あのIS Fがついに復活? 472馬力の5LV8モンスター レクサスIS500が日本発売!?

あのIS Fがついに復活? 472馬力の5LV8モンスター レクサスIS500が日本発売!?

 トヨタが2021年9月20日、日本の特許庁に「レクサス IS500」を商標登録した。V8自然吸気エンジンを積んだIS500は、アメリカではすでに2021年2月に発表、3月から発売されており、導入そのものはそれほど難しいものではないかもしれない。

 5L、V8といえば、かつてのレクサスIS Fを思い起こさせる。BMW M3やAMG C63、アウディRS4などと肩を並べることができる大排気量の自然吸気エンジンを搭載したハイパフォーマンススポーツセダンの日本導入はあるのだろうか、真相を追う!

文/柳川洋、写真/トヨタ

【画像ギャラリー】あのIS Fの再来!?5L V8モンスター レクサス IS500の日本発売に迫る!!(18枚)画像ギャラリー

■レクサスIS Fを思い起こさせる「レクサスIS500」が日本で商標登録された

 2021年9月20日、特許庁にトヨタから一件の商標登録が出願された。「LEXUS IS500」。この商品名を、トヨタ自動車株式会社以外使えないように登録する手続きだ。

巨大なV8エンジンを鼻先に押し込んだことで通常のISよりもエンジンフードが5cm弱盛り上がり、パワーバルジの様にデザインされているのがわかる。かつてのIS Fもそうだった
巨大なV8エンジンを鼻先に押し込んだことで通常のISよりもエンジンフードが5cm弱盛り上がり、パワーバルジの様にデザインされているのがわかる。かつてのIS Fもそうだった

 これまでISシリーズを販売してきているレクサスであっても、他人に先に商標登録されてしまったら、「IS500」という商品名を使えなくなってしまう。そのため「守り」を目的に商標登録した可能性もある。

特許庁の商標登録画面を検索すれば2021年9月20日に「レクサスIS500」が商標登録されていることが確認できる。現状IS350までしか存在しないため、更なる上級モデルが追加になるという構図だ
特許庁の商標登録画面を検索すれば2021年9月20日に「レクサスIS500」が商標登録されていることが確認できる。現状IS350までしか存在しないため、更なる上級モデルが追加になるという構図だ
007年10月に発表、12月から販売開始されたIS F。当時、新車時の車両本体価格は766万円。IS Fに搭載されているパワートレインは新開発の5L、V型8気筒自然吸気エンジン。筒内直接噴射とポート噴射を併用するD-4Sや電動連続可変バブルタイミング(VVT-iE)などの先進技術を採用し、最高出力423ps、最大トルク505Nmを発生
007年10月に発表、12月から販売開始されたIS F。当時、新車時の車両本体価格は766万円。IS Fに搭載されているパワートレインは新開発の5L、V型8気筒自然吸気エンジン。筒内直接噴射とポート噴射を併用するD-4Sや電動連続可変バブルタイミング(VVT-iE)などの先進技術を採用し、最高出力423ps、最大トルク505Nmを発生

 だが、北米では今年3月から、現行ISの高性能バージョンである5L自然吸気V8エンジンを搭載したIS500が発売されている。それを考えると、クルマ好きの一人としては、IS500の商標登録の目的はただ「守り」のためではなく、実際に日本導入が検討されているのではと考えてみたくもなる。

次ページは : ■IS500とはどのようなクルマなのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ