コロナ禍で急増? 中古車の「リモート購入」 買ってわかった長短と裏事情


 社会のネット化が進んだ現代、中古車を購入する際に物件を直接見ない人の割合が増えているという。

 たしかにネット上の写真で、ある程度外観や内装の状態は確認できるし、店とのやりとりもメールで済ますことができてしまう。そこにプラスして、新型コロナの影響で、さらに販売店側もリモートでの売却を推し進めているというのだ。

 昔から中古車を買っていた人からすれば、販売店を訪れれば、実車をすみずみまで見られるし、試乗だってできるのに……などと考えてしまいがち。いったい良いのか、悪いのか───。

 本稿では、実際に「リモート買い」をしたばかりの自動車評論家の清水草一が、自身の体験談とともに、リモート買いの是非、注意点について考えた。

文/清水草一 写真/清水草一、フォッケウルフ

【画像ギャラリー】実際に「リモート買い」した30年落ちのハイゼットを見る


■意を決して「リモート買い」したのは31年落ちの軽トラ!

 新車のみならず、中古車購入でも、実車を見ない「リモート買い」が増えているという。以前は「中古車を買う時は必ず実車を見て判断しましょう」というのがセオリーだったが、そのセオリーも新型コロナで木っ端微塵になった。「サラリーマンは出勤するのが当たり前」という前提が崩れたようなものである。

 かく言う私は、これまで30台以上の中古車を買ってきたが、実車を見ないで買ったことは基本的になかった。購入車の内容だけ聞いて、ほとんどココロが決まっていたことは多々あるが、それでも実車は必ず見に行った。実際に見て、「ビビビ!」と来ることが購入の決め手になると信じていたからだ。恋愛のようなものですね。

筆者が実際にリモートで購入したハイゼットトラックジャンボ。カスタマイズされている

 が、そんな筆者が先日、生まれて初めてリモートで中古車を買った。車種は軽トラ。1990年式のダイハツ・ハイゼットトラックジャンボだ。検索の条件は、「なるべく安くて古いハイゼットトラックジャンボ」。ジャンボにこだわったのは、シートがリクライニングできるからだ。特に荷物を積む予定はないので、キャビンが長いぶん荷台がちょっと狭いことはまったく問題なかった。

 当初は販売店に出向くつもりだったが、目当てのクルマのお店は「リモート契約なら5万円引き」とうたっていた。車両本体34万円だったので、5万円引きと言えば約15%もの値引きになる。これは無視できない。逆に言えば、「見てから決める」と言うだけで5万円かかることになるわけだし。

 写真を見る限り、クルマはもう「これしかない!」という感じで「ビビビ!」ときていた。もともと首都圏にある中古のハイゼットトラックジャンボで、こんなに古いのはほかに1台もなかったし。

 それに、31年落ちの軽トラを買うのだから、そんなに状態がいいわけがない。いろいろダメな部分があるのは織り込み済み。それらを直しながら乗ることが目的でもあったので、リモート購入という小さなリスク増加は、むしろ望むところだった。

■リモート買いは「小さな齟齬」を許せるか許せないか

 ただ、決めるに当たって唯一迷ったのは、「エアコン/クーラーなし」となっていたことだ。さすがにクーラーもないクルマじゃ、夏は乗れない。ところが販売店に聞くと、「クーラーは付いてるんですけど、効かないのでナシと表示したんです」と言う。

 付いていれば直すことは可能なはず! そこで私は、「エアコンのガス補充だけしてくれませんか。効かなくてもいいからとりあえず。そしたら買います」と提案。先方は「わかりました。ではサービスで」と、エアコンガスの補充を約束してくれた。

 そうやって納車されたハイゼットトラックジャンボ。見た目や内装は写真で見たまんまで、満足度は120%! 古いだけに車体は実に軽く、そこらの住宅街でちょっと加速するだけですごく楽しい。総額40万円で最高の買い物をした! と思った。

 ただ、小さな問題があった。まず、クーラーがほとんど効かなかった。これは覚悟していたので納得だ。もうひとつは、ブレーキのストロークが猛烈に深くなっていて、ペダルが床に付く寸前でようやく効くような状態だったこと。しかしこれも納得である。

ブレーキを修理してくれる店は、筆者の自宅近くですぐに見つかったが……

 さっそく近所の修理店に入れたところ、ブレーキは調整だけで直ったが、クーラーは「クルマが古すぎて、ガスを入れる口がウチにあるものでは対応できません」と言う。エアコンガス自体も、昔のR12タイプだ。そこで、古いクルマのエアコンを修理できる店を探したところ、偶然近所に発見、無事修理できた。

 修理後の効きは、「ちょっと涼しい風が出る程度」ではあったけれど、いかにも昔ながらという風情の修理屋のオッサンは、「これくらいの年式の軽にしたら、これは上等だよ」と言う。なにしろ31年前の軽トラだ。クーラーがビンビンに効くはずもなかろう。

真夏は厳しいが、夏の終わりくらいになれば充分なクーラーの効き具合

 ただ、いろいろな状況を考え合わせると、販売店はエアコンガスの補充をしてくれなかったらしい。その代わり、残り半年だったはずの車検が、まるまる2年付いていた! これにはビックリ。

 つまり販売店としては、エアコンガスの補充が難題だとわかり、サービスを車検取得に切り替えた……ような気がする。その後連絡も取っていないので真相は不明ながら、私としてはそれで120%大満足である。

 もちろん、「なんで言ってくれなかったんだ!」と思う人もいるでしょうけれど、私は最初の期待値がうんと低かったので、期待以上のサービスを受けたとポジティブに捉えている。なにせ一度も顔を合わせないリモート購入だ。こういったことが許せないタイプの人は、リモートで中古車を買うのはやめたほうがいいと個人的には考える。

次ページは : ■中古車販売店に聞くリモート購入の実態は?