ヤリスクロス先行予約開始!! ほか 国内メーカーの最新動向総チェック!!!


 月に200店ものディーラーを周り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、1.5Lを設定したマツダ CX-3の好調ぶりから。ほか、ヤリスクロス登場、ランクルプラドマイナーチェンジ、ヴォクシー・ノア存続、ノートオーダーストップ、インプレッサG4廃止? などなど、気になるニュース盛りだくさんでお届け!

【画像ギャラリー】ランクルプラドのラインナップをはじめ、話題にのぼったクルマたちの画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです
文:遠藤 徹/写真:TOYOTA、MAZDA、SUBARU、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月26日号


■マツダ CX-3が1.5Lガソリン車設定で販売急回復

 マツダが5月18日、CX-3に1.5Lガソリン車を設定したことで、同シリーズの販売が急速な回復傾向にあります。6月の登録実績は1145台で前年同月比50.7%増という大幅な伸びとなっているのです。

CX-3は5月18日に、2Lガソリン車より60万円前後も価格が安い1.5Lガソリン車を追加。これによって6月の売れゆきが大幅にアップした。めでたい!

 1.5Lガソリン車は2L車に比べ、59万4000~66万6600円も安く、エンジンの排気量が異なるだけだから、「こちらで充分」という街乗りを重視するユーザーが買い求めているようです。

 CX-3はCX-30の登場でモデル廃止も取り沙汰されていましたが、最近見直されて次期型の開発プロジェクトも動き出しているようです。

■トヨタ 8月1日、ヤリスクロスの先行予約を開始

 トヨタは8月1日、9月初旬発表・発売と目されている新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の先行予約を開始しました。

 新型ヤリスのプラットフォームを使った本格的なコンパクトSUVで現行ライズとC-HRとの中間の位置付けとなります。価格は200万~250万円で、ホンダヴェゼル1.5L車が対抗モデルとなる見込みです。

 パワーユニットは1.5L NAガソリンと1.5Lハイブリッドを搭載します。グレード構成はヤリスと同じX、G、Zの3タイプに、FF、4WD、CVTの組み合わせとなります。

4月に世界初公開された新型SUVのヤリスクロスは8月1日に先行予約を開始、8月31日発売になる予定。1.5LのNAとハイブリッドが用意される

 最上級グレードのZは18インチアルミホイール、LEDヘッドランプ、運転席パワーシート、本革シート、本革巻きステアリングなどが標準装備となり、GとXは16インチスチールホイール、ハロゲンヘッドランプの標準装備となる違いがあります。

 販売台数はシリーズ全体で月販5000台以上を目指す見込みです。

次ページは : ■トヨタ、RAV4 PHVは生産が追い付かずオーダーストップ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ