安かろう悪かろうでは困る!! もはや常識 軽の衝突軽減ブレーキ安心度ベスト3!!


■日産&三菱はホンダと同等の優秀さ

e-Assist/三菱、日産/インテリジェント エマージェンシーブレーキ(機能は同じ。周囲の情報収集のためのハードウェアは単眼カメラ)

【搭載車種】
eKワゴン、eKスペース、デイズ、デイズルークス

三菱&日産の軽自動車の自動ブレーキはホンダのシティーブレーキアクティブシステムなどと同様のレーザーセンサータイプだったが、2018年5月の一部改良で日産車の自動ブレーキが使っている単眼カメラタイプに変更。

劇的どころではない性能向上に加え、アライアンスによる「高性能なものを大量生産により安価に提供する」という大きな目的が達成されていることはとても高く評価できる。

【備わる機能】
車両、歩行者に対する衝突回避(対車両/約10km/hから80km/h、対歩行者/約10km/hから60km/hで作動)&被害軽減、前後の誤発進抑制機能。

日産&三菱は従来のレーザーからカメラに変更。10~60km/hの範囲で歩行者検知も可能。市街地での対人安全性がグンと高まった

上級グレードには車線逸脱警報システム、「ハイビームの積極的な使用を自動で行う」オートマチックハイビームも装備される。

【性能】
三菱&日産の軽自動車に付くようになったまだ新しい自動ブレーキはJNCAPの試験を受けておらず、同じシステムを使うノートの最新モデルのJNCAPの試験結果を引用する

・停止車両への追突防止:50km/hで停止
・大人の歩行者の単純な飛び出し:60km/hで停止
・子供の単純な飛び出し:40km/hで停止
・大人の陰からの飛び出し:45km/hで停止
・子供の陰からの飛び出し:40km/hで停止

■スズキは搭載車種は限られるが新システムは優秀だ

1.レーダーブレーキサポート(周囲の情報収集のためのハードウェアはレーザーセンサー)

【搭載車】
アルト全般、ラパン、ハスラーのGグレードの2ペダル車、エブリイワゴン&バン

【備わる機能】
・30km/h以下での車両に対する衝突回避&被害軽減
・2ペダル車の誤発進抑制機能

【性能】
(以下、ラパンのJNCAPの予防安全アセスメントの結果より)
停止車両への追突防止:20km/hで停止。

2.デュアルカメラブレーキサポート(周囲の情報収集のためのハードウェアはステレオカメラ)

【搭載車】
ハスラーのXグレード

【備わる機能】
・車両、歩行者に対する衝突回避
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能

スズキのなかではもっともすぐれた自動ブレーキを持つハスラー。安全性も高い

【性能】
(以下、ハスラーのXグレードのJNCAPの予防安全アセスメントの結果より)

・停止車両への追突防止:50km/hで停止
・大人の単純な飛び出し:55km/hで停止
・子供の単純な飛び出し:40km/hで停止
・大人の陰からの飛び出し:45km/hで停止
・子供の陰からの飛び出し:25km/hで停止

3. デュアルセンサーブレーキサポート(周囲の情報収集のためのハードウェアは単眼カメラ+レーザーセンサー)

【搭載車】
ジムニー、スペーシア、ワゴンR

【備わる機能】
・車両、歩行者に対する衝突回避(対車両/約10km/hから100km/h、対歩行者/約5km/hから60km/hで作動)&被害軽減
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト

【性能】
(以下、ワゴンRのJNCAPの予防安全アセスメントの結果より)

停止車両への追突防止:50km/hで停止
大人の歩行者の単純な飛び出し:15km/hで停止
大人の陰からの飛び出し:30km/hで停止

※ジムニーはまだJNCAPの試験を受けておらず、同じシステムを使うワゴンRとスペーシアでも若干性能差はある

次ページは : ■ダイハツは少し遅れ気味だが軽トラックに設定の積極性は◎

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ