名車オマージュに水冷スポスタ! 2022年のハーレーは伝統と革新の強化でセールス増を狙う

名車オマージュに水冷スポスタ! 2022年のハーレーは伝統と革新の強化でセールス増を狙う

 ハーレーダビッドソンの2022年ラインナップが明らかになった。カテゴリーの名称が一新されてキャラクターが明確になり、名車リスペクトの新作もデビュー。

 水冷スポーツスターや、アドベンチャーのパンアメリカら新機軸も好調で、2022年はセールスが上向きに転じそうだ。

文/沼尾宏明、写真/HARLEY-DAVIDSON

【画像ギャラリー】新しいファミリー構成となったハーレーのラインナップを一望!(15枚)画像ギャラリー

カスタムトレンドを投影した「ST」が台風の目

 1月26日にブランニューの8車種が発表され、ハーレー2022年モデルの全26車種が出揃った。

 まずトピックなのは、ファミリー構成が変更された点。従来、スポーツスターファミリーやソフテイルファミリーのようにエンジンごとの区分だったが、近頃はストリート、クルーザー、ツーリング、トライクとジャンル別の分類になっていた。

 それが2022年モデルからは次の5区分に変更。新たにスポーツスターが「スポーツ」、ソフテイルが「クルーザー」、ツーリングが「グランドアメリカンツーリング」と呼ばれることになった。

①スポーツ(スポーツスターS)
②アドベンチャーツーリング(パンアメリカ1250/S)
③クルーザー(従来のソフテイルファミリー)
④グランドアメリカンツーリング(従来のツーリングファミリー)
⑤トライク(3輪モデル)

 注目の新作は、クルーザーに投入された「ローライダーST」だ。本作は、1983~1992年型にラインナップされたFXRTスポーツグライドのカウルを再現しているのが最大の特徴。この“RTカウル”は近年のカスタムシーンで注目を集める「クラブスタイル」のマストアイテムとなっている。丸1眼+丸みを帯びたカウルがミソで、いかにもレトロクルーザーの雰囲気だ。

 これをメーカー自らオマージュしたローライダーSTは、ファクトリーカスタムとして高い人気を獲得しそうだ。

 ベース車となる従来型ローライダーSは、1868cc空冷Vツインのミルウォーキー114を搭載していたが、2022年型では同社最大となる1923ccの「ミルウォーキーエイト117」にパワーアップ。トルクは約5%増となる。

 これに、STではフレームマウントのカウルと着脱可能な大容量サドルバッグ(53.8L)を追加した。さらにロングタイプのリヤサスによりシート高は3/4インチ(19mm)増、リヤホイールトラベルは1インチ(25.4mm)増とし、乗り心地を向上。バンク角も1度以上増え、スポーツ性もアップしている。

バガースタイルに、FXRTをオマージュしたフレームマウントのカウルを導入したローライダーST。近年のカスタムトレンドを取り入れた意欲作だ。306万200円~
バガースタイルに、FXRTをオマージュしたフレームマウントのカウルを導入したローライダーST。近年のカスタムトレンドを取り入れた意欲作だ。306万200円~
元祖FXRTは、流線形のカウルが特徴。当時は不人気だったが、今や一大ブームに。写真はホットロッドカスタムショーの展示車両で、シートなどがノーマルとは異なる
元祖FXRTは、流線形のカウルが特徴。当時は不人気だったが、今や一大ブームに。写真はホットロッドカスタムショーの展示車両で、シートなどがノーマルとは異なる
ビキニカウルを備えたベース車のローライダーSもモデルチェンジ。従来のタンク上メーターは、ハンドルマウントに変更された。281万8200円~
ビキニカウルを備えたベース車のローライダーSもモデルチェンジ。従来のタンク上メーターは、ハンドルマウントに変更された。281万8200円~

次ページは : 大陸横断ツアラーにもワルっぽいSTが新登場

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ