【妄想メーカー栄枯盛衰史】もし「あの時」の経営判断が違っていたら

 日産と三菱、トヨタとマツダと、自動車メーカー同士の提携ニュースは大きな話題となるし、そこに至る経営判断や商品戦略の変更は日本経済を揺るがす大きな決定となり、またクルマ好きにとっても大いに気になるところ。

 そしてこれまで日本自動車界だけを見ても、大きな資本提携や経営判断による商品戦略の大きな変更は多々ありました。

 ここでは「もしもあの提携話が実現していたら……」、「もしもあの時に撤退などの経営判断を下してなかったら……」という、「たられば」妄想ストーリーをお届けします。

 はたしてどんなクルマが誕生していたか? おなじみの片岡英明氏に提案、監修していただき、お届けします。こういう妄想話ってクルマ好きの醍醐味ですよね〜。

企画監修、文:片岡英明、ベストカー編集部
2016年12月10日号「自動車メーカー栄枯盛衰史」より


■もしプリンス自動車が日産と合併してなかったら

 プリンス自動車のなかで唯一ブランドが残っているスカイライン。当時も今も高性能が売り物だ。

 もしプリンスが日産と合併していなかったら、出すクルマはすべて世界をリードする高性能車だったと思う。メカニズムに積極的に先進技術を盛り込み、EVやFCVも開発していただろう。

 また、航空機メーカー出身だから、安全性能も飛び抜けて高いし、レースでも大暴れしていたはず。

◎妄想度数7…世界をリードする高性能車、見たかった

日産はこれまで特に大きな合併や提携を繰り返してきた

■もし日野が乗用車カテゴリーから撤退してなかったら

 日野自動車は1967年のコンテッサ1300生産終了を最後に乗用車部門の自主開発から撤退。が、もしも乗用車を作り続けていたら、フレンチ風味の洒落たクルマを発表していたかもしれない。

 さらに、リアエンジンを作り慣れているから、新型トゥインゴのような後輪駆動の秀作を生み出したに違いない。

 またディーゼルエンジンのノウハウも豊富ゆえクロスオーバーSUVも誕生したはず。

◎妄想度数2…日本人がRRとフツーに接していたはず

写真はコンテッサクーペ。美しいクルマです。こういう方向性の国産車が日本にもたくさん誕生していた??

■もしいすゞが乗用車を作り続けていたら

 今ではトラックなど商用車のイメージが強いいすゞ自動車。かつてはトヨタ、日産とともに自動車御三家を形成した名門メーカーだ。ベレットや117クーペなどの名車を生み出し、ジェミニも柱のひとつとなった。

 もし、いすゞが乗用車部門から撤退していなければ、質実剛健な本物志向の乗用車やスタイリッシュなクロスオーバーSUVが次々に誕生していたはず。

 それらSUVに最先端をいくクリーンディーゼルも搭載。あのビークロスを進化させたスタイルで、世界中が欲しがるクルマの誕生だ。

◎妄想度数4…117クーペの21世紀版、見たいし、欲しい!

■もしホンダと三菱が資本提携していたら

 20世紀の末に、三菱がホンダに資本参加するという噂がたった。これが実現していたら、三菱の卓越した4WD技術とホンダの高性能エンジン技術が融合し、飛び抜けた高性能モデルや新感覚のクロスオーバーカーが誕生しただろう。

 モータースポーツに出場するマシンの基本性能も大きく引き上げられるから、F1に加え、ダカールラリーやWRCでも大活躍したはず。

◎妄想度数3…三菱&ホンダチームのWRCでの大活躍が手にとるように見える!

■もしホンダがMINIブランドを買収していたら

 ホンダは’80年代にイギリスのローバーと提携を結び、ローバーやMGブランドの新車を開発して送り出していた。

 その流れで、もしもホンダがMINIブランドを手に入れていたら、当然今の“BMWのもの”とは違うMINIになっただろう。

 ホンダは過去の栄光にこだわらない気質ゆえ、デザインは昔の面影を残さない大胆なものになり、エンジンも高性能化したはず。悪い言い方なら“名ばかりのMINI”になった可能性が高いけどね……。

◎妄想度数8…日本人が作るMINI、ありだと思う

■もしスバルが軽自動車から撤退していなかったら

 ステラを最後にスバルは軽自動車市場から撤退。サンバーをはじめスバルの軽への賛辞は今も消えることはない。

 だから、もしスバル本体で開発を続けていれば、上級クラスを凌ぐ質の高い軽自動車が誕生したことは想像に難くない。走りの質感が高いだけでなく、安全性能においても上級クラスに負けない凄いクルマが登場したと思われる。

◎妄想度数1…魅力ある軽を作り、飽和状態の今の軽市場に喝を入れてくれ

■もしスバルがトヨタでなく別の会社と提携していたら

 スバルが’90年代にアメリカで大成功し、経済的余裕があればトヨタとの提携は白紙だったかもしれない。

 もし提携するなら海外メーカーを選んでいただろう。日本のBMWを目指し、スポーティなクルマ作りに励んだはずである。

 前項で書いた軽自動車市場からの撤退も、先延ばししたかもしれない。そのいっぽうで開発費は足りず、今のようなレヴォーグやXV、インプレッサやフォレスターといったヒット作、アイサイトの高評価といった「成功」もなかったかも。

◎妄想度数4…日本のBMWを目指すスバル。ありえる

■もしスズキとVWの提携がうまくいってたら

 スズキの海外向けディーゼルはVW製に変わっていただろう。ダウンサイジング直噴エンジンの技術的なノウハウやサスペンション技術も学べたはずだ。

 またVWは上質なクルマ作りにも長けているから、キザシも本物のプレミアムカーに生まれ変わる。次世代はパサートがベースになっていたはずだ。

 そのいっぽうで先般のディーゼル不正燃費問題に巻き込まれてスズキの国際的な信用が揺らいでいた可能性もある。

◎妄想度数2…パサート×キザシで世界に打って出る!?

■もしトヨタが(ダイハツでなく)スズキと組んでいたら

 最後はこちら。ダイハツとは異なる軽や本格派SUVが得意なスズキ。2社でクロスオーバーカーを共同開発する可能性が高い。スバルXVやジュークの競合車、ジムニーの派生車種ならダイハツも文句をいわないだろう。

◎妄想度数1…東南アジア市場でもバカ売れでハッピー

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ