恐るべき価格破壊力で注目! 激安アジアタイヤを買ってはダメなのか


アジアンタイヤは決してダメではない

 自動車メーカーのOEMタイヤとして認証されるということは、タイヤメーカーにとってものすごく高いハードルをクリアしなくてはいけないのです。

 だからこそ誰にでもオススメできる信頼性があるという判断の基準になり得る、と私は考えています。

アジアンタイヤの性能は進化しているが、日米欧の自動車メーカーにOEM採用されるまでは積極的に勧められないというのが実情だ

 ただし、広く一般にはお薦めはしませんが、ダメだとも思っていません。

 もちろんタイヤメーカーは玉石混合で十把ひとからげに判断できるものではありません。

 それこそ個別に、そしてタイヤブランドごとに、それを使うユーザーが、リスクを承知のうえで選ぶぶんには、何ら異論をはさむものではありません。

 それこそドリフト用タイヤで有名なタイヤメーカーもありますし、サーキットで走ってもいいタイムで走ることができるスポーツタイヤもあります。

 以前ポルシェ911用の格安タイヤを1セット4万円で友人が購入したことがあります。高速道路を走ると笑っちゃうくらい真っ直ぐ走らず、ずっとと修正舵を当てながら走っていました(大げさでなく)。

 でも、ジムカーナ場でドリフトコントロールの練習をすると、これが抜群にやりやすい。しかも摩耗がめちゃ少なくて、一日練習していた、なんてことがありました。

タイヤは走行性能、快適性、燃費に影響するだけでなく安全性にも直結。激安を理由に選ぶとリスクがあるのを理解したうえで購入するのはあり

 もっとも練習した1日は、タイヤのトレッド剥離やリム落ち、バーストなどに終始注意を払っていたのは言うまでもありません。

 ある目的のドライバーにはとてもいい性能を持ったタイヤですが、ほかの人に勧められるかといったら、危なくてオススメなんてできませんよね。

 つまりそういった諸々のリスクがあることを、激安タイヤを購入するときには理解しておくことが大切なのだろうと思います。

【画像ギャラリー】安全に直結するので先延ばし厳禁!! タイヤ交換時期は見た目、走行距離&使用期間、走行フィールをトータルチェックして判断