新型タフトに搭載されるけど…大面積ガラスルーフ車の功罪と残念なクルマたち


 スズキハスラーの対抗馬として、2020年6月に登場する予定となっているダイハツ「タフト」は通常サイズのサンルーフに加え、リアシート頭上までガラスとなる大型ガラスルーフも設定されることがちょっとした話題になっている。

 確かに軽自動車のサンルーフ、大型ガラスルーフというとクルマに詳しいと思っている筆者でも、一時期軽1BOXワゴンで目立ったくらいしか記憶になく、強いインパクトがあるのもよくわかる。

2020年6月デビュー予定のダイハツ「タフト」。開放感のある「スカイフィールトップ(サンシェード付)」を標準装備して登場する。開閉はできないが、ドライブをより楽しいものにしてくれるだろう

 大型ガラスルーフは、ここ15年ほどで主にミニバンやSUVで珍しいものではなくなっている。しかし「大型ガラスルーフが販売の大きな後押しになった」ということもなく、当記事では大型ガラスルーフの功罪を考察し、「大型ガラスルーフがあったけど、販売面で成功しなかったクルマ」を振り返ってみる。

文/永田恵一
写真/DAIHATSU、TOYOTA、NISSAN、SUBARU

【画像ギャラリー】根強いファンがいるサンルーフ装着車だが販売は伸びなかった残念だったクルマたち


■そもそも大型ガラスルーフってどんなもの?

 タフトの写真のとおり、ルーフに巨大なガラスが着き、車内側にはシェードがあり光を遮ることもできるというもの。

 ガラスが巨大なだけに後述する功罪に加え、あまり見ない前後分割タイプでない限りは大型ガラスルーフのガラス部分が可動、開閉することはほとんどない。

トヨタ「RAV4」のパノラマムーンルーフは、チルト&電動スライドする

 そのため大型ガラスルーフは通常のサンルーフを着ける目的となるチルトアップを含めた換気(昔は車内でタバコを吸う際に有効で、現在は喫煙者が減っていることもありこの目的で使うケースは減っているが、新型コロナウイルス防止のための換気にも使える)や、ルーフを開ける目的には使えない場合がほとんどとなる点を覚えておきたい。

■大型ガラスルーフの功罪

 大型ガラスルーフはオプション料金を含め高価なのは当然であり、ボディ剛性や強度、横転の際などの安全性に関しては自動車メーカーを信じてスチールルーフと同等レベルを確保しているという前提で大型ガラスルーフの功罪を考えてみると

●功
[1]インテリカラーによるところもあるが、特に黒系のインテリカラーの場合にはシェードを開けると、車内が開放感ある雰囲気になるのは大きな魅力だ。

[2]シェードを開けると車内が明るくなるということは部屋のカーテンを開けたときのように、冬場でも天気がいいとヒーターなしでも過ごせるくらい快適なこともある。そのため[1]と[2]が揃うと家の縁側で日向ごっこをしているような気持ちよさが楽しめる。

[3]当然ながらシェードを開けるとガラス部分から星空や月、桜や紅葉が車内にいながら見えムーディななかで過ごせる。

タフトのスカイフィールルーフで星空を見るとこんな感じに! シートを倒してみれば、首も痛くないし快適に天体観測が可能だ

[4]通常のサンルーフのサンルーフもそうだが、大型ガラスルーフもガラス部分は着色ガラスとなるため外から引き締って見える、高そうに見えるといったルックス上のメリット。通常のサンルーフではルックス面のために装着するという人も意外にいるくらいだ。

[5]大型ガラスルーフはおおよそ10万円から15万円と安くはないが、処分するときの査定額では非装着に対しメーカー系のエアロパーツなどのように相当の可能性で上乗せが期待できる装備だ。この点を考慮すると、欲しいなら装着を勧めたい代表的な装備といえる感もある。

●罪
[1]通常のサンルーフ以上に大型ガラスルーフはルーフというクルマの一番上が20kgから30kgの重量増となるだけに、コーナーで「頭の重さを感じる」、重量増に対するサスペンションなどの対応によっては乗り心地に不快な硬さを感じるようになることがある、大きなものではないにせよ動力性能と燃費の低下など、走行性能は悪化する方向にある。

 しかし大型ガラスルーフと意味合いは違うのだが、先代プリウスのサンルーフ+ソーラーパネル付のように重量増に対するサスペンションの対応がうまく決まっているクルマだと、乗り心地が悪いことで有名なマイナーチェンジ前の先代プリウスの標準モデルでも乗り心地がクルマにこだわりのある人でも納得できるレベルになるということもあるので、クルマによる違いも大きい。

[2]大型ガラスルーフのガラス部分は動かないとしても、電動シェードという可動部分やガラス部分のシーリングなど、長期的な耐久性、信頼性でスチールルーフに対しプラスになることはないだろう。

[3]パドルシフトや走行モード切替のようにサンルーフや大型ガラスルーフも初めは珍しさもあり面白がって使うけど、自分のものにしてしばらくすると使わなくなる、存在自体を忘れているということも少なくない。

次ページは : ■大型ガラスルーフがあったけど、残念だったクルマ

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ