DS プジョー ルノー ジャガー 輸入車繚乱! 春の新型車最新情報


 シトロエンから独立したラグジュアリーブランド「DS」からDS 4の発売がアナウンスされた。世界的なコロナ禍のなかで着実にシェアを伸ばしてきたDSブランドの最新モデルは、そのデザイン性とともに要注目だ。

 その他、プジョー、ルノー、ジャガー、アウディ、アバルトら輸入メーカーの特別仕様車・限定車・新型車最新情報をご紹介!

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】デザインの評価高し! 「新鋭」DS4を中心に春の新型輸入車たちをギャラリーでチェック!!!


■DSオートモビル DS4(ニューモデル・発売日未定)

 DSオートモビルは2月9日、4番目のラインナップとなる「DS4」を発表した。

DS4のボディサイズは全長4.4m全幅1.83m全高1.47mとされ、20インチホイールが装備される

 DS4では、180psを発生させるガソリンエンジンと110psを生み出すモーターを組み合わせた「E-TENSE」プラグインハイブリッドを採用。

 また、運転支援にはフロントガラスに直接進路を表示する拡張ヘッドアップディスプレイ、音声入力を行うIRISシステムなどが搭載される。ボディカラーは全7色とされる。

 販売は2021年第4四半期とされており、日本投入時期や価格は未定である。

●価格:未定

■プジョー 208/e-208(一部改良・2月24日発売)

 プジョーは208およびe-208の一部仕様を改良したモデルを2月24日より販売開始した。

パノラミックガラスルーフは208 GT、e-208 GTの二車種にオプションとして設定され、価格は10万2000円

 今回の改良によって208に搭載される1.2L直列3気筒ターボエンジンの燃費が17km/Lから17.9km/Lへと向上。排ガス基準四つ星レベル(50%低減認定車)を取得したことで、ガソリンエンジン搭載車は全グレードでエコカー減税の対象車となった。

 グレードごとでも内容が変更され、最上級グレードの「GTライン」は「GT」へと改称され、208 GTでは17インチアルミアロイホイールのカラーがダークグレーへと変更、さらにフロントシートにはシートヒーターを標準装備とした。

 208アリュールでは他のグレードと同じく燃費改善に伴ってエコカー減税対象車となり、208スタイルではヘッドライトがLED化、ホイール色がグレーとされた。

 価格もe-208アリュールを除いた4グレードで改定されており、208スタイルでは従来価格より10万円高の249万9000円。アリュールでは3万円高の262万9000円。GTでは6万円高の299万円。e-208 GTでは3万円高の426万円となった。

 グレード間での最大価格差は最高値の「208スタイル」と「e-208 GT」とを比べて176万円差。

●価格:249万9000円~

次ページは : ■ルノー トゥインゴ バイブス(特別仕様車・2月18日発売)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ