新型アルトがマイルドハイブリッド新搭載で軽NO.1燃費27.7km/L達成! 価格は94万3800円から!


 新型アルトが2021年12月10日発表、12月22日から発売される。今回のアルトは7年ぶりのフルモデルチェンジで9代目となった。

 新型アルトはスタイルこそキープコンセプトだが、新たにマイルドハイブリッドを搭載、軽NO.1の燃費となるWLTCモード燃費27.7km/Lを達成! 25.2km/Lのエネチャージ搭載車と2本立てのラインナップとなった。

 ここでひとつ、残念なお知らせがある。今回の発表ではアルトワークスの名はラインナップになく、オンライン会見でも「現在は考えていない」とのことだった。

 さて、新型アルトはどんなクルマなのか、注目ポイントを中心に紹介していこう。

文/ベストカーweb
写真/スズキ

【画像ギャラリー】アルトはやっぱり庶民の味方! 驚天動地! マイルドハイブリッドが軽NO.1の27.7km/Lで109万7800円から(20枚)画像ギャラリー

■軽自動車NO.1となるダントツの27.7km/Lはマイルドハイブリッド搭載によって実現

オンライン発表会での新型アルトと鈴木俊宏スズキ社長
丸みを帯びた親しみやすいフォルムの新型アルト。先代アルトに対して全高を50mm、室内高を45mm拡大することで快適な室内空間を実現
かなり思い切ったデザインで話題となった現行アルト。ボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1475mm

 新型アルトの主な特徴について順を追って解説していこう。まずは、今回、新型アルトのラインナップに加わったマイルドハイブリッド車から。

 マイルドハイブリッドは発電効率に優れたISG(モーター機能付き)により、減速時のエネルギーを利用して発電し、専用バッテリーに充電。加速時にはその電力を利用してモーターでエンジンをアシストし、燃料消費を抑制する。

 マイルドハイブリッド車は、すでにスズキの軽自動車には、ワゴンRやワゴンRスマイル、スペーシア、ハスラーなどに搭載されている。

 注目のマイルドハイブリッド車のWLTCモード燃費は軽自動車NO.1となる27.7km/Lを達成! また燃費基準については、軽自動車初の2030年度燃費基準95%達成、エコカー減税(重量税)は免税となった(ハイブリッドS、ハイブリッドXの2WD車)。

 マイルドハイブリッド車のスペック(スズキ他車種搭載のマイルドハイブリッドと変わらない)は、657㏄の直3エンジンが49ps/5.9kgm、アシストする電気モーターは2.6ps/4.1kgmとなる。

新型アルトのリアスタイル。Cピラーの形状や縦型テールランプ、傾斜の少ないリアウィンドウが特徴。先代に比べマイルドになった印象


■新型アルトの主な特徴
1:マイルドハイブリッド車が軽NO.1の27.7km/Lを達成
2:価格はエネチャージ車が100万円を切る94万3800~99万8800円(2WD)。マイルドハイブリッド車が109万7800~125万9500円(2WD)
3:スズキの予防安全技術「スズキセーフティサポート「を全車標準装備」
4:先代アルトに対し全高を50mm、室内高を45mm拡大し快適な室内空間を実現
5:豊富な収納と使い勝手のよい装備を搭載し、スズキ国内初となるバックモニター用カメラを備えたディスプレイオーディオを設定
6:細部までこだわった作り込みにより心地よい走りと高い静粛性を実現

モーターでエンジンをアシストするのがマイルドハイブリッド。エネチャージは減速時のエネルギーを利用して発電するが、こちらはその電力を電装品に供給する
搭載されるCVTは低速から中速域ではショックの少ないスムーズな加速を実現。高速域では回転数を抑え、燃費の向上に貢献

 先代と同様にラインナップされたエネチャージ車は従来と同様で減速時のエネルギーを利用して発電し、鉛バッテリーとリチウムイオンバッテリーに充電。その電力を電装品に供給することで、発電によるガソリンの消費を最小限を抑えている。新型アルトのエネチャージ車は46ps/5.6kgmを発生する658㏄直3を搭載している。

 新型アルトのエネチャージ車のWLTCモード燃費は25.2km/Lを実現した。ハイトワゴンのワゴンRやワゴンRスマイルのマイルドハイブリッド搭載車と同じ燃費を、新型アルトではエネチャージ車で達成したことになる。

 別表に軽自動車のWLTCモード燃費ランキングを掲載しているが、ライバルのダイハツミライースは25.0km/Lだから、新型アルトのマイルドハイブリッド車は2.7km/Lも突き放したことになる。

 ダイハツは今後、ロッキー&ライズに搭載されたe-スマートハイブリッドを軽自動車用に改良し搭載してくることが予想される。燃費対決がどうなるか楽しみだ。

 いっぽう、ホンダ勢はN-ONEが23.0km/L(対アルトのマイルドハイブリッドは27.7km/L)、N-WGNが23.2km/L(対ワゴンRマイルドハイブリッドは25.2km/L)、4年連続新車販売台数NO.1のN-BOXが21.2km/L(対スペーシアマイルドハイブリッドは22.2km/L)。

 ホンダは2024年には軽EVの発売を目指しているというが、ここまで離されてしまうと、その前に軽の電動化(マイルドハイブリッド、フルハイブリッド含め)を急ぐべきだろう。

■軽自動車WLTCモード燃費ランキング
1位:スズキアルト(マイルドハイブリッド搭載車)=27.7km/L
2位:スズキアルト(エネチャージ搭載車)=25.2km/L

2位:スズキワゴンR(マイルドハイブリッド搭載車)=25.2km/L
2位:スズキアルトラパン(エネチャージ搭載車)=25.2km/L
2位:ワゴンRスマイル(マイルドハイブリッド装着車)=25.2km/L
6位:スズキハスラー(マイルドハイブリッド搭載車)=25.0km/L
6位:ダイハツミライース=25.0km/L
8位:ホンダN-WGN=23.2km/L
9位:ホンダN-ONE=23.0km/L
10位:ダイハツミラトコット=22.6km/L
11位:スズキスペーシア(マイルドハイブリッド搭載車)=22.2km/L
12位:N-BOX=21.2km/L
13位:ダイハツタント=21.0km/L
※2WDの場合。軽ワゴンNO.1はワゴンRのマイルドハイブリッド装着車

■ダイハツのスマアシに対抗! あっぱれ! 予防安全技術「スズキセーフティサポート」を全車に標準装備

全車に標準装備となったスズキセーフティサポート
新たに装備された夜間の歩行者も検知する衝突軽減ブレーキとヘッドアップディスプレイ
全方位モニターカメラに搭載された「すれ違い支援機能」。狭い道を低速を走行中、自動でモニターに「サイド(左側)+フロント映像」を表示。狭い道でのすれ違いで死角を減らし、壁や対向車など運転が苦手な人にとっては非常にありがたい装備


●新型アルトに搭載された全車標準装備のスズキセーフティサポート
NEW■夜間の歩行者も検知する衝突軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」
■後退時ブレーキサポート
■誤発進抑制機能
■後方誤発進抑制機能
■車線逸脱警報機能
■ふらつき警報機能
■先行車発進お知らせ機能
■ハイビームアシスト

●そのほか新たに採用された装備類
NEW■6つのSRSエアバッグ全車標準装備
NEW■ヘッドアップディスプレイ(メーカーオプション)
NEW■全方位モニター(メーカーオプション)を採用したことにより、すれ違い支援機能や左右確認サポート、3Dビューなど安全性の向上に寄与

 今回の新型アルトの嬉しいポイントのひとつはステレオカメラを搭載した最新の「スズキセーフティサポート」を全グレードに標準装備したこと。

 誤発進抑制機能、ふらつき警報機能、デュアルカメラブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、先行者発進お知らせ機能、後退時ブレーキサポート機能、車線逸脱警報機能、ハイビームアシストなどを標準装備。

 新しい安全装備として夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」、「カラードヘッドアップディスプレイ」、見えない場所を映し出す「全方位モニター用カメラ」、6つのSRSエアバッグを採用した。

 先代アルトでは、単眼カメラとレーザーレーダーセンサーによるデュアルセンサーサポートだったが、ステレオカメラを使ったデュアルカメラブレーキサポートに変更された。フロントガラスに設置したステレオカメラが前方のクルマや人を検知、夜間の歩行者も対応し、衝突回避をサポートする。これは大きな進化といっていいだろう。

 全方位モニター用カメラ搭載車にはクルマの前後左右に4つのカメラを設置。狭い道を5km/h以下の低速で走行中、ステレオカメラが対向車とのすれ違いを検知し、自動でモニターに「サイド(左側)+フロント映像」を表示し、狭い道でのすれ違いで死角を減らし、壁や対向車との接触防止をサポートする、すれ違い支援機能も搭載。

次ページは : ■スズキ国内初となる7インチディスプレイオーディオを設定!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ