なぜマツダとミズノがまさかのコラボ!? 異例の新型シューズにみた靴と車の意外なモノ作り魂


 「マツダ」と「ミズノ」が、史上初のコラボレーション!

 国内有数の自動車メーカーとスポーツ用品メーカーが共同開発したドライビングシューズが、本日7月6日に発売された。いっけんまるで違う世界に見える、シューズとクルマ。

 そんな異業種の製品を手掛ける両社がなぜコラボしたのか? その裏にはシューズとクルマ開発における意外な共通点があった。

文/ベストカーWeb編集部
写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】未掲載写真含む42枚 マツダ&ミズノ共同開発したドライビングシューズをみる


クルマのマツダとスポーツのミズノ 技術交流のきっかけは「素材」

マツダとミズノのドライビングシューズ共同開発プロジェクトは、2018年から2019年にかけて開始された。開始当初はうまくいかなかったものの、両社のモノづくり精神を本音で話し合い、予約受注販売までこぎつけた

「実は異業種交流自体は、今回の件と全然違うところから始まっているんです」

 こう語るのは、マツダ車両開発本部の梅津大輔さん。例えば、ミズノはゴルフクラブで自動車でも使われるカーボンを扱っており、そうした素材・材料の研究をきっかけとして、マツダとミズノの技術交流が始まったという。

 では、なぜこの交流がドライビングシューズ開発へとつながったのか? 次にミズノ側のグローバル研究開発部・佐藤夏樹さんに話を伺うと、その理由が見えてきた。

「マツダさんと新たな技術交流をやる予定があるけれど、シューズの開発として興味あるか? と(技術交流を管理している部門から)声をかけてくれて。もう即答で絶対やらせてくださいと。実は私自身、自動車の研究開発に物凄く興味を持っておりまして」

 佐藤さんが興味を持った背景には、シューズとクルマの意外な共通点があった。

「ミズノのなかでもランニングシューズで走り心地を突き詰めていくと、乗り心地に辿り着いて。そして、乗り心地の研究をいろんな業界で調べていくと、やっぱり自動車とか新幹線とか乗り物の技術って凄いなと。よくよく考えると、自動車もシューズもプロダクトの上に人が乗っかって移動するという意味では同じですしね」

 クルマの歴史を紐解くと、まずは壊れない=信頼性、その次は人の命を守る=安全性(怪我をしない)、そしてパフォーマンス向上。比較的新しいところでは人の感覚=乗り心地、なんとも言えない走り心地の追求。といった流れで開発が進められてきたが、「実はシューズ開発もまったく同じ流れなんです」と佐藤さん。

 こうしてマツダとミズノでクロスオーバーする領域……シューズとドライビングでドライビングシューズなら「何か凄いモノができるのではないか」ということで、2018年から2019年にかけて具体的な技術開発がスタートした。

開発でぶつかり合いも実は共通していたモノづくり思想

マツダ/ミズノが共同開発したドライビングシューズ。2021年7月6日14時より、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて予約受注を開始。価格3万9600円

 ただ、そうは言ってもやはり異業種。それぞれの商品はシューズとクルマ。大きさも違えば、値段も異なる。

「自動車って年に1回くらいしか新型車は出ないじゃないですか? ミズノさんの場合は(同じ期間で)プロダクトがたくさん出る。(商品化のうえで)そのあたりのスタンスの違いはありました」

 こう語るのは、前出のマツダ車両開発本部の梅津大輔さんだが、ミズノ側からみても“違い”に戸惑った部分はあったという。

「もともとの(商品化に対する)常識、プロセスが違うということで、靴のことを知っているデザイナーでは求めないこと、やらない発想がマツダさんのほうから出てくると、これまたひとつチャレンジなんですよ」

 開発当初は、互いに「靴のことを、クルマのことをわからない奴が何を言っているんだ」とばかりに意見がぶつかり合い、プロジェクトがとん挫しそうなこともあったという。

 しかし、それも両社の人間が腹を割って本音で話し合ったことがターニングポイントとなり、「理由」と「目的」が整理できると、手段の違いはどうでも良くなったという。

 ただ、常識や商品化へのプロセスこそ違えど、面白いのは冒頭でも触れたとおり、靴とクルマで意外にも共通する部分があるところ。

「フィット感を目指しているところは、我々が目指している人馬一体と凄く近い」

「それからミズノさんのバイオメカニクスの研究、(これは)競技スポーツを広範囲にされているので人間の動きというところの知見が凄かった。この技術は我々が運転動作を解析するうえで、我々よりもさらに幅広い」

「シューズって本当にタイヤとかサスペンションに近いんですよね」

 これは、すべてマツダの技術者から見たミズノおよびシューズ開発の印象だが、こうした共通するモノづくり精神が、今回開発されたドライビングシューズに見て取れる。

次ページは : ドライビングシューズの常識を破る機能性と快適性を両立?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ