ひっそり消滅は惜しい!! “北米版レジェンド“アキュラRLXの絶版が決定


 ホンダが北米中心に展開する高級車ブランド「アキュラ」のフラッグシップシップセダン「RLX」が、2020年モデルを最後に廃止することが決定。

 RLXは北米版のレジェンドともいえるモデルで共通する部分は多い。アキュラの看板ともいえる最上級車はなぜ消えなくてはならないのか。

 そして、姉妹車でもある「ホンダ・レジェンド」の運命は如何に!?

文:大音安弘/写真:ACURA

【画像ギャラリー】アキュラ誕生から屋台骨を支え続けたRLXの最終モデルを写真で見る


■アキュラと共に生きた高級車

30年以上の長きにわたって北米の大地を走り続けてきたRLX。アキュラの立役者としての役目を終え、まさに「伝説」として走り去ろうとしている

 日本車メーカー初の現地工場の設立など、米国で積極的な展開を図ってきたホンダは、1984年2月、米国を席巻する欧州高級車と対抗すべく、新しいラグジュアリー&パフォーマンス部門の設立を決定。それが後の「アキュラ」である。

 1986年3月27日、日本車初となる高級車ブランドとして販売を開始。最初のラインナップは、インテグラとレジェンドの2台が選ばれた。

 1987年春に投入されたレジェンドクーペは、モータートレンド誌のインポートカーオブザイヤーを受賞。インテグラも次点に選出されるなど、新規参入ながら、アキュラは高い人気を誇った。

 それは数字にも表れており、レジェンドが1988年から6年連続で米国最多販売の高級輸入車となっている。まさにアキュラの立役者だったのだ。

 1996年2月のフルモデルチェンジで、3代目となるレジェンドの名称を「RX」に変更。2004年11月には、SH-AWDを採用した2代目RX(4代目レジェンド)へと進化。

■アキュラRLXとレジェンドの違いは?

レジェンドからRX、そして2013年にはRLX(写真)と名称を変更。名前は変わってもアキュラのフラッグシップセダンとしての大役を担い続けてきた

 そして、2013年3月には、名称をRLXへと変更した新型車を投入。これが日本では、2014年10月に発表された現行型の5代目レジェンドであった。このように、名称は変化したものの、レジェンドのアキュラ仕様として、フラッグシップセダンの大役を担ってきた。

 RLXとレジェンドは同じ高級車とあって、基本的には共通だ。ただ日本では、3モーターハイブリッド+4WD機構の「スポーツハイブリッドSH-AWD」のみであるのに対して、高級セダンのニーズが高い米国では、3.5L・V6エンジンのFFモデルも用意。

 もちろん、単なるFF仕様でないのが、アキュラらしいところで、P-AWS(Precision All-Wheel Steer)と呼ぶ4WS機構を与えることで、コーナリング性能や走行安定性など走りにも磨きをかけている。

 また、最新仕様では、オートマチックトランスミッションを6速から10速へとバージョンアップさせるなど、単なる廉価仕様ではない拘りを見せた。

次ページは : ■2020年モデルでアキュラRLXはラストモデルに

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ