ひっそり消滅は惜しい!! “北米版レジェンド“アキュラRLXの絶版が決定

 ホンダが北米中心に展開する高級車ブランド「アキュラ」のフラッグシップシップセダン「RLX」が、2020年モデルを最後に廃止することが決定。

 RLXは北米版のレジェンドともいえるモデルで共通する部分は多い。アキュラの看板ともいえる最上級車はなぜ消えなくてはならないのか。

 そして、姉妹車でもある「ホンダ・レジェンド」の運命は如何に!?

文:大音安弘/写真:ACURA

【画像ギャラリー】アキュラ誕生から屋台骨を支え続けたRLXの最終モデルを写真で見る


■アキュラと共に生きた高級車

30年以上の長きにわたって北米の大地を走り続けてきたRLX。アキュラの立役者としての役目を終え、まさに「伝説」として走り去ろうとしている

 日本車メーカー初の現地工場の設立など、米国で積極的な展開を図ってきたホンダは、1984年2月、米国を席巻する欧州高級車と対抗すべく、新しいラグジュアリー&パフォーマンス部門の設立を決定。それが後の「アキュラ」である。

 1986年3月27日、日本車初となる高級車ブランドとして販売を開始。最初のラインナップは、インテグラとレジェンドの2台が選ばれた。

 1987年春に投入されたレジェンドクーペは、モータートレンド誌のインポートカーオブザイヤーを受賞。インテグラも次点に選出されるなど、新規参入ながら、アキュラは高い人気を誇った。

 それは数字にも表れており、レジェンドが1988年から6年連続で米国最多販売の高級輸入車となっている。まさにアキュラの立役者だったのだ。

 1996年2月のフルモデルチェンジで、3代目となるレジェンドの名称を「RX」に変更。2004年11月には、SH-AWDを採用した2代目RX(4代目レジェンド)へと進化。

■アキュラRLXとレジェンドの違いは?

レジェンドからRX、そして2013年にはRLX(写真)と名称を変更。名前は変わってもアキュラのフラッグシップセダンとしての大役を担い続けてきた

 そして、2013年3月には、名称をRLXへと変更した新型車を投入。これが日本では、2014年10月に発表された現行型の5代目レジェンドであった。このように、名称は変化したものの、レジェンドのアキュラ仕様として、フラッグシップセダンの大役を担ってきた。

 RLXとレジェンドは同じ高級車とあって、基本的には共通だ。ただ日本では、3モーターハイブリッド+4WD機構の「スポーツハイブリッドSH-AWD」のみであるのに対して、高級セダンのニーズが高い米国では、3.5L・V6エンジンのFFモデルも用意。

 もちろん、単なるFF仕様でないのが、アキュラらしいところで、P-AWS(Precision All-Wheel Steer)と呼ぶ4WS機構を与えることで、コーナリング性能や走行安定性など走りにも磨きをかけている。

 また、最新仕様では、オートマチックトランスミッションを6速から10速へとバージョンアップさせるなど、単なる廉価仕様ではない拘りを見せた。

■2020年モデルでアキュラRLXはラストモデルに

2020年5月、RLXが2020年モデルを持って廃止することが発表された。アキュラの歴史を支え続けたRLXだが、販売台数減少という厳しい現実を突きつけられた

 長年、アキュラの歴史を支えてきたRLXだが、厳しい現実を突き付けられたのは2020年5月のこと。アキュラは、RLXが2020年モデルを持って廃止することを公表。イヤーモデルの切り替えは、秋頃となるため、RLXの販売はラストセール中となっている。

 米国ホンダによる最新情報によると、RLXの7月の販売台数は134台。2019年8月~2020年7月の累計販売台数は、前年比マイナス25%となる536台に過ぎない。かつてのベストセラーにとってあまりにも厳しい現実だ。

 現在、米国でのアキュラの販売は、6万9066台(※)。コロナ禍の影響もあり、前年比20%ダウンとなっている。その主力となるのがSUVで、全体の約7割を占める。

 一方セダンでは、ミッドサイズの「TLX」がダントツの人気となっており、モデル末期にも関わらず、1万1300台(※)を販売している。これらの成績を比べると、リストラも止む無しというのが現実なのだ。

※2019年8月~2020年7月の累計販売台数

■アキュラRLXの消滅は「もったいない」

シャープな身のこなしでコーナーを駆け抜けていく軽快な走りは、RLXが生粋のスポーツセダンであることを教えてくれる

 ただ、販売台数だけで、アキュラRLXを駄作と決めつけることには早計ではないだろうか。

 仕様こそ異なるが、フラッグシップスポーツ「NSX」と共通の「スポーツハイブリッドSH-AWD」が生むレジェンドのコーナリング性能は、国産セダンの中でも特に秀でている。

 穏やかな道では、安定性に優れるハイパワーセダンだが、交差点、もしくはコーナーひとつで体感できる「オン・ザ・レール」感覚のシャープな身のこなしは、レジェンドが生粋のスポーツセダンであることを教えてくれる。

 広いキャビンや豪華な装備などのVIP送迎車としての素質を備えながらも、ワインディングに連れ出しても楽しめる、珍しい国産ラグジュアリーセダンに仕上げられているのは、実にホンダらしい。

 それゆえ、個人的にはアキュラの新世代デザインとなった派手な後期型マスクよりも、大人びた佇まいの前期マスクの方が、走りと見た目のギャップがあり、好ましかったのだが……。

■レジェンドの今後はどうなる?

北米版レジェンドRLXが廃止となるとホンダ レジェンドへの影響も必至だ。このまま背を向け思い出の中へと走り去ってしまうのか?

 ホンダファンを中心に気になるのは、レジェンドの先行きだろう。

 ホンダ広報部によれば、レジェンドについては、今後も継続販売されるとのこと。

 レジェンドとRLXは、日本の佐山製作所で生産されてきた。台数が限定されるうえ、日本からの輸出ということも、RLXのリストラを決断させたのだろう。

2018年に内外装デザインを一新するマイナーチェンジを受けたホンダ レジェンド。次は大規模モデルチェンジか、マイナーチェンジか、それとも……

 100年に1度の変革を迫られる自動車業界にあって、資源の選択と集中は急務となっている。メイン市場となる米国だが、アキュラの現状は、かつての栄光と程遠いのも事実であり、人気のSUVに注力していく方針だ。

 ただ、日本では、アコードも輸入車となり、上級セダンが限定されているので、今後もレジェンドがフラッグシップセダンの座を守っていくと見られる。

 今のままでは日本での存続が厳しいのも確か。だからこそ、よりレジェンドの個性が光る、新たな仕様の登場にも期待したい。

【画像ギャラリー】アキュラ誕生から屋台骨を支え続けたRLXの最終モデルを写真で見る

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ