新型レクサスLX降臨!! F SPORTもあり 日本発売はいつ? 価格は?


■「本格オフロード車=無骨なインテリア」という考えはLX600には当てはまらない

エクステリア同様より優雅でシンプルになったインテリア、水平基調を除けば本格オフロード車のコックピットと一見して分からない
こちらは新型ランドクルーザー300のコクピット

 インテリアもホリゾンタルなラインが目立つデザイン。太めのアシストグリップに気がつかなければ、本格的にオフロードを走るクルマとは思えないすっきりとした仕上がり。

 またクルマとドライバーの一体感を高める「Tazuna Concept」を採用。4つのカメラを用いて全面に車両周辺の映像を映し出し、タイヤ位置の把握をアシストする12.3インチ大型タッチディスプレイと、ヘッドアップディスプレイの採用でスムースな視点移動、直感的な操作が可能になり、悪路でもスタックすることがないよう運転に集中できる環境を作り出した。

 加えて車両そのものの制御状態を示す7インチディスプレイも装備されたことで、オフロードで必要不可欠な車内外の情報が画面を切り替えることなく表示され、ドライバビリティの向上に役立っている。

ランクルと異なるデザインのコクピット。デザイン的にもモダンでクオリティが高い

■パワートレインは3.5L、V6ツインターボと3.3Lディーゼルツインターボ

5.7L、V8からダウンサイズされたが出力・発生トルク・燃費全てが改善した3.5リットルV6ツインターボエンジン

 エンジンはダウンサイジングされて3.5L、V6ガソリンツインターボとなったが、先代の5.7L、V8よりも出力で38psパワフルな415psに。最大トルクも650Nmと20%以上増大。

 発表された公式資料には、触れられていなかったが、公開されたビデオではガソリンエンジンに加えて、新型ランクル同様に3.3L、V6ディーゼルツインターボ(ランクル300は309ps/700Nm)が用意されることも明らかになった。いずれのエンジンもランクル300に搭載されているものと同じと思って間違いない。

 10速ATは発進時以外ほぼ全域でロックアップされ、ダイレクト感を追求。先代の8速ATよりもリズミカルで心地の良い走りと、高速燃費の向上、発進加速・オフロード性能の向上が同時に可能となった。

次ページは : ■オンロード・オフロード性能向上と安心・安全のための新機能・制御技術の精密化