GRヤリス いきなり約6000台受注!! やっぱりあったぞ競技ベース車&CVT新設定!!


 1月の東京オートサロン2020で1.6L+4WDのRZ系ファーストエディションが発表され、その先行予約が2020年6月30日(火)までとなっているGRヤリスにおいて、9月頃の発売が予定されるカタログモデルのラインナップが発表された。

 同時にファーストエディションに関し、若干ながら明らかになったところもあり、この2つをRZハイパフォーマンスのファーストエディションを発表当日に予約した筆者が解説していく。

文:永田恵一/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】現代のリトルモンスターのGRヤリスのカッコいい姿をじっくり堪能!!


2020年9月からカタログモデルの販売を開始

GRヤリスはWRCの次期マシンのベースとして専用開発されたラリーコンペティションで、日欧で高い人気を誇っている

 まず、GRヤリスってどんなクルマ? という人のために、GRヤリスについて簡単に説明しておく。

 GRヤリスは、トヨタが次期WRCマシンのベースとして選んだクルマで、ヤリスをベースに専用開発されたクルマで、GRという名前のとおり、Gazoo Racingが手掛けていて、GRファクトリーで生産される。

 全長3995×全幅1805×全高1460mmというショート&ワイドのボディで、前後のグラマラスなフェンダーが特徴的。

 このコンパクトなボディに、272ps/37.7kgmの1.6L、直3DOHCターボを搭載。駆動方式はWRC技術がフィードバックされた4WDとなっている。

 このGRヤリスの発表を記念したファーストエディションが2020年6月30日までの受け付けで、その後9月頃からカタログモデルの販売を開始することが発表された。

 そのラインナップは、1.6Lターボ+4WD、競技ベースグレード、1.5L、NA+CVTのRSという3種類となる。それでは具体的にそれぞれについて見ていこう。

カタログモデルの価格は未発表

1.6Lターボ+4WD系

ファーストエディション同様に1.6Lの4WDターボ系は、RZとRZハイパフォーマンスというグレードが設定される(価格は未発表)

 まず1.6Lターボ+4WDのRZ系が標準と、鍛造BBS社製ホイール+18インチミシュランのパイロットスポーツ4S、前後トルセンLSD、インタークーラーウォータースプレー、プレミアムスポーツシートなど加わるハイパフォーマンスとなる点はカタログモデルも変わらない。

 1.6Lターボ+4WDのパワートレーンを持つGRヤリスで今回明らかになったのは、その存在が公然の秘密となっていた競技ベースグレードである。

 現行86の初期モデルに設定されていたベースグレードと同じRCと命名された競技ベースグレードは、標準のRZから走りに必要なもの以外を極力排除し、軽量化とカスタマイズのしやすさを持つグレードと考えて間違いないだろう。

東京オートサロン2020には競技ベースグレードも展示されていた。装備が簡素化され、ノーマルより30kgの軽量化されて1250kg

 具体的にはディスプレイオーディオ(モニター)レスとなる点、タイヤサイズがRZ系の225/40R18に対し205/45R17となること(17インチとなると86RCのようにスチールホイールなのかというのも、妙な意味で興味深い)が公表されており、車重はRZ系の1280kgに対し30kg軽い1250kgと発表された。

 このほか軽量化のため省かれる装備としてはエアコン(OP設定で用意される可能性もある)、スピーカー、86RCと同様の遮音のためにフロアカーペット下に敷き詰められるアスファルトシート、エンジンカバー、改造を前提としたシートの簡易化、ブレーキの変更、LEDヘッドライトからハロゲンヘッドライトへの変更などが予想される。

 競技参戦や大幅なカスタマイズのベースとしてGRヤリスを買うならRCで決まりなのは当然で、86RCのように前後パンパーが塗装されない素地の黒いものになるのかも興味を覚える。

 なおRCの価格は330万円から350万円といったところだろうか。

次ページは : 1.5L、NA+CVTのRS

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ