コスパ デザイン 期待はずれ?? 2020年話題のクルマをいろんな角度から振り返る


■ベストマイナーチェンジモデル賞 2020版

 新型コロナの逆風にめげず、多くのメーカーが積極的にニューカーを送り出してきた。マイナーチェンジで輝きを増したクルマも少なくない。

 その筆頭が、三菱のエクリプスクロスだ。

 これまではガソリンターボとディーゼルターボの二本立てだったが、12月に待望のプラグインハイブリッドを投入。環境性能にこだわる人にも魅力的と感じられるクルマに成長した。

マイナーチェンジモデル大賞の三菱 エクリプスクロス。PHEVの導入が好意的に受け入れられた

 もう1台、よくなったと感じたのが、1.8Lの直噴ターボを加えたスバルのフォレスターだ。

 気持ちいい走りを手に入れただけでなくマイルドハイブリッドの「e-BOXER」も進化している。

マイナーチェンジモデル次点のスバル フォレスター。スバルは2020年にラインナップを刷新している

(選者&TEXT/片岡英明)

■技術進化度賞 2020版

 先進技術という意味で、今年いちばんビックリさせられたのがMIRAIの進化ぶりだ。

 6年も前から燃料電池車(FCV)を市販してること自体スゴイのに、それが大幅進化してはや第二世代に入っちゃった。トヨタだけ時間の進み方が違うのか?

クルマの未来を手繰り寄せられるか? トヨタ MIRAI

 しかも、今度の新型はレクサスLSなどと共通のGA-Lプラットフォームで、もはや完全に「普通のクルマ」と言えるほど完成度が高い。

 将来的には、長距離はこのMIRAI、市街地のコミューター的な使い方はホンダeという感じで棲み分けるのがベター。

 電動化時代の理想のコンビが出揃った感じですね。

G-COTYも受賞! ホンダe

(選者&TEXT/鈴木直也)

次ページは : ■消えて惜しかったモデルで賞 2020版

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ