あのIS Fがついに復活? 472馬力の5LV8モンスター レクサスIS500が日本発売!?


 トヨタが2021年9月20日、日本の特許庁に「レクサス IS500」を商標登録した。V8自然吸気エンジンを積んだIS500は、アメリカではすでに2021年2月に発表、3月から発売されており、導入そのものはそれほど難しいものではないかもしれない。

 5L、V8といえば、かつてのレクサスIS Fを思い起こさせる。BMW M3やAMG C63、アウディRS4などと肩を並べることができる大排気量の自然吸気エンジンを搭載したハイパフォーマンススポーツセダンの日本導入はあるのだろうか、真相を追う!

文/柳川洋、写真/トヨタ

【画像ギャラリー】あのIS Fの再来!?5L V8モンスター レクサス IS500の日本発売に迫る!!(18枚)画像ギャラリー

■レクサスIS Fを思い起こさせる「レクサスIS500」が日本で商標登録された

 2021年9月20日、特許庁にトヨタから一件の商標登録が出願された。「LEXUS IS500」。この商品名を、トヨタ自動車株式会社以外使えないように登録する手続きだ。

巨大なV8エンジンを鼻先に押し込んだことで通常のISよりもエンジンフードが5cm弱盛り上がり、パワーバルジの様にデザインされているのがわかる。かつてのIS Fもそうだった

 これまでISシリーズを販売してきているレクサスであっても、他人に先に商標登録されてしまったら、「IS500」という商品名を使えなくなってしまう。そのため「守り」を目的に商標登録した可能性もある。

特許庁の商標登録画面を検索すれば2021年9月20日に「レクサスIS500」が商標登録されていることが確認できる。現状IS350までしか存在しないため、更なる上級モデルが追加になるという構図だ
007年10月に発表、12月から販売開始されたIS F。当時、新車時の車両本体価格は766万円。IS Fに搭載されているパワートレインは新開発の5L、V型8気筒自然吸気エンジン。筒内直接噴射とポート噴射を併用するD-4Sや電動連続可変バブルタイミング(VVT-iE)などの先進技術を採用し、最高出力423ps、最大トルク505Nmを発生

 だが、北米では今年3月から、現行ISの高性能バージョンである5L自然吸気V8エンジンを搭載したIS500が発売されている。それを考えると、クルマ好きの一人としては、IS500の商標登録の目的はただ「守り」のためではなく、実際に日本導入が検討されているのではと考えてみたくもなる。

■IS500とはどのようなクルマなのか?

バックミラー越しではマイチェン後のISとさして変わらない。とても472psのV8エンジンを積んでいるとはわからない控えめな外観を持つ、まさに令和の羊の皮を被った狼となる!?

 では、北米ですでに導入済みのIS500とはどのようなクルマなのか、簡単におさらいしてみよう。北米専用車として2021年3月に発売が開始されたIS500のベースモデル、 Fスポーツパフォーマンスは、最大出力472ps/7200rpm、最大トルク535Nm/4800rpmを発生する自然吸気V8エンジンを搭載。

2UR-GSE型V型8気筒、5Lエンジンにスポーツダイレクトシフト8速ATが組み合わさる。コンパクトなISに搭載されるとエンジンルームいっぱいに巨大なV8エンジンが収まっている印象だ

 トランスミッションは、8速スポーツダイレクトシフトAT。エキゾーストシステムは、かつてのIS Fと同様、ハの字型にレイアウトされた左右2本ずつ4本出しで、ヤマハ製のリアパフォーマンスダンパー、14インチの2ピースアルミフロントブレーキローター、12.7インチのリアローターが奢られ、0→60mph(約97km/h)加速は4.4秒とされている。

ハの字型に並ぶ楕円形のエクゾーストテールはレクサスIS Fを彷彿とさせるものだ。しかしそのほかはいたってシンプルで他のISとの違いは最小限に見える
IS500の原型となった、ハの字型に並ぶIS Fの4本出しマフラー。IS Fは専用のブリスターフェンダーを装備。IS500より「F」仕様としての特別感があった

 V8エンジンを鼻先に収めるため、エンジンフードは通常のISよりもおよそ5センチ盛り上げられ、全長は1.9インチ(4.75cm)長くなっている。だが全高、ホイールベース、全幅は通常のISと変わらない。

 またレクサスのラインアップの中での位置付けとしては、FスポーツのラインとRC Fのような「Fカー」の中間に位置するFスポーツパフォーマンスというラインの一番初めの車種となる。

F SportのFは富士スピードウェイ、開発拠点である東富士研究所に由来する。レクサスブランドのカタログモデルにおけるスポーツバージョンの総称として定着した感がある

 アメリカではそもそもV8エンジン、大排気量の自然吸気エンジンの人気が高い。アメリカ人を熱狂させるモータースポーツのオールスターゲームと言っても過言ではない、世界3大耐久レースの一つデイトナ24時間で2006年からレクサスが3連覇を成し遂げた時のエンジンもV8で、アメリカ人にとってアイコニックな意味を持つパワートレインが最新型のISに搭載されたことになる。

 気になるお値段だが、ベースとなるIS500 Fスポーツパフォーマンスは5万6500ドル(約638万円)から、同プレミアムが6万1000ドル(約689万円)から、500台限定の同ローンチエディションは6万7400ドル(約762万円)からとなっている。

 アメリカではIS350 Fスポーツは4万3050ドル(約486万円)からのプライスタグがついているので、IS500のほうが150万円以上高いということになる。

 500台限定のローンチエディションは、控えめなグレーの外装色と19インチのマットブラック塗装の鍛造7スポークBBSホイールが特徴。フロントのブラックアウトされたスピンドルグリルとそれを縁取るブラックステンレスとよくマッチする。アメリカ人が言うところの「Sleeper」、すなわち一見すると地味で超ハイパフォーマンスカーには見えない、羊の皮を被った狼というやつである。そしてシフトレバーの前方には限定500台のうちの何台目かを示すシリアルナンバー入りのプレートが貼られる。

全米で500台限定のIS500 Fスポーツパフォーマンス・ローンチエディション。ブラックアウトされたスピンドルグリルと19インチホイールがさらなる精悍さをもたらす
北米で発売されたIS500のローンチエディションは500台限定。シフトレバーの前には
500台限定である事を示すシリアルナンバー入りのプレートが装着される!

 IS500のプロモーション動画(もちろんアメリカ向け)をいくつか見てみた。肉食獣が唸り声を上げたような低いエンジン音が強調され、急激に吹け上がるエンジンが5000回転を超えたところでタコメーターの外周が一気にオレンジ色に染まり、そのままレッドゾーンの7500回転を目指して勢いよくメーターの針が右に振り切れるかのように動く。見ているだけでアドレナリンが出てきそうだ。

 「電動化の流れにより車からエモーションが失われていくかもしれないなかで、アメリカ人が大好きなV8自然吸気エンジンに乗れるのはもうすぐ最後になるかもしれない」、「現にキャデラックではV8エンジンのクルマは2車種のみになってしまっている」、「だがレクサスは驚くべきことに今回新たにIS500を世に送り出し、IS、LC、GX(日本未導入、ランドクルーザープラドの兄弟車的存在)、LXの4車種でV8エンジン車を提供しているメーカーである」、「V8のエンジンノート、エクゾーストノートを楽しみたいエンスージアストは是非IS500に乗ってみてほしい」というメッセージが強調されていた。

 このクルマの開発担当者クーパー・エリクソン氏は、「電動化の流れのなかでクルマからエモーションが失われるかもしれないという懸念があるが、このクルマの開発にあたっては情熱(passion)と熱意(enthusiasm)を強調したかった」と述べている。

次ページは : ■レクサスIS500の日本導入可能性は?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ