クルマ界「デジタル庁」設立!! イマイチよくわからないデジタル装備を解説します

 菅義偉首相の目玉政策のひとつ「デジタル庁の設立」。コロナ禍でデジタル化の進みの悪さが浮き彫りになり、これじゃアカンと設立する見通しだ。

 クルマ界にも、数年前からデジタル化の波は押し寄せ、今やクルマは乗る・走るだけのものではない。「なんか凄そうだけど何が凄いの?何ができるの?」。ということで、クルマのデジタル装備を解説します。

文/大音安弘
※ベストカー2020年10月26日号より転載


情報・サービス 車外とつながるコネクテッドカー

例えば、トヨタのコネクテッドカーでは、ドライバーの体調を検知し、最悪の場合はクルマを停車させることも

 最近のクルマ界の出来事のなかで、クルマのデジタル新時代の到来を強く感じさせたのは、トヨタが推進を表明したコネクテッドカーだろう。

 すでにカローラやヤリスなどには搭載ずみだ。コネクテッド(つながった)カーとは車載通信機を搭載し、常時、通信が可能な車両のことをいう。

 で、なにができるのか?機能としては、インターネット検索や地図更新などが可能なナビゲーション、配信ニュースやお天気情報を表示するインフォメーション機能、車内Wi‐Fiなどがその代表的な要素といえる。

 また近年、欧州などで義務化され、日本でも搭載車が増えつつある自動緊急通報システムもコネクテッドカーの機能のひとつ。

 今後、メンテナンスサービスや運転支援技術など、さまざまな活用が期待されている。またCarPlayなどのスマートフォンと車載機の連携機能も、身近なコネクテッド機能だ。

愛車との対話もウリのベンツAクラス

 最近、注目のデジタル機能といえば対話型インフォテイメントシステム。それ、何?と思う方もいるだろうが、代表例が「ハイ!メルセデス」で起動するベンツの「MBUX」だ。これまでも音声操作可能な車載機能はあったが、定型句や地名など認識できる言葉が限定されていた。

 ところが、対話式の音声認識では、「目的地の天気は?」「駐車場を探して?」「ちょっと寒い」などと語りかけるだけで、最適な回答や操作を行ってくれる。

 これは物凄いデジタル技術の進化! 未完成な部分もあるが、クラウドサーバーによるサポートや学習機能、AIの活用などで、日々進化を遂げている。

「止める&戻る」も自動で デジタル技術を体感

 安全性向上のために、国産車でも標準化が進むADAS(先進運転支援システム)にも、今や夢のような自動運転アシストが登場している。

 最も注目すべきは、自動駐車支援だろう。日産リーフの「プロパイロットパーキング」は、ボタン操作ひとつで駐車を完了。駐車が苦手な人には救いの神。すべての駐車に対応できるわけではないが、こちらも各社の進化が目覚ましい機能である。

 また道路で活用できるのが、BMWの「リバースアシスト」。現行1シリーズのCMでも有名だが、単距離ならば、直近の走行軌跡を辿り、自動で後退してくれるという驚きのデジタルシステムだ。

スマホが愛車のキーになる

Honda eの運転支援システム

 今や買い物も、スマートフォンひとつで事足りる時代。クルマもその利便性に便乗する。それが「デジタルキー」。

 Honda eは、スマホだけでドアのアンロックから始動まで実現。キーを持ち歩くわずらわしさからも解放してくれる。今後、普及が進むこと間違いなしの新機能だ。

 もちろん、自動車のキー自体も進化を続ける。そのひとつがボルボの「ケアキー」。日本でも導入が始まったが、見た目は普通のキー。ただケアキーでクルマを始動すると、設定した最高速度までしか出せなくなる。

 何のためにこんなことを……? と、思うが、ボルボは事故低減の対策として、最高速度を時速180㎞に制限。ケアキーは、同様の目的の取り組みである。

進化するデジタルドアミラー 悪天候でも鮮明に見える

 最近のモデルは車載カメラを採用するクルマがほとんど。その車載カメラの進化でミラーのデジタル化も加速。デジタルドアミラーは鏡の代わりに、サイドカメラによるモニター映像をドライバーへ伝え、後方確認を行うもの。

 量産車初のレクサスESのデジタルドアミラーには驚かされたが、Honda eではなんと標準化設定。

 最新カメラ技術では、夜間や悪天候時でも、鮮明な視界を提供してくれる。ただミラーレス構造のため、カメラ故障などのアクシデントでは後方確認ができなくなるのが気がかりだ。

 デジタルミラーといえば、ルームミラーのデジタル化も進み、国産車でも採用がどんどん進んでいる。進化にともない映像は鮮明で、走行中の違和感もなくなってきた。

 こちらはルームミラーをモニター化しており、鏡とカメラの切り替えが可能となっている。

視点移動を減らし安全を最優先するメーター類

 アウディの「バーチャルコクピット」の登場以来、急速に普及が進んだのが、フル液晶デジタルメーターだ。さまざまな車両情報をドライバーの目の前に表示できるので、視点移動が減らせ、安全性も高い。

 また最近では、ADAS(先進運転支援システム)の作動モニターとしても、活用されている。表示技術の進化で、疑似的なアナログメーター表示でも違和感がない。

 さらにプジョーは、デジタルメーターに3D表示を取り入れた「3D iコクピット」を採用。立体的な表示になっているが、これは情報の優先度を識別させる、という狙いがある。シンプルな表示だが、近未来感たっぷりなデザインだ。

クルマの前輪周辺と道路が見えるシースルービュー

ハリアーのデジタルルームミラー。車載内蔵型ドラレコも備わる

 今や運転中の身を守る常識アイテムとなりつつある、ドラレコも一体化が進んでいる。トヨタハリアーは、先進機能の車載カメラを流用したドラレコをデジタルルームミラーに内蔵。見た目もすっきりし、ユーザー負担も減らせる。

 同じ映像の話でもこちらは先をいく。とかく死角が大きくなるのが大型車の弱点で、そのため、車載カメラによる車両周囲360度を映し出す機能があるモデルも多い。

 例えば、トヨタの「パノラミックビューモニター」では、上からの俯瞰映像だけでなく、ボディがスケルトンになった「シースルービュー」なども備え、周囲の状況を確認しやすくした。

 驚くべき機能だが、ランドローバーには、ボンネットをシースルー化した前方映像で、悪路や小道での道路状況&車両状況を確認して走行をアシストする「クリアサイトグラウンドビュー」が用意されている。もっと驚くシステムだ。

 さらに、情報表示はモニター上とは限らないことを教えてくれるのがメルセデスベンツ。新型Sクラス採用の「デジタルライトシステム」は、路面や進行方向にLEDライトユニットによる画像投影を行い、注意喚起などの運転アシストを実現したもの。

 ヘッドライトがプロジェクターのように映像を投影する時代がくるとは……!!

前輪周辺と道路を透視して見ている感覚になるランドローバーのシステム

ネットでクルマを買い、来店は納車時のみ

 最後は買い方。他業界同様、クルマもインターネットで購入する時代が本格化。WEB上のデジタル店舗で購入できるサービスも広がりつつある。

 最も有名なのはテスラだが、最近、トヨタも中古車のオンライン販売を開始。車両の確認から契約までをネットで完結。来店は納車時のみでOK。昭和世代にはなじめない買い方かも(笑)。

 ……述べてきたように、クルマの利便性を高めるデジタル化はますます加速する。ただぼんやりと過ごしていると、時代に取り残されますよ。


 「クルマ界『デジタル庁』設立!! イマイチよくわからないデジタル装備を解説します」9月26日発売『ベストカー』(10月26日号)の掲載記事です。

 10月26日号では、ほかにも気になる記事が盛りだくさん。スクープ「さらにわかった!!新型アルファード」をはじめ、旬な新車特集「実りの秋 NEW CAR続々登場!!」や、自動車業界の再編の動きを読み解く「ホンダとGMの提携強化『クルマ界は今後どう変わるのか!?』」、新車10選と中古車5選を紹介する「定番や売れ筋にはない個性が魅力 クセが強いクルマはいかが?」、人気連載「テリー伊藤のお笑い自動車研究所」など幅広い世代が楽しめる読み物を掲載しています。

『ベストカー』(10月26日号)の購入はこちら

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ