の開発の方向性も研究。

 特にスバルの水平対向4気筒とマツダのSKYACTIV(もちろんともに2.5Lターボ)は気になるところ。

「2Lじゃあちょっと物足りないよな」と感じる車好きのみなさんに支持されてこの順位です。

日本未発売ながらマツダのCX-9には2.5L直4ターボが搭載されている。再び2.5Lターボに脚光が当たる日も近い

>> 続きはこちら

■【3位】【自動車税 滞納】愛車は滞納から1カ月で差し押さえ可能に

 皆さま、もう自動車税は納めましたでしょうか? 納付期限は5月31日です。本記事ではもし自動車税を滞納した場合、追徴金はいくらくらいになるのか? そして「納めないと車が差し押さえられる」という情報は本当か? 本当だとしたら、どれくらいで差し押さえられるのか? を調査した記事となります。

 具体的な差し押さえ手順もありますので、ぜひとも読んで「こりゃやばい」と焦ってください。

「自動車税滞納1ヶ月から車を差し押さえ可能」ってマジ!??!!?

>> 続きはこちら

■【車ニュースプラス①】ウクライナ警察がアウトランダーPHEVを大量導入

 2017年5月26日、三菱自動車は、アウトランダーPHEV635台(!)をウクライナ警察へ納入したことを発表しました。

 納車式にはウクライナのヴォロディーミル・フロイスマン首相を含む多数の政府関係者が出席。同式で三菱自動車の益子修社長は以下のコメントを読み上げたとのことです。

「アウトランダーPHEVを高く評価いただき、警察車両として選んでいただいたことを感謝いたします。アウトランダーPHEVは環境に優しいだけでなく、車両運動統合制御システムS-AWC(Super All Wheel Control)などの最新技術を搭載しており、警察車両にふさわしい高い機能を併せ持っています」

 なお三菱自動車は2011年にエストニア政府に向けてi-MiEVを507台納入したという実績も持つ。

 個人的には、警察車両というと2017年3月のニューヨークショーで日産が発表した(「架空の警察署に納入」というシナリオで1台かぎりのコンセプトモデル)現行GT-Rのパトカー仕様「Copzilla」が、なかなかハチャメチャでよい。そんな感じの日産とあんな感じの三菱が資本提携関係になったというのだから、警察車両納入方針がどうなるか、今後が楽しみでもあります。

日産GT-Rのパトカー(コンセプトモデル)。さすがにやりすぎな感じもするが、追いかけられたい気もする

■【車ニュースプラス②】2017年度ミスフェアレディ新体制発表

 2017年5月26日、日産グローバル本社ギャラリー(横浜)で勤務する「日産ミスフェアレディ」に、2017年4月入社の新人8名を加えた総勢22名となる新体制を発表しました。

 自動車メーカーのコンパニオンといえば、モデル業界の頂点に君臨するブランド。そのなかでも「日産ミスフェアレディ」といえば仕事内容、契約期間(つまり安定性と収入)ともにトップブランドとなります。

 そんなミスフェアレディは、横浜にある日産本社ギャラリーで毎日車両解説やイベント案内をしているので、横浜観光のついでにぜひ立ち寄ってみるのが吉です。

 もちろん各種ショーの日産ブースにも登壇するので、今秋開催の東京モーターショーでも活躍予定。

■【車ニュースプラス③】トヨタが「東京おもちゃショー(6/1〜6/4)」ブース概要を発表

 トヨタ自動車は、東京ビッグサイトで2017年6月1日(木)〜4日(日)に開催される「東京おもちゃショー」にて、車が楽しめるブースを出店することを発表。

 今回は子供がクルマのハンドル、アクセル、ブレーキの操作を学び、ブースにあるコースを実際にクルマで走行し、免許証を取得するまでを疑似体験できる自動車学校「Camatte School」を開催するとのこと。

 このような、子供が実際にクルマの運転を体験できるブース出展は、今回が初めて。

 今回、コンセプトムービーも発表されたので、ぜひ参照されたし。ちょっと不思議な雰囲気のムービーで、なぜか何回も見てしまいます。

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ