ホンダグレイスの真価を見た!! 確かに地味!! でも旦那セダンに非ず!!

以前、ベストカーWebにて「なぜグレイスは地味なのか?」という記事を掲載した。地味だけどいいクルマです、という企画だった。

掲載後には「実は隠れた名車だ」など多くの読者からのコメントもあり、ホンダ広報部もその声を目にして編集部に連絡が来た。

すると「ぜひグレイスにジックリ乗ってみてください」と3週間も貸してくれることに。そこまで言うならば、と弊社が撮影を依頼する池之平カメラマンに試乗を依頼。

目的地はなんと甲子園!! 高校球児に負けない熱いレポートをどうぞ。

文&写真:池之平昌信


■地味~な、旦那クルマだと思っていたら……

「お盆休みに甲子園まで往復するなら、ホンダのグレイスどうですか? 池之平さんのクルマ(三菱・ランエボVI)より燃費もいいですし(笑)」と編集部に言われたのは旅に出る2日ほど前。

「グレイス!? ど、どんなんだっけ? あ~あれか、しぶいクルマだな。けどまあ、燃料代が浮くのは助かるな……」。最初はそんな印象だった。

対面して、乗り込み、走り出してみても、印象は変わらない。まあ可もなく不可もなくってところ。

8月12日、家族と荷物を満載し、ド早朝に都内を出発。閑静な住宅街でも「シューーー」と走り出すのでなんのストレスもない。

走り出して数分で子供たちの寝息が聞こえた。東名高速道路に入っても滑るように走り、静かで安定している。帰省渋滞時間帯を避けて正解。すんなりと御殿場に着いた。

富士スピードウェイで行われたFUJI-1GPというレースを夕方までがっつり撮影して、再出発したのは午後6時。

ルックスはたしかに麗しいわけでもない。しかし乗るといい、というのがこのグレイスのよさなのかも?

サービスエリアで夕食を済ませ大阪へ急ぐ。このクルマに慣れてきたこともあり、「ホンダセンシング」のACC(追従式クルーズコントロール)を試してみた。

サンデードライバーも多いお盆の時期は、特に急な割込みなどにも気をつけたい。だが、いざというときクルマが補助してくれると思うと安心感が断然違う。

そんな機能に感心していると後の子供が言った。「このクルマって静かだね」と。

うちの子は父親の仕事柄いろんなクルマの後席に乗る機会が多い。だから自家用車のランエボに比べて、ということではない。

たしかに高速道路だろうと一般道だろうと、車内でしゃべる声がよく聞き取れるな、と感じてはいた。

■セダンであることに必要性がある

タイヤノイズ、風切り音、エンジン音、どれをとっても低レベルだ。加えて足回りも固からず、柔らかすぎず、適度。路面のつなぎ目なども「トントン」と越えていくイメージだ。

ミニバンやハッチバックのクルマに比べて室内の空間、空気の量が少ないので、音が「こもらない」のか? ボディー剛性が高いから乗り心地もいいのか?

もしかしてこれが「セダン」の良さなのか?

じわじわとグレイスの魅力を感じながら、快適に長距離移動をこなすことができた。それでいて、コンパクトカーなので小回りも効いて、駐車も楽。

セダンであることで荷室と車室の隔たりがあり、静粛性なども大きくあがっている

狭い場所での乗り降りも楽。3ナンバー車だと切り返さねばならないような場面でも一発で駐車可能。「パパって運転上手だよね」とほめてもらえたのがうれしい!

大阪のホテルに入ったのは夜更けになってしまったが、子供(睡眠充分)もパパも疲れはててはいないレベルだ。

旅の目的は甲子園での高校野球観戦。クルマは駐車場にとめたまま、早起きして阪神電鉄で甲子園球場に向かい、当日券売り場に並ぶ。

予想以上の混雑。約4時間並び続け、ようやくアルプススタンドの入場券を買うことができた。猛暑の中の観戦だが初甲子園に感無量。泣きそうになった。

■子どもは正直!! 後部座席の評判も上々だ

1試合をたっぷり観戦し、夕方の飛行機で大阪から故郷・鹿児島へ向かう。鹿児島空港で待っていたのは7人乗りのレンタカー。

数十メートル走っただけで、グレイスとの違いに気づく。運転者(自分)だけでなく後部座席の子供たちもすぐにわかったようだ。

「このクルマちょっと広いけど、ガタガタしてるよ」とわが子がいう。

たしかに、「まるでタイヤの空気圧が高すぎるのでは?」と疑うほど、乗り心地やゴトゴト音が気になる。

ちなみにガソリンスタンドで空気圧を測ってみたが、きっちり規定値どうりだった。

丸2日間で鹿児島県内を250kmほど走って、温泉地や桜島を観光。一般道が中心だったが燃費は12km/Lほど。ハイブリッド車でもないし、こんなもんだろうか?

飛行機で再び大阪にもどり、21時ごろ、ガソリンを満タンにし、グレイスで東京への夜間移動開始。

高速道路で朝焼けを見る。グレイスの乗り心地、静粛性など基本性能が高いクルマという印象だ

途中、甲賀土山―鈴鹿の渋滞があったようだが、「ホンダ・インターナビ」はそこを回避した。新東名も一部混んでいたようで、東名を爆走。

新東名に比べ、路面舗装状況はよくないのだが、グレイスならさほど気にならなかった。もちろん子供たちは爆睡のままだ。

ほどよいペースで走ってくれる夜行バスにACCで「追尾」して楽して安定走行。夜が明けたころ無事に帰宅することができた。

大阪―東京都内まで、511km走行の燃費は25.8km/Lを記録。燃料計のちょうど半分を消費だ。

燃費は25.7km/Lを記録。燃費がすべてではないがハイブリッドらしい結果となった

熱帯夜だったので当然エアコンは入れたまま、エコモードではなくノーマルモードでだ! 満タン(40L)だと1000km走れそう!?

これはかなりの低燃費。燃料代がハイオクガス指定の愛車ランエVIの半分になる、と思って走ったのだがそれ以上の結果。ヘタしたら1/3。愕然の結果である。

■まるでジキルとハイド やる気満々ホンダのSモード!!

トータル3日間ほど、たっぷり乗ったグレイスを編集部に返す日が来た。名残惜しかったので、編集部を中心にグルっと回る「音羽ニュル」を走ってみた。

「そういやこの”S”モード試してなかったな。ポチ」。

すると、燃費やエネルギーモニターを表示する画面がタコメーターに自動切り替わった。

スロットルをちょっと踏み込むと、ビンビンに反応し、まさかの高回転キープ! 当然エンジン音もたくましく、市街地なのに猛然とダッシュを始めるではないか。

あまりの変貌ぶりに驚愕。歩道を歩く人の視線が気になったほどだ。「あのセダンのおじさんはペダルの踏み間違いをしてんじゃないの?」と思われていないか、心配になるほど!

タコメーターが突如として現れる「Sモード」。ハイブリッドなのに大丈夫か? と思うくらいに威勢がいい

「この加速フィールは……。あ、NSXだっ!」とマジで思った。エコカーにやりすぎ?なほどの二面性。さすがHONDAだぜ、と妙に納得はしたが(苦笑)。

(編集部注/この部分、原稿を受け取った直後に「池之平さん、本当の本当にNSXだと思ったんですか? ホンダから何か貰ってませんか??」と聞いてみたところ、「いや本当にそう思ったんです。あくまで加速フィールは、ですよ。フィーリングの話ね」とのことだったので、原稿ママでいきます!)

ちなみに市街地ではこの“S”モードにすると燃費が半分ほどに悪化しました!

「美人は3日で飽きる、〇〇は三日で慣れる」という名言(!?)がある。

グレイスが決して〇〇だと、言っているわけではないが、見た目は地味な優等生的存在といえるだろう。

個人的には顔つきやボディーラインも悪くないと思う。ただタイヤの大きさだけでずいぶん損しているのでは? と思うのだ。

そうできない理由はいろいろあるだろうが、1サイズ、いや2サイズ大径のタイヤを履くだけで、セダンとしての見ための踏ん張り感、安定感が増し、スポーティセダンの仲間入りができるのでは?

勝手にそんな妄想をしてしまう、白髪がだいぶ増えてきたおじさんなのでした。

■【編集部まとめ】地味だけどいいやつって必ずいるじゃん!?

企画担当の編集者もこうなると乗らないわけにはいかないので、数日間熱心にグレイスに乗ってみた。

担当は190cm近い身長だが、後部座席も普通に座れるし、なにより運転してい「気になるなぁ」という部分が少ない。

仕事がらいろいろなクルマに乗るものの、あれこれ気にする部分は多い。見切りが悪い、ダッシュパネルが軋む、ダンパーが突っ張る、エアコンがわかりにくいなど。

だけどグレイスにはそれがない。ずば抜けた特長もないかもしれない。けどそれがいいこともある。

189cmの担当がポジションをとっても成人男性が後部座席に乗っても窮屈ではない

勉強もそこそこ、体育もそこそこ、ルックスもそこそこ。でもなんか居心地がいいという学生時代の友人はいなかっただろうか?

グレイスはまさにそれ。表だってアピールはしないけれど足回りのシッカリ感はホンダならではだし、どこか隠し切れない「能ある鷹」感。

セダン受難の時代だから、目立たないのは仕方ないのかもしれない。でもたまには思い出してあげて、グレイスのこと!!(文:ベストカーWeb編集部)

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】トヨタ直6モデル増殖計画|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! ついに公式発表されたマツダの直列6気筒エンジンが、トヨタ車にも搭載されるとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、2019年5月にデビューしたスープラ&マツダ3のデザイン…

カタログ