楽しい! 気持ちいい!! 競技にも使える!!! 日本の1L個性派ボーイズレーサー5選

ダイハツシャレード(2代目)

販売期間:1983~1987年

 1980年代はターボがもてはやされる時代だった。日本の税制は排気量によって区分されているから、排気量を変えることなく簡単にパワーとトルクを増やせるターボはエンジニアにとって魅力だったのである。

 2代目シャレードは1983年1月に登場する。ストレート基調のボクシーなフォルムとなり、背も高くしたのでキャビンは広く快適だった。

ダイハツが2代目シャレードに搭載した993ccの直3ディーゼルは50ps/9.3kgmをマーク。ディーゼルとしては世界最小排気量となる
ダイハツが2代目シャレードに搭載した993ccの直3ディーゼルは50ps/9.3kgmをマーク。ディーゼルとしては世界最小排気量となる

 注目のパワーユニットは2機種を設定する。ひとつは3気筒のガソリンエンジンだ。もうひとつは「Rock’nディーゼル」のキャッチフレーズで登場した世界最小のディーゼルである。

 排気量993ccの3気筒ディーゼルで、弱点だった振動を打ち消すためにバランサーシャフトを組み込んだ。1984年夏にはディーゼルターボを投入し、さらに魅力を増した。ガソリンエンジンを凌ぐ50ps/9.3kgmのスペックで、低回転から力強いトルクを発生。

 また、ガソリンターボも設定し、そのフラッグシップはイタリア製の名門パーツを組み込んだデ・トマソだ。それだけではない。ラリーベース車両として排気量を926ccに下げた926ターボも200台を限定発売している。パンチの効いた走りはラリー界でも評判となった。

デ・トマソ社とコラボして生まれた日伊合作車で、赤/黒がイメージカラー。ゴールドのカンパニョロ製マグネシウムホイールを装着
デ・トマソ社とコラボして生まれた日伊合作車で、赤/黒がイメージカラー。ゴールドのカンパニョロ製マグネシウムホイールを装着
全日本ラリーで勝つために926ccに排気量ダウンしたのが926ターボで、この手法はストーリアX4にも受け継がれた
全日本ラリーで勝つために926ccに排気量ダウンしたのが926ターボで、この手法はストーリアX4にも受け継がれた

日産マーチスーパーターボ(初代)

販売期間:1989~1991年(マーチRは1988年デビュー)

 1981年10月に開催された東京モーターショーに「NX-018」の名で参考出品され、1982年10月に発売されたのがK10の型式を持つ初代マーチだ。

 エントリーユーザー向けのリッターカーだが、シルエットフォーミュラ風のマーチをCMに使うなど、スポーティさを前面に押し出している。

競技用のラリーベース車として1988年に登場したマーチR。全日本ラリーのトップドライバーの多くがチョイするほどの人気となった
競技用のラリーベース車として1988年に登場したマーチR。全日本ラリーのトップドライバーの多くがチョイするほどの人気となった

 エンジンはMA10型の型式で呼ばれる987ccの直列4気筒OHCだ。燃費スペシャルも用意されるなど、最初は実用性と経済性の高さを売りにしていた。

 が、1985年2月のマイナーチェンジの時に3ドアモデルにターボ車を設定した。応答レスポンスに優れた小型ターボに加え、電子制御燃料噴射装置を採用し、85ps/12.0kgmを達成している。

 そして1988年8月にラリーベース車両の「マーチR」を発売した。ボアを2mm詰めて排気量を930ccとしたMA09ER型エンジンに組み合わせるのは、ターボとスーパーチャージャーだ。

 時代に先駆けたダブルチャージシステムで、低回転域の瞬発力が不足する弱点をスーパーチャージャーによってカバーした。

3本スポークステアリングとセンターコンソールの3連メーターがスポーティなマーチRのインテリア。街乗りの快適性は二の次で、パワステは非装着
3本スポークステアリングとセンターコンソールの3連メーターがスポーティなマーチRのインテリア。街乗りの快適性は二の次で、パワステは非装着

 最高出力は110ps/6400rpm、最大トルクは13.3kgmを発生し、痛快な加速を披露する。トランスミッションはクロスレシオの5速MTが用意された。ビスカスLSDも標準装備されていたから身のこなしは軽やかだ。

 ただし、パワーステアリングは省かれている。これに続いて1989年1月には快適性を高めたマーチスーパーターボを送り出した。こちらには5速MTに加え、3速ATが用意されている。

 クラスを超えたダイナミックな走りを見せ、運転するのも面白かった。ラリーでもサーキットでも俊敏な走りを見せている。だが、メカニズムは複雑になり、フロントも重くなったから走りは荒削りだった。

 また、生産コストもかさんだため、この革新的なメカを積んだボーイズレーサーは1代限りで姿を消している。

マーチRのストリートバージョンがスーパーターボでフォグランプを埋め込んだフロントマスクでほかのモデルと差別化。5MTだけでなく3ATも設定
マーチRのストリートバージョンがスーパーターボでフォグランプを埋め込んだフロントマスクでほかのモデルと差別化。5MTだけでなく3ATも設定

次ページは : スバルジャスティ(初代)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!