定説「渋滞は追越車線から」に異変!? 高速道路の渋滞は右車線と左車線のどちらが速い?


 新型コロナの流行が沈静化し、週末の高速道路に渋滞が戻ってきている。近年は渋滞対策の進捗(新東名・新名神の開通や、ピンポイント対策としての付加車線の設置など)によって、ひどい渋滞が発生するのはほぼ首都圏に限られるようになったが、首都圏には日本の人口の3分の1が住んでいる。その首都圏の高速道路では、渋滞緩和が期待できる対策が、もうあまり残っていない。首都圏のドライバーは、遠い将来まで高速道路の渋滞に悩まされ続けることが確実だ。

 ところで、実際に渋滞にはまった時に気になるのは、自分のいる車線が、隣の車線より速いか遅いかではないだろうか。渋滞という自分の意志ではどうにもならない災難に巻き込まれた時に、「隣のクルマに負けたくない」と思うのは自然なこと。「渋滞の高速道路、右車線と左車線どっちが速い?」は、渋滞における永遠のテーマである。実際のところ、どっちが速いのか? 渋滞研究家の清水草一が答える。

文/清水草一
写真/清水草一、フォッケウルフ

【画像ギャラリー】いったいどっちが速いんだ!? 高速渋滞、永遠のテーマの最新の答えとは?(7枚)画像ギャラリー

■渋滞は追越車線から始まる

追越車線において渋滞が始まった瞬間、クルマは左へ左へと流れ、次々に渋滞は伝播していく

 これまで「渋滞の高速道路、右車線と左車線どっちが速い?」に関しては、「左車線のほうが速い」というのが定説だった。理由は、高速道路の交通量が増加して混雑が始まり、全体的に速度が落ちてくると、多くのドライバーが少しでも速く進もうと考えて、追越車線(右車線)に車線を変更。結果的に追越車線が真っ先にオーバーフローし、追越車線から渋滞が始まるからだ。

 片側3車線の混雑した高速道路では、おおむね次のような交通量になることがわかっていた。

第1通行帯(左車線)20%
第2通行帯(中央)35%
第3通行帯(追越車線)45%

 混雑した状態では、一番左車線の交通量が他に比べてかなり少なく(平均車間距離が長い)、追越車線が最も多くなる(平均車間距離が短い)。これよって渋滞は、まず追越車線から始まって、他の車線に伝播して行くのがパターンだ。

ただ、実際に渋滞が始まると、追越車線からは多くのクルマが隣の真ん中車線に逃げる(車線変更する)。真ん中車線からも一番左車線に逃げる。この動きによって全車線でブレーキが踏まれ、その減速波によって、すぐに全車線が渋滞し、その後の流れにはほとんど差はなくなる。

■テスト結果と新たな定説

 筆者が2009年から2010年にかけて実施した、「右車線と左車線どっちが速いテスト」は、次のような結果になった。片側3車線の路線では、一番左車線と追越車線との比較だ。

◆中央道下り(片側2車線)・渋滞20km(稲城IC―八王子IC間)
……左車線の勝ち。46台分左車線が先着(約2分差)

 渋滞突入直後は9台分左車線が速く進み、その後拮抗。国立府中ICでは、出口前で左が14台抜き、入り口前で2台抜かれた。つまり、降りるクルマのほうが12台分多かった。それ以外の25台分は、流れの速さの差によって生じた。渋滞の中で隣の車線と46台差が付くと、抜かれたほうは「ものすごく負けた」と感じる。しかし渋滞が解消して流れ始めれば、その差はわずか2分にすぎなかった。

◆関越道下り(片側3車線)・渋滞10km(高坂SA―花園IC間)
……左車線の勝ち。30台分左車線が先着(約1分半差)

 中央道とほぼ同じような状況で、左車線のほうが若干速かった。

◆東名下り(片側3車線)・渋滞10km(横浜青葉IC―大和トンネル間)
……右車線の勝ち。19台分右車線が先着(約1分)

 東名下りでは、途中の横浜町田インターから合流する交通量が非常に多いという特殊要因があるため、左車線のほうがやや遅くなった。それでも差はわずか1分だった。たしかに渋滞は追越車線から始まるのだが、渋滞突入直後に付く差はほんの数台分。その後の車線ごとの流れの速さの差は、渋滞途中のIC(インターチェンジ)の利用状況が主な原因だった。

     ◆      ◆      ◆

写真は関越道下り。3車線とも渋滞した状態ではどの車線を走っていても到着時間はさほど変わらないことが多い

 このように、約10年前のテストでは、車線ごとの流れの差は、渋滞10kmあたり1~2分に過ぎなかったため、「渋滞では、速い車線を狙って車線変更するよりも、休憩を1回減らしたほうがはるかに速い」という結論が出ていた。

 ところが近年は、状況が変わり、この差がさらに縮まっている。原因は、「渋滞は追越車線から始まる」という事実が、広く一般に知られるようになったことにある。私も当時、テレビ出演等で「渋滞では追越車線のほうが遅い」といった解説をしたし、その後NEXCO各社も、「渋滞は追越車線から始まります」といった横断幕やポスターを掲示するなどの啓蒙活動を始めた。

 この効果は大きく、ドライバーは、渋滞が始まりそうな状況になると、以前とは逆に(少しでも速く進もうと追越車線へ車線変更するのではなく)、追越車線から走行車線へと車線変更するようになった。これによって混雑時の車線ごとの交通量の差が非常に小さくなった。

 現在は、特殊なポイントを除いて、どの路線でも、どの車線を走っていても、ほとんど差は出なくなっている。もはや「渋滞では左車線のほうが速い」という定説は崩れ、「どの車線にいてもほとんど同じ」が新たな定説となった。

次ページは : ■「車線減少の有無」による変化

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ