梅雨時期でも気温は30度に! 子供や高齢者は要注意! 車内での熱中症危険度が急上昇

 本州は梅雨真っ只中となっているが(2020年7月2週目の九州地方豪雨の被害に遭われた方にはお見舞いを申し上げます)、7月中旬になり梅雨が明けるとやってくるのが夏本番である。

 2020年は梅雨入り前でも30度を超える真夏日が何度かあり、夏本番には猛暑が予想されているが、夏場クルマに乗っていて気をつけなければならないのが駐車中の温度上昇だ。

 当記事では晴天時の車内の温度上昇の恐ろしさと、それに伴い注意すべき点を改めて紹介していく。

文/永田恵一
写真/Adobe Stock(tiagozr@Adobe Stock)、編集部

【画像ギャラリー】気温30度以上の真夏日に 高温の車内がいかに危険か!! 実験結果から知ろう!


■晴天で快適な気温での駐車中、車内の温度はどうなる?

 JAFでは外気温が23度から24度という人間が快適に過ごせる晴天の中での車内の温度上昇を、2019年5月に関東地方で計測し公表している。

 このテストでは軽スーパーハイトワゴンとミドルSUVを使っており、結果は25度でテストを開始した車内温度が、軽スーパーハイトワゴンが60分後に37.5度、100分後から120分後にはピークとなる39.9度、ミドルSUVは60分後に43.5度、軽スーパーハイトワゴンと同様に100分後から120分後には46.5度まで上昇。夏場でなくとも晴天だと、駐車中は十分危険な領域まで車内の温度が上昇することがわかる。

 また、このテストでは車内で特に温度が上がる代表的な部分であるダッシュボードにスマートフォンとタブレットを置いたところ、端末の温度上昇により約30分で一部の機能以外使用できなくなったという。

■真夏の車内温度上昇は?

 5月の過ごしやすい気候でも駐車中はこれだけ車内の温度は上昇するのだから、夏場の晴天時における車内の気温上昇は恐ろしい。JAFでは2012年8月の晴天だったある日の12時から16時まで、ミドルハイトミニバンを使って車内の温度上昇を計測したデータがある。

 そのなかから黒いボディカラーのミドルハイトミニバンの結果を紹介すると、25度でスタートした車内の温度は30分後に45度、60分後に52度前後、90分後に55度前後、120分を過ぎたあたりからはピークとなる57度が180分後まで続いた。これでは強烈な直射日光も伴いながら上限の温度のスチームサウナに居るようなものである。

なお、ダッシュボードの温度はピークで79度まで上昇したという。

 またベストカー本誌では晴天だった真夏のある日に2時間駐車し、車内が70度まで温度上昇したクルマのダッシュボード(86.7度!)にバナナ、ガム、とろけるチーズ、コーラのペットボトルという食品類と、実用品から電卓とCDを放置するというテストを行ったことがある。

 結果はコーラのペットボトルが1時間後に破裂寸前、2時間後にバナナは真っ黒に変色、とろけるチーズはトースターで焼いたかのようにカリッとしたような見た目になり、ガムはベトベトにはなったが、溶けることはなく形はほぼそのままを維持していた。

 実用品はというと、電卓は液晶パネルが壊れるだけでなく、本体そのものがグニャリと大きく変形、CDは見た目もデータも変化はなかった。

86.7度のダッシュボードの上に置いたビフォーアフターがこちら。バナナは高温と紫外線で真っ黒に。卵も
開栓前のコーラは破裂寸前まで膨張。ペットボトルの首の部分も、熱で変形しているのがわかる。この時の液体の温度は、50度近くまで上昇している

 同時にダッシュボードに生卵と水を入れたビーカーに生卵を入れ、それぞれ2時間放置したところ、前者はゆで卵に、後者は水が62度に上昇し温泉卵になっていた。

 トドメにこのテストではテスト車が黒いボディカラーだったこともあり、ボンネットに割った卵を置き放置してみると、2時間後にはほぼ目玉焼きに調理されていた。

 数値はもちろん、実物の変化を見ても真夏の車内の温度上昇は恐ろしい。

約80度のボンネットに2時間置いた卵。卵黄は65~70度前後で固まるため、卵白よりの顕著に違いがわかる。卵白も写真上部が固まっている。人間も同じたんぱく質なので、高温下に置かれれば命の危険がある

■夏場の駐車中は何に注意すべき?

 晴天だと過ごしやすい時期でも車内の温度は危険な領域まで上がるのを踏まえると、まず厳禁なのがやはり子供に代表される人や動物をそのままにすることだ。

 夏場の車内の温度上昇が恐ろしいのに加えて、JAFでは真夏の車内の温度上昇を計測した際に熱中症指数と呼ばれる気温、湿度、輻射熱を取り入れた総合的な暑さの指数も計測している。結果はエアコンで20度まで冷やした車内が、エンジンを止めて駐車するとたった10分で厳重警戒レベル、15分後には危険レベルまで上昇。

 これで車内に放置されたら人(特に体温調節機能が未発達な子供や加齢で低下している高齢者)も動物もたまったものではない。そこで絶えないのが「すぐだから」、「よく寝ているから」などと、「エアコンを着けたままなら大丈夫」と子供をそのままにクルマを離れる行為だ。

赤ちゃんや高齢者は体温調節機能が低い。一般の成人が大丈夫なことが、命にかかわることもある。起こすのがかわいそうだからや、少しだから大丈夫だろう…という考えは捨ててもらいたい

 これは車内にいるのが子供だけに何かの拍子にエアコンやエンジンを切ってしまったということはいくらでもあり得るだけに、車内への子供を含めた人と動物の放置だけは絶対にやめていただきたい。

 同時に温度上昇した車内では爆発する恐れがあるライターやスプレー類はもちろん、カーナビ代わりに使うことも多々あるスマートフォンやタブレットに代表されるデジタル機器など、危険があるものや大事なものは車内に置かないようにしたい。

 夏場は人もクルマも辛い季節だけに、整備などの準備も万全にして乗り切りたい。

86.7度のダッシュボードに2時間置いた電卓の姿がこちらだ。ただ置いているだけで、これほどのダメージを受けるのがよくわかるだろう。高温下での置き忘れは、くれぐれもご注意いただきたい

【画像ギャラリー】気温30度以上の真夏日に 高温の車内がいかに危険か!! 実験結果から知ろう!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ