今春登場フィットモデューロX 実力堪能試乗レポート ついに新型にもラインアップ確定!!

 2013年の発売からこれまで1万4000台以上売れている身近なコンプリートカーがホンダの「モデューロX」シリーズ。

 2021年4月には待望のフィットもラインナップされる予定で、今回はそのプロトタイプに試乗した。

 試乗のキーワードとなったのは「実効空力」デバイス。詳しい説明は下段に結弦が、より効率的に得られるようになったダウンフォースは今回の試乗でもその威力を如実に示してくれた。

 最新のフリード モデューロXホンダセンシング試乗と合わせてお送りする。

【画像ギャラリー】42枚の画像でフィットモデューロX プロトタイプ試乗の様子ほかを見る

※本稿は2020年12月のものです。試乗日:12月3日
文/岡本幸一郎、写真/ベストカー編集部、撮影/平野 学
初出:『ベストカー』 2021年1月26日号


■「実効空力」の向上でよりピタッと走りよりシュッと曲がるフィットに

「ホンダ車を知り尽くしたエンジニアが匠の技で上質に熟成させた純正コンプリートカー」であるモデューロXは、2013年のN-BOXを皮切りに、フリードまで6車種がラインナップされた。

 そして近い将来発売予定のフィットのプロトタイプをいちはやくドライブする機会に恵まれた。

フィット モデューロX プロトタイプ
左が基準車のフィットe-HEVで右がモデューロXのプロト。グレードはどちらもLUXE(リュクス)のFF

 足回りにももちろん手が加えられているが、ポイントは3つのフィンによる「実効空力デバイス」だ。未塗装のフロントバンパーには、このキーテクノロジーが盛り込まれている。

 標準車と乗り比べることもできて、こうした路面がフラットでミューの高いサーキットでは、ノーマルもなかなかよく走ることをあらためて確認したのだが、モデューロXの走りはさらに洗練されていて目からウロコだ。

 ステアリングの据わりがよく、直進安定性の高さは段違い。

「実効空力デバイス」と専用サスペンションが組み合わさった走りは50~60km/hの実用域でも違いがわかる。直進性が高いのは4輪の接地感が高まっているからだ

 コーナリングでのターンインもよりスムーズになっていて、動きが素直で一体感もある。

 ステアリングがやや重く感じられたのは、それだけ空力が効いていることの表れ。

リアにも実効空力を高めるバンパーが装着されるほか、アルミホイールは軽量な8本スポークタイプでタイヤはヨコハマのブルーアースA

 電動パワステには手が加えられておらず、履いているタイヤも同じながら、そうとは思えないほどグリップ感が増している。

 さらには、よく動いてしなやかに路面を捉えながらも適度にひきしまった足回りと実効空力デバイスの相乗効果でロールやピッチも抑えられていて、フラット感も高い。

ブラックとワインレッドを使った大人のインテリア。ステアリングはパンチング加工ずみだ
シートはモデューロXのこだわりのひとつ。ひとめでモデューロXモデルとわかり、走りのよさをイメージさせる

 コース上には幅員2.2mという隘路も設定されていて、ノーマルではおそるおそる走る感じだったところ、モデューロXは修正が圧倒的に少なくてすんだのも、それだけ操縦性が正確だからにほかならない。

 首都高速の継ぎ目を模して設定された段差でも横っ飛びすることはなく、振動が素早く収束することも確認できた。

ノーマルモデルは段差の乗り越えで横に跳ねるような挙動を見せるが、モデューロXのプロトは収束が穏やかで、安心感がある。雨が降っていたこともあり、その違いは大きかった

 一連の走りの変化は件の実効空力デバイスが気流の乱れを抑えて旋回姿勢を整えてくれているからに違いない。

 軽快なフィットとモデューロXのノウハウの組み合わせは、想像以上によさそうだ。

モデューロXの開発を統括する福田正剛氏(左)とフィット モデューロX開発責任者の湯沢峰司氏。フィットは素性のいいクルマで、野球ならクリーンヒットを放ったモデルですが、モデューロXのほうはホームランを狙ってます! と福田氏

■乗り心地で違いを見せるフリード モデューロ Xホンダセンシングにも試乗!

 2020年5月に出たモデューロXの現行ラインナップの最新作だ。

 コンパクトとはいえこれだけ車高が高いと、どうしても挙動が大きくなりがち。

 にもかかわらず足回りと空気の力で見違えるような走りを実現していて、ノーマルとの違いがより顕著に感じられた。

モデューロXではサスペンションの動きがいいため接地感が高まり、ダイレクトな操舵感が味わえぐっとスポーティだ

 ストレートでの直進安定性はもとより、レーンチェンジを試みた時の安定感も段違い。モデューロXは揺り戻しがノーマルよりもずっと小さいことに感心した。

 同じくハンドリングは正確で隘路での修正舵も少なく、横Gのかかった状態で段差を通過しても横に跳ねる量も抑えられる。

 車高があり走りでは不利なパッケージだからこそ、より実効空力デバイスによる恩恵が大きくなるように感じられた。

高速道路で徐々に車線がしぼられていくコーナリングを設定、幅は2.2mあるが、実際に走るとずいぶん狭く見える

 ちょうどよいサイズで取り回しもよく、それでいて多人数を乗せても狭い思いをすることもなく快適に移動できるのがフリードの強み。

 モデューロXならさらに走りを楽しみたいという思いにもバッチリ応えてくれるってもんだ。もちろん後席でも満足度は高いはず。

ノーマルモデルでは60km/h弱で進入し、ステアリングの舵角一定でコーナーリングしていく
足回りはノーマルそのままで、実効空力デバイスを装着したモデルではより安心感があり、知らず知らずスピードが上がる

■「実効空力デバイス」とは?

 実効空力デバイスの効果は「風をキレイに効果的に流す」ことで、リフトバランスを最適化し、挙動の乱れを抑え、直進安定性や旋回性向上につながるといい、岡本氏も予想以上の効果に驚いた。

 フロントスポイラーに①ホイールハウスからの空気の乱れを抑制するエアロフィン、②ホイールハウス内の風の流れをよくしサスペンションの動きをよくし整流効果を高めるエアロボトムフィン、③車体下の空気の流れを速めダウンフォースを発生させるエアロスロープを採用
①エアロフィン
②エアロボトムフィン
③エアロスロープ

●現在発売中のModulo Xモデル
・S660 Modulo X…304万2600円(6MT&CVT)
・フリード Modulo X Honda SENSING…295万200円(FF/6人乗り)/297万2200円(FF/7人乗り)
・フリード HYBRID Modulo X Honda SENSING…325万6000円(FF/6人乗り)/327万8000円(FF/7人乗り)
・ヴェゼル TOURING Modulo X Honda SENSING…352万8800円(FF)
・ヴェゼル HYBRID Modulo X Honda SENSING…346万7200円(FF)/361万7900円(4WD)
・ステップワゴン Modulo X Honda SENSING…359万9200円(FF)
・ステップワゴン e-HEV Modulo X Honda SENSING…409万4200円(FF)

【画像ギャラリー】42枚の画像でフィットモデューロX プロトタイプ試乗の様子ほかを見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ