同じクルマでも印象はガラリと変わる!! 複数の顔を持つ現行日本車5選


ダイハツコペン(4タイプ)

 ダイハツコペンはまずローブがデビューし、その後エクスプレイ、セロと続き、そして2019年にGRスポーツが加わったことで合計4つのフロントマスクが存在する。

 こんな芸当ができるのは、ダイハツが独自に開発した骨格構造のDフレームに脱着構造のDフォーメーションの組み合わせがあるからこそ。

GRスポーツが追加されたことで合計4つの顔をラインナップするコペン。左からセロ、ローブ、GRスポーツ、エクスプレイとなる

 各社の特徴はローブを標準タイプとすると、エクスプレイはそれにブラックアウトされたパーツを組み合わせることで遊び心を演出している。

 セロは初代コペンをモチーフとした丸目ヘッドランプ(リアコンビも丸灯)を採用した少しレトロチックなムードを醸し出している。

 そして最新のGRは大きな開口部のフロントグリルにより迫力が与えられている。

 4つのタイプの顔では、ヘッドランプが唯一違うセロにスペシャル感はあるが、セロとローブでは着せ替えも可能になっている。

DフレームとDフォーメーションを組み合わせることでセロとローブは着せ替えが可能になっているのもコペンの特徴だ

番外編/トヨタハリアー

 今のクルマはLEDヘッドランプが当たり前になっている。ヘッドランプは人間で言えば目に当たるため、形状が同じでも内部構造などが違うとフロントマスクの印象が違う。

 ハロゲンとLEDでは同じヘッドランプ形状でも印象は大きく違う。しかし、LED同士でも違うのだ。

 その典型例が新型ハリアーなのだ。新型ハリアーのグレードは下からS、G、Zと3つあり、GとZにはそれぞれレザーパッケージが設定されている。

 全グレードともLEDヘッドランプが標準装備されるが、Sは3灯式LEDヘッドランプ、それに対しG、Z(レザーパッケージ含む)はプロジェクター式LEDヘッドランプとなり、これによって顔の印象は大きく変わってくる。

 これはレクサス車などにも言えることで、LEDの機能、タイプにより顔が変わるのはいかにも今風といった感じだ。

G系、Z系グレードはプロジェクター式LEDヘッドランプが標準装着される。キリリとした表情を演出している
最廉価グレードのSは唯一3灯式LEDヘッドランプが標準となる。3灯式になることで顔が優しい感じになる!?

【画像ギャラリー】どっちにするか悩む!! 複数ある顔をジックリと見比べてみる!! 

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ